吉田豪 ラストアイドル炎上騒動を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがTBSラジオ『たまむすび』に出演。玉袋筋太郎さん、安東弘樹さんとアイドルオーディション番組『ラストアイドル』で炎上した際の話をしていました。


(玉袋筋太郎)豪ちゃん、どうですか? 最近、なにか。

(吉田豪)いろんなことが起きてますよ。

(玉袋筋太郎)ああ、本当? いま?

(吉田豪)いま。ちょっと前に炎上騒動とかもね。

(安東弘樹)ちょっと前に。

(吉田豪)いつもは燃やしてるんですけど、僕が今回普通に燃えたんですよ。

(安東弘樹)ああ、自ら燃えた。

(玉袋筋太郎)なにがあったの?

(吉田豪)秋元康さんがやっているアイドルオーディション番組で『ラストアイドル』っていうのがあるんですけど。それがそのアイドルのバトルを審査員が審査する時に、秋元さんの考えなんですけど。「合議制(多数決)だと指原莉乃みたいなのは見つけられない」っていうことで、審査員が1人、突然指名されて選ぶんですよ。で、僕が突然指名された時に視聴者の方々プラス他の審査員と真逆のジャッジを下した結果、「あいつは見る目がない」とか「あいつはアイドルを何もわかっていない」とか「アイドルを知らないだろ!」とか。すごいことになって。

(安東弘樹)正直僕もあの番組、見ています。相当シビアですね。だけど、それが楽しみなんですよ。「この人はどっちを選ぶのか?」っていう。

審査員がいちばんリスキーな番組

(吉田豪)そうなんですよ。通常、だって審査員ってリスクを背負わないじゃないですか。多数決とかで。あれは審査員がいちばんリスキーなんですよ。本当に。

(安東弘樹)「あ、ああ……俺か……」って。

(吉田豪)だって、指名されなかったら一切発言を使われないんですよ。

(玉袋筋太郎)ああ、そうなの?

(吉田豪)僕、前に出た時、それですよ。僕、一言もしゃべっていない(笑)。

(玉袋筋太郎)壁の花。

(吉田豪)そう。それも残酷だし。しゃべったらしゃべったで残酷な目にあうし。

(玉袋筋太郎)厳しい番組だよ!

(吉田豪)ガチンコなんですよ。

(安東弘樹)選ばれなかった子がまた、ね。もうかわいそうなんですよ。それがまた。

(吉田豪)でも、その子が結果的にそれで知名度が上がって。番組も得をして、その子も得をして。僕だけ損してるんですよ。

(玉袋・安東)フハハハッ!

(吉田豪)本当に……大変な目にあいましたよ(笑)。

(安東弘樹)なるほどね。まあ、それでもあっての豪さんですからね。

(吉田豪)でもあの番組、何がすごいって、土曜日の深夜に炎上したんですよ。……日曜日の朝、早朝。8時とか9時に番組から電話がかかってきて。「次回もお願いします」っていう(笑)。

(安東弘樹)得してるじゃないですか!

(玉袋筋太郎)本当に。豪ちゃんがいちばん損してるよ、これ!

(吉田豪)「いい弾除けが来た」ぐらいな感じで(笑)。

(安東弘樹)さあ、ということでね、今週は八代亜紀さん。

(吉田豪)あ、もう行っちゃいますか?

(玉袋筋太郎)ASKAさんにインタビュー?

(吉田豪)インタビューっていうか僕、指名されづいていて。逆指名インタビューっていう番組がAbema TVで始まって。渦中の人がインタビュアーを逆指名するっていうので、僕が指名されたんですけど。それもすごいんですけど、ASKAさんが指名した人が、亀田興毅さんと僕の2人がインタビューをやるという企画で。「亀田興毅って、何?」って思ったら、当初の予定ではあとオファーしたのが魔娑斗さんだったっていう。で、魔娑斗さんは「僕には荷が重い」って断ったという。

(玉袋筋太郎)フハハハッ! 矢沢心が来ればよかったんだよ、矢沢心が。

(安東弘樹)奥さんがね。

(吉田豪)いろんなことがありました。

(玉袋筋太郎)あるんだよ。72時間テレビもやっているけど。

(安東弘樹)そうです。いまやっていますよ。

(玉袋筋太郎)楽しくやってくれ。どうぞどうぞ。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事