スポンサーリンク
スポンサーリンク

能町みね子 2015年Twitterガチ嘘エイプリルフールを振り返る

能町みね子 2015年Twitterガチ嘘エイプリルフールを振り返る 久保・能町のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

能町みね子さんがニッポン放送『久保ミツロウ・能町みね子のオールナイトニッポンGOLD』で、2015年のエイプリルフールにTwitterで展開した嘘、能町みね子事務所(公式)を振り返っていました。

(能町みね子)はい。私の話?あの、私、昨日、Twitterを見てる人はわかると思うんですけど。私、エイプリルフールをガチでやる人なんですよ。

(久保ミツロウ)やってた。

(能町みね子)あの、普通に会った人に嘘とか、ぜんぜん言わないの。昨日、ひとつも口頭では嘘をついてないんですよ。そういうの、なんか今更恥ずかしいじゃん。口頭で嘘をつくの、恥ずかしいじゃん。そのエネルギーを全部Twitterにいま、ぶつけていて。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)で、Twitterで嘘をつくっていうか、もう違うキャラになりすますのを、一昨年思いつきでやったんですよ。一昨年、私、主婦になりきったんですよ。

(久保ミツロウ)やってた。

(能町みね子)旦那と子どもがいる主婦で。美容ライターをやっている、犬を飼っている40ぐらいの主婦をやりきったんですけど。で、去年は美大生をやったんですよ。で、そん時にTwitterのアイコンも全部変えて。名前は『能町みね子』っていうのを変えないんだけど、なんかこう、表示の仕方を変えたりとか。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)すごい凝るんですよ。

(久保ミツロウ)あれ、好きだったんだよねー。

(能町みね子)あれね、私もやり始めたら止まんなくなっちゃって。やっぱりなりすまし芸が好きなんですよね。

(久保ミツロウ)まあタモさんのメソッドだね(笑)。

(能町みね子)そう。ちょっとタモさん的なものが、おそらくあるんでしょうね。で、今年、なにをしようかな?って思った時に、公式アカウントみたいなものをやってみたいと思ったの。なんかいろんな公式アカウントって、あるじゃないですか。

(久保ミツロウ)他の有名人の方はね、公式アカウントで。たまに、その芸能人本人がつぶやくけど、スタッフの方が基本的につぶやいているみたいな。

(能町みね子)そうそう。主に告知みたいなね。それをやろうと思って。私、事務所なんかないのに、『能町みね子事務所(公式)』って変えたんですよ。名前を。で、アイコンも普段はけのびちゃんっていう、学生の時に作ったわけのわかんないキャラクターにしてるんですけど。あえて自分の似顔絵を使って。私、普段そんなことやんないんですけど。それをアイコンにして、『能町事務所(公式)』って書いて。で、すっごいテンション高くてウザいマネージャーにしたんですよ。キャラクターを。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)スタッフCとマネージャーOっていうのを作って。スタッフCとマネージャーOが絵文字バリバリでつぶやくのをやっていたんですよ。しかも、自分のところの先生を『能町センセ』って呼ぶんです。センセってカタカナね。

能町みね子 2015年Twitterガチ嘘エイプリルフールを振り返る

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)『能町センセがどうのこうの、今度、ここに出ますんでよろしくお願いします!(絵文字)』みたいなのをめっちゃ書いていて。で、まあみんな知ってるんで、これを、このノリを楽しんでくれるだろうと私は思っていたの。

(久保ミツロウ)まあ、マネージャーもいないし、事務所にも入ってないってずっと言ってますからね。

(能町みね子)うん。いないから。本当、全部一人でやっているから。で、もちろん楽しんでくれた人はいたし、久保さんも乗って、リプライとかくれたんですけど。で、私ね、本当ふざけたことを書いてるんですよ。たとえば、『そろそろセンセの愛車、真っ赤なビートルでCXにお送りせねば。なので、運転中のツイートは控えます(絵文字)』とか書いてるんですよ。

能町みね子事務所 真っ赤なビートル

(久保ミツロウ)(笑)。私ね、そしてそのマネージャーキャラ、嫌いじゃないし。能町さんの身近にそういうマネージャーさんがいたら、新しい視点で能町さんが知れていいなって思ったよ。

(能町みね子)そうなんだよ。私も書いていて、この子、好きになってきたんだよ。だんだん。で、途中でね、ヒントとしてね、マジで、いわゆるマジレスをする人もいるわけですよ。『能町さんのTwitterがこう変わってしまったんですか?相撲のツイートも、もう見れないんですか?』とか言われたんで、『そうなんです(絵文字)。でも、キチンと告知などがんばっていきたいと思います。私は相撲は白鳳くらいしか知りませんが(絵文字)』ってやって。白鵬の字をあえて間違うっていう小技を使ってね。

能町みね子事務所 白鳳

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)こういうことをやって遊んでいたんですけど。だんだん、『遊んでいて面白いな』って言ってくれる人と、『マジかよ、変わっちゃったのかよ』って言う人が拮抗してきて。だんだん、マジかよの人たちが本気になってきて。『マネージャーとして、どうかと思います』とか言われて。

(久保ミツロウ)(爆笑)。あれな!

(能町みね子)『自分のところの人を「センセ」と呼ぶのもどうかと思うし、マネージャーとして能町さんのノリもわかっていないし、失格ですね』みたいなことを書かれたりして。もう私、悲しくなってきたの。なんか、マネージャーとして。

(久保ミツロウ)(笑)

(能町みね子)能町センセのことをこんなに尊敬してるのに。必死で告知してきたのに。で、悲しい!と思って、ちょっと大桃美代子さんの昔のツイートをパクりながら、『悲しい』とか書いたりしてたんですけど。

能町みね子事務所 大桃美代子オマージュ
能町みね子事務所 大桃美代子オマージュ

(久保ミツロウ)参考にするの、そこ?(笑)。

(能町みね子)参考したのね。あの、麻木久仁子さんとの浮気がバレた時の大桃美代子さんのツイートをパクったりして書いたりしてたんですけど。それ、誰もわかってくれなかったんですけど。まあ、そんなことをやって、遊んでいたんですけど。まあ、最終的にあの、ネタばらしをしてね。そうやって批判してきた人も、割とネタばらししたら、まあわかってくれたというか。騙された!みたいな感じで言ってくれた人もいて。んで、まあ最終的にTwitterのフォロワーが800人減ったと。

(久保ミツロウ)(爆笑)。いや、私それでさ、ちょっとビビッたのが、たとえ能町さんがマネージャーがツイートしてたとしても、嘘をまあ、ちょっと嘘は言っているけども。ビートルに乗っているとか。内容的には、普段の能町さんが違う視点で見れるし、能町さんの情報発信ってTwitterだけだから。別にそれは、わざわざフォローを外すほどでもないけれども、能町さん自身のつぶやきは好きだけれども、情報には興味が無いっていう人が800人もいたのか!っていうので。

(能町みね子)そうだよね。ちょっと悲しいよね。

(久保ミツロウ)ちょっと私、ごめん。他人ごとながら、うわっ、怖い!って思って。

(能町みね子)100人に1人は外したんだよ。私、8万人弱いるから。100人に1人は、私の情報にはさほど興味がないと。

(久保ミツロウ)どの番組に出ようが、知らなくていいっていう。

(能町みね子)そして、テンションの高い奴が嫌いだと。

(久保ミツロウ)で、みんな、あと800人がマネージャーの態度というものに対して厳しいっていう。

(能町みね子)そうですね。もしかしたら、ああいうマネージャー、いるかもしれないよ。本当。でもまあ、楽しかったんで。余裕があったら、来年もなんか考えます。なにかになりきるよ。また。

(久保ミツロウ)そう。これは騙された人が悪いとか、そういうのではないのですよ。

(能町みね子)特に、どこにも害が出ないようなことをやっているつもりなんですけどね。

(久保ミツロウ)そう。いいんです。そこで、騙された方がたぶん気持ちよかったはず。

(能町みね子)だと思ってほしい。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
久保・能町のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする
スポンサーリンク



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました