スポンサーリンク

5時に夢中!大川貴史Pが語る プロレスから学んだこと

5時に夢中!大川貴史P MXテレビらしさを語る たまむすび
スポンサーリンク
スポンサーリンク

MXテレビのプロデューサー大川貴史さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。大好きなプロレスから学んだこと、番組作りに活かしていることなどを語っていました。

(玉袋筋太郎)いや、でも大川さんがプロレス、好きなのよ。

(大川貴史)そう。大好き。本当、大好きです。いや、僕だから玉さん、本当憧れの人で。それこそ玉さんとかの『男の星座』とか。

(玉袋筋太郎)博士も言って。名前も。うん。

(大川貴史)博士さんも。浅草キッドさん。だから本当に、キッドさんの本とかを読んで。あと、『紙のプロレス』ですよね。

(玉袋筋太郎)紙のプロレス。紙プロだよね。良かったね、あの頃は。

スポンサーリンク

5時に夢中!でやっているのは紙のプロレス

(大川貴史)要するに、人に対するっていうか、物事の見方っていうか。やっぱりこういうアプローチの仕方もあるんだな、みたいな。僕、だって本当に『5時に夢中!』とかって、やっているの全部紙プロですよ。

(玉袋筋太郎)世の中とプロレスするんだっていう。

(大川貴史)だから同じ物事でも、こっちの角度から見えたら、こういう風な解釈もあるかなとか。まあ、そういうようなことって僕、本当に紙プロだけは唯一・・・まあいま、KAMINOGE。

(玉袋筋太郎)KAMINOGEとか、あるけど。プロレス雑誌。

(大川貴史)玉さんのインタビューとか。だからそうすると、ああ、こういう側面があるのかな?とか。ああいうのが、いちばん参考になって。まあ、いちばん参考にさせてもらったやつです。

(玉袋筋太郎)大川さんね、いまこの新日本プロレス、『Number』が表紙になっているんですけど。まあ、我々昭和プロレス者としては、やっぱこれは嬉しいですよね。

(大川貴史)まあ、うれしいですけどね。昨日、でも僕これ、熟読しました。

(玉袋筋太郎)ちゃんと買ってる。熟読してる。

(小林悠)おおー、やっぱり隅から隅まで。

(大川貴史)(笑)

(玉袋筋太郎)もうね、俺しか読んでねえだろう?っていう本をね、大川さん、読んでるから。

(大川貴史)(笑)

(小林悠)すごいらしいですね。読書のジャンルが。

(玉袋筋太郎)なんで新極真空手のスキャンダルの本、読んでるんだろう?とか。

(大川貴史)(笑)。マイク・タイソンとか。

(玉袋筋太郎)そう。マイク・タイソン(笑)。やっぱり世の中はプロレス的に見るっていうところが。でも、そん中でガチもあるし、フェイクもあるしっていうところ。どっちなんだ!?っていうところに見せるっていうのが、芸だよね。

(小林悠)そうですね。コメンテーターの方も、『行間を読んでね』っていう感じでコメントしてくださる。あの感じとかも、一筋縄では行かないこの感じがたまらなく。

(玉袋筋太郎)中には、このマッチメイカーを困らすね、出演者も。

(大川貴史)(笑)

(玉袋筋太郎)ピョンピョン跳ねていた人とかいるけど。

(大川貴史)(笑)

(玉袋筋太郎)それはやめておきましょう。武士の情けですから。そうですよ。じゃあ、今後の夢ですね。どうしましょう?

(大川貴史)夢?

(玉袋筋太郎)社長!

(大川貴史)社長っていうか、スタジオをもう1個、作ってほしいですよね。

(玉袋筋太郎)スタジオね。1個しかない。

スポンサーリンク

スタジオアルタでやっていきたい

(大川貴史)1個しかなくて。要するに、もっと番組はやりたいんですけど。基本的に。やっぱりいろんな人たちに出会えるのって楽しいじゃないですか。この仕事って。で、いろんな、その・・・なるほどね。アルタでね、やっていきたいですよね。

(玉袋筋太郎)それだよ!

(小林悠)特番の時、やりませんでしたか?

(大川貴史)特番の時、やったんですけど。それをね、レギュラーでやりたいですよね。

(小林悠)岡本夏生さんがタモリさんのコスプレして。

(玉袋筋太郎)そうなんだよ!その、目のつけどころですよ!アルタなんだ!っていう。

(大川貴史)アルタが空いたし。で、うち、ちょうどいいサイズ感ですよね。場所的にも。

(玉袋筋太郎)それで結構根回ししたんだけど、いろいろな問題があったみたいで(笑)。

(大川貴史)(笑)。そうなんですよ。何とか・・・

(小林悠)真顔で、そんな(笑)。

(玉袋筋太郎)否定しない(笑)。

(大川貴史)まあ、でもちょっと諦めてないんで。

(玉袋筋太郎)そうですよね。これ、やっぱ、アルタでやるっていいですよ。番組。

(小林悠)言わば原点ですよね。テレビの。

(大川貴史)そうなんですよ。

(玉袋筋太郎)その、なんて言うんだろうな?フジテレビの『笑っていいとも!』でやっていたあのアルタに、パ・リーグのMXが・・・

(小林悠)パ・リーグ(笑)。

(玉袋筋太郎)パ・リーグっちゅーか、野武士集団が来る!っていうのに、ファンたちは感じるわけだよね。

(大川貴史)そうなんですよ。僕、だって僕とか本当にキー局のスタジオとか知らないんで。アルタとか。で、うちの番組って、アルタの照明の半分の明るさでやってますからね(笑)。だからどうしても暗く見えちゃうっていう(笑)。

(玉袋筋太郎)そう。アルタさんにはスタジオの技術者がしっかりしてますから。いい照明で。薄暗い中で・・・

(大川貴史)普通に喫茶室だったんですよ。あのスタジオって。照明が吊るせないんですよね。

(玉袋筋太郎)そうなんだよ。

(大川貴史)天井が落ちちゃうらしいんですよ。照明を吊るすと。

(小林悠)そうなんですか?

(大川貴史)そうなんですよ。

(玉袋筋太郎)だから、ガス灯時代の感じですよ。

(大川貴史)(笑)。本当にそうですよ。

(玉袋筋太郎)ガス灯時代のテレビなんだよね。これですよ!最高、最高!

(大川貴史)本当、そうなんですよ。

(玉袋筋太郎)これからもよろしくお願いしますよ。

(小林悠)本当ですね。

(玉袋筋太郎)小林悠ももしね・・・

(大川貴史)あ、ぜひ。道に迷ったら、ぜひ(笑)。

(小林悠)(笑)

(玉袋筋太郎)みんな迷った人が集まってるんだから。

(小林悠)本当ですか!?次の道を模索したくなったら、ちょっとご相談させていただくかもしれません(笑)。

(大川貴史)いつでも、はい。

(小林悠)あの、TBSの人間ですが、楽しく拝見しております。ありがとうございました。東京MXのプロデューサー、大川貴史さんでした。

(玉袋筋太郎)どうも!

(大川貴史)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>


5時に夢中!大川貴史P MXテレビらしさを語る
MXテレビのプロデューサー大川貴史さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。MXテレビへの入社のきっかけや、MXテレビの社風について語っていました。

5時に夢中!大川貴史P 番組誕生秘話とマツコ・デラックス発掘を語る
MXテレビのプロデューサー大川貴史さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。『5時に夢中!』の立ち上げのきっかけや、マツコ・デラックスさんを発掘した経緯などについて話していました。

5時に夢中!大川貴史P 玉袋筋太郎・宇多丸コンビ結成を語る
MXテレビのプロデューサー大川貴史さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。『5時に夢中!サタデー』で玉袋筋太郎さんと宇多丸さんコンビをキャスティングした理由について話していました。

https://miyearnzzlabo.com/archives/28407

タイトルとURLをコピーしました