スポンサーリンク

吉田豪 アントニオ猪木の素顔 人間・猪木寛至を語る

吉田豪 アントニオ猪木の素顔 人間・猪木寛至を語る 上柳昌彦・松本秀夫 今夜もオトパラ!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田豪さんがニッポン放送『上柳昌彦・松本秀夫 今夜もオトパラ!』の中でアントニオ猪木さんを紹介していました。アントニオ猪木さんの素顔、人間・猪木寛至について話をしています。

(上柳昌彦)で、今日はですね、あの方ですよね。スポットを当てていただくのが。

(吉田豪)そうです。あの方です。

(上柳昌彦)アントニオ猪木さん。メールもいただいてるんですけども。(メールを読む)『昔、有名人ご夫妻が悩みを打ち明けるというテレビ番組に猪木さんご夫妻が出ていらっしゃって。当時の奥様の倍賞美津子さんが「どんなことで困ってらっしゃるんですか?」「最近、家の中で飼っている虎の子どもが大きくなって怖いんです」という風に話すと、猪木さんが「虎の子どもが言うことを聞かないと、拳で殴る」と言ってました。これ、いまだに信じられないんですよね』って書いてありますね。。

(吉田豪)他にも当時、倍賞美津子さんが悩みで言っていたのが、『私がトイレに入っているとアントンも入ってきて、一緒に便器に座って困る』って(笑)。

(上柳・松本)(笑)

(上柳昌彦)困りますよね。

(吉田豪)便器、壊したりしてるらしいんですよ(笑)。

(上柳昌彦)困りますよね。

(松本秀夫)それは、やっぱりラブラブっていうことで?

(吉田豪)ラブラブだったんですよ。アントン・ミッコ時代ね。理想の夫婦でしたですね。

(上柳昌彦)2人で写真集っていうか、なんかね、出してましたよね。

(吉田豪)そうなんですよ。しかも、ヌードになって。

(上柳昌彦)ヌードだったですよね。お二人でね。

(吉田豪)倍賞美津子は脱いでいるし、猪木さんはフンドシだし。どうかした夫婦でしたよ。

(上柳昌彦)どうすればいいんだろう?これを見て・・・っていう、すんげえ、まあ迫力だけはある・・・

(吉田豪)最高ですよ。僕、持ってますよ。しかも、サイン本ですよ。しかも、糸井重里さん宛のサイン本(笑)。

(上柳・松本)(爆笑)

(吉田豪)売っちゃダメですよ、糸井さん!っていう(笑)。

(上柳昌彦)糸井さん、売った(笑)。

(吉田豪)売ってましたね。

(上柳昌彦)サイン入っていて、わかっていても(笑)。

(松本秀夫)『糸井さんへ』。それは、ビンタじゃ済まないんじゃないですかね(笑)。

(上柳昌彦)あれはすごい。衝撃的ですね。いろんな意味でね。はい。番組を聞きながら、メッセージ、そして感想。吉田豪さんへのご質問もお待ちしています。こちらへどうぞ。ではこの後、71才にしてまだまだ意気軒昂。現役の参議院議員でらっしゃいますね。無所属になりました。燃える闘魂アントニオ猪木さんについて吉田豪さんにたっぷりとお話をうかがいます。

(CM明け)

(松本秀夫)今日は元プロレスラーで参議院議員。ご存知、アントニオ猪木さんの素顔をうかがいます。素顔って、聞く前からドキドキするんですけど。

(上柳昌彦)猪木さんに関して、スタッフが入れてくれたのが・・・

(吉田豪)今日、ニュースがありましたね。

(上柳昌彦)ねえ。フジテレビ系のニュースで流れていたんですが。アントニオ猪木さんがみんなの党の元所属議員、松田公太参議院議員らと4人でですね、新党を結成するということで、明日、東京都選挙管理委員会に新党結成の届けを出す予定だということですね。

(吉田豪)代表がその松田さんがっていう。これから感じるのが、僕、まあ詳細はまったくわかんないですけど、猪木さん、やっぱり知名度があるからね、上手いこと使えるんじゃないかっていろんな人が引きこもうとするんですけど。毎回、『あれ?猪木さん、まったく人の言うこと聞かない』っていうことを(笑)。崩壊していくっていうパターンを何度も見てきたんですけど。スタート前からハラハラしますね。

(上柳昌彦)松田公太さんはそのへんの事情をよくご存知でありながらも・・・

(吉田豪)絶対コントロールできないですよ(笑)。大変ですよ。

(上柳昌彦)やっぱりそういうコントロール・・・アンコントロールな方ですか?

(吉田豪)そこが魅力であり、そして近くにいる人たちがみんなウンザリするところでもあり(笑)。

(上柳昌彦)さあさあ、どんなお話になりますでしょうか?

(吉田豪)はいはい。まあ、でも接点も何度かあるんですけど。最初の接点は実はあれなんですよ。僕が『紙のプロレス』っていう雑誌に入ってすぐに、猪木さんが選挙に出て。まあ落ちた時ですね。都知事選・・・じゃない時ですね。スポーツ平和党の時です。出て落ちたんですけど。スキャンダル後の時に、人が足りないと。人が必要だから、渋谷の駅前で演説をやる時に、お客さんとして来てほしいみたいな。ちょっと仕込みで呼ばれて。

(上柳昌彦)はあはあ。

(吉田豪)仕込みで行ったんですよ。それ、どういうことか?っていうと、猪木さんが演説終わった後に、『出てこーい!』って言って、選挙の運動員とかがビンタされた後に、運動員が叫ぶんですよ。『お前らも、行かないかー!?』みたいなことを言って、客がわらわらと出て行きやすいきっかけを作る役として・・・

(松本秀夫)最初に・・・

(吉田豪)お客さんとして、『僕もです!』って感じで行くっていう。

(上柳昌彦)『ビンタしてください!』っていうきっかけ作り。

(吉田豪)そうですね。その仕込みで、社員が3人ぐらい呼ばれたんですよ。で、まあシャレになんないなっていうか。ビンタ、本当に痛いんですよ。

(上柳昌彦)痛い。僕も1回やられましたけども。

(松本秀夫)やられました?

(吉田豪)あれ、掌底に近いんですよね。手のひらっていうか、このへんで、バコンと来る感じ。

(松本秀夫)かなり手首に近い方。

(上柳昌彦)重いです。グラグラしましたから。しばらくの間。

(吉田豪)で、実は僕、その僕がビンタされる映像がビデオに入ってるんですよ。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)『闘魂ロード』っていう猪木さんの選挙に落ちるノンフィクションのドキュメントとかが入っているのが1本あって。僕がビンタされて、あからさまに不機嫌そうな顔して。『ったく、なんだよ、これ!?』みたいな顔をしてるのが(笑)。

(上柳昌彦)話が違うんだよ!呼ばれて、来いっていうから来たのに、なんでこんなことになるんだよ!?みたいな。

(吉田豪)そうそう(笑)。すごい嫌な顔をしてるっていうのがありますよ。闘魂ロード完全版で見れますね。

(松本秀夫)ああ、そうですか。

(吉田豪)で、その頃に取材もしていて。それが僕の初取材ですね。SPA!っていう雑誌で、いまのやってるんですけどいろんな人に今年のベスト10ニュースみたいなことを、私的なベスト10のニュースを聞くみたいな企画があって。それで猪木さんがスキャンダルがあったから、それきっかけで聞いてくれ、みたいな感じで行ったんですけど。まあ猪木さん、本当に人の言うことを聞かない人なんで。私的なニュースのベスト10だって言ってるのに、ずーっと『ソマリアの飢饉が・・・』とか、世界的な規模の話しかしてくれなくて。

(上柳昌彦)あー・・・

(吉田豪)なんとか話を変えようと思って、いろいろ言うわけですよ。『たとえばどうですか?ご家族のこととかでは?』『家族ねえ。じゃあ、ウチの女房のお袋の奇跡』とか(笑)。歩けなかったお袋を無理やり連れ歩いたら歩けるようになった、みたいな。要は、世界的な話とそういうのが同時に並ぶ。『スキャンダルはどうですか?』『じゃあ、それもいちばん最後の方に入れていいよ』って言って。『俺の事件』とか(笑)。

(上柳昌彦)(笑)

(吉田豪)あの、いろんなものが並列に並ぶ不思議なベスト10になりまして。で、その話を聞いているうちに、ずーっとインタビュー中になんか金属音がするんですよ。

(上柳昌彦)金属音?

(吉田豪)ジャーッ!ジャーッ!みたいな。なんだ、これ?と思って。でも、取材中ってやっぱり相手の目を話しちゃいけないから。気になりながらもずっと目を見て話していたんですけど。猪木さんがこっちの目を見ていないことに気づいたんですよ。だんだん。中空をぼんやり見つめながらいろんなことを話しているから、これはちょっと気になる方をチェックしてみようと思って見たら、ずーっとインタビュー中に、股間のチャックを上下させながらインタビューしてるんですよ。

(上柳昌彦)(笑)。それは、なんなんですか?じゃあ、ジッパーの音ですか?

(吉田豪)ジッパーの音がずーっと、ジャッジャッジャッジャッしてて。

(上柳昌彦)ジッ!ジッ!ジッ!っつって。

(吉田豪)『ソマリアが・・・』とか(笑)。

(上柳・松本)(爆笑)

(吉田豪)なんだ、これ?と思って(笑)。

(上柳昌彦)それは、なんなんですか?癖なんですか?

(吉田豪)社会を気にしながら、社会の窓も気にするっていう。後でいろいろ確認したら、どうやらチャックの調子が悪くて気になったっていう。

(上柳・松本)(爆笑)

(上柳昌彦)それはそれで関心事なんですね。

(吉田豪)それが国会の議員会館で行われていて。不思議な人だなって。なおかつ、そのスキャンダルの話とか聞くじゃないですか。ちょうど元秘書が暴露本とか出した頃で。その佐藤秘書っていうのが。『あんなもん、読んでもいませんよ!』とか散々言ってたんですけど、ふと横を見ると、いろいろ本が並んでいる中に元秘書の本が3冊くらい並んでいるんですよ(笑)。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)買ってんじゃないですか!しかも複数!っていう(笑)。

(上柳昌彦)気には、なる。チャックも気になるし、自分のことを書かれた本も気になるんですよ。ねえ。

(吉田豪)猪木だなーと思って(笑)。でも、そういうのでどんどん好きになりましたね。

(上柳昌彦)へー!好きになっていくっていうのがやっぱり吉田豪ならではですよね。

(吉田豪)面白い!っていう(笑)。

(上柳昌彦)面白い!って思っちゃうわけですよね。飛び込んでいってみようって。

(吉田豪)僕もだから、取材はそんなに数はしてないんですよ。ただ、する度になんか大変だなっていう。その後に1回、印象深いのが、あれはなんだろうな?『Tarzan』かなんかでインタビューして。スタジオも借りていて、カメラマンがいろいろ言うじゃないですか。『じゃあちょっと、ダーッ!って言っている雰囲気で写真をお願いします』って。

(上柳昌彦)猪木さんに。

(吉田豪)早朝で猪木さんのテンションもすごく低くて。完全に目も死んでる感じで、テンション低い感じで来た猪木さんが『じゃあ、ダーッ!の雰囲気でお願いします』って言った時に突然、『ダーッ!!!』ってスタジオで大絶叫を始めて。『すいません!声は出さないでいいんです!』って(笑)。

(上柳・松本)(爆笑)

(吉田豪)猪木だなーと思って(笑)。

(上柳昌彦)やっぱり声を出さないっていうのはできないんだね。

(吉田豪)で、終わった瞬間、またシューッ・・・とテンションが(笑)。

(上柳昌彦)スイッチがあるんだね。

(吉田豪)スイッチがあるんですよ。で、それがたぶんUFOっていう団体をやっていた頃で。佐山サトルさん、初代タイガーマスクですね。その人が、打ち上げで猪木さんにキレてやめた事件の直後だったんですよ。

(松本秀夫)打ち上げで、やってられねー!って猪木さんにキレた?

(吉田豪)そうなんですよ。これがいろんな筋から・・・当時はいろんなね、僕が情報を確認した結果、フォークを突きつけた説とかいろんな説もあったくらいマジギレしてっていう事件があって。そのへんの話にちょっと触れたんですよ。『まあ、あれなんですよ。佐山がキレたのはね、ミネラル不足!』って(笑)。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)『甘いものの食べ過ぎです!』みたいな(笑)。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)そんな話なのかな?それ?っていう(笑)。なんでもざっくりまとめる感じが大好きで。

(上柳昌彦)ミネラル不足(笑)。いいですね。

(吉田豪)それで、当時だから猪木さんが選挙出る度に演説とか見に行ってたんですけど。渋谷の駅前で延々ミネラルの話とかするんですよ。『私はね、若い頃にブラジルでね、ミネラルの入っているものをいっぱい食べてきたもので。その頃は大便が緑色で・・・』ってずーっと。渋谷の駅前でウンコの話をずーっとしてるんですよ。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)これじゃ勝てないだろうなと思いながら(笑)。

(上柳昌彦)でもやっぱり猪木さんだから、それなりに人はいるわけでしょ?

(吉田豪)人はいっぱい集まるんですけどね。

(上柳昌彦)『なんの話をしてるんだろうな?この人は』って。

(吉田豪)猪木さんのお兄さんが選挙に出た時も最高だったんですよ。猪木さんとあまり仲良くないんですけど、お兄さんが選挙に出て。お兄さんがまたかなりの変わり者で。夢枕に、たしかキリストかなんかが出てきて。『お前が世界の三大宗教を統一しろ』って言われて。『私はそのための活動をしていて、いま、フリーメーソンなんです』みたいなことを真顔で言う人なんですよ。

(上柳昌彦)ほー。

(吉田豪)で、その人が選挙に出た時もかなりそういうおかしなことばっかり言っていた時に、猪木さんが来る・来ないみたいな話になって。猪木さんが来て、猪木さんにビンタをするっていう。その人が。逆なんですよ(笑)。

(上柳昌彦)おお、おお。お兄さんが弟に。

(吉田豪)お兄さんが闘魂を入れられなきゃいけないはずなのに(笑)。お兄さんが猪木さんにビンタするっていう。見に行きましたよ、それも(笑)。面白かった。

(松本秀夫)それはでも、猪木さんがビンタされているところっていうのはレアですよね。

(吉田豪)レアでしたよ。またビンタも下手なんですよ(笑)。慣れてないから。

(上柳昌彦)慣れてないよね。うん。

(松本秀夫)その、くくりはできないかもしれないですけど、天然な・・・計算がある程度ある方なんですか?

(吉田豪)計算もあるでしょうけど、計算を超えてますよね。

(松本秀夫)計算を超えた行動が?

(吉田豪)大変ですよ。本当に、猪木さんのインタビューってまず面白くならないんですけど。気づかないでダジャレをよく言っていて。言ってるのにダジャレを削除しちゃったりするんですよ。ダジャレだって気づかないパターンが多くて。

(上柳昌彦)ダジャレを言うんですか?

(吉田豪)いや、ダジャレしか言わないですよ。モハメド・アリの話になると、かならず『まあ、これはアリがちな話ですが・・・』って、かならず『アリ』を入れてくるっていう(笑)。『彼には非常にアリがとうと言いたい』とか。かならず『アリ』を入れてきて。気づかないんです。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)で、僕が雑誌やっていた頃に、校正とか僕が見て、『ダメですよ!気づいてないですよ!ここ、カタカナにしないと!』って僕がよく指示していて。『アリはカタカナですよ!』とか。『ダジャレです!』って(笑)。

(上柳昌彦)シャレなんですから!って。

(吉田豪)で、ダジャレ言ってることに気づいて笑うとすごい喜んでくれるんですよ。試合後の会見とかを見ていて、猪木さんがダジャレを言ったのに誰も気づかないでスルーしてる時に、僕が離れで笑っていると、僕の方を見てもう1回ギャグ言ってくれたりして。

(上柳昌彦)かわいいですね(笑)。

(吉田豪)かわいいですよ。ダジャレ言いたがり。そして、気づいてほしがり。そういう感じですよ。

(松本秀夫)周りがでも、猪木さんがダジャレを言うっていうイメージに思っていないから。

(吉田豪)でも、ある時期からダジャレしか言わなくなってますよ。

(松本秀夫)ああ、そうなんですか!

(吉田豪)そこがいいんですけどね。

(松本秀夫)オヤジですね。それは。

(吉田豪)ダジャレとあと、本当にもう昔からずーっと言っている宝探しの話とかしかしなくて。だから、これ4・5年前ですかね?『Number』で石井館長との対談っていうのがあって。それがDynamite!っていう日本の格闘技史上最大の10万人興行が国立競技場で行われて。それの中心にいたのがその2人だっていうので、その思い出話をしてもらうみたいな企画だったんですけど。

(上柳昌彦)すごいじゃないですか。

(吉田豪)いざ始まったら、たしか猪木さん自体はあまり関わってないんですよ。猪木さん自体、その時実は対立する興行をやって大失敗して。そのペナルティーで、上空からスカイダイビングさせられて・・・みたいな時だったので、猪木さん的にはあんまり思い出したくもない話だったりしたせいもあるんだと思うんですけど。まあ、その話を振り返ろうとしてるのに、一切猪木さんがその話をしなくて。『宝探しをしたい』みたいなことを、ずーっと言ってて。その度に石井館長がなんとか話を戻そうとして。

(上柳昌彦)石井館長、大変ですね(笑)。

(松本秀夫)(爆笑)

(吉田豪)大変でしたよ。

(上柳昌彦)戻さなきゃ!って。

(吉田豪)噛み合わないなんてもんじゃなくて。

(松本秀夫)聞いても一切そのことには答えないで、もう?

(吉田豪)基本、自分の言いたい話しかしない人ですから(笑)。

(上柳昌彦)じゃあ質問と答えが全く違うっていうことは当たり前なんですね。

(吉田豪)当たり前です。インタビュー、大変だと思いますよ。みなさん。

(上柳昌彦)永久運動する機械が発明されたって・・・

(吉田豪)はい。永久電池ね。

(上柳昌彦)ご存知です?

(吉田豪)もちろんですよ。

(上柳昌彦)あれの話をずーっとしてらっしゃる時に、まあインタビューになっちゃって。

(吉田豪)できるわけないだろうっていうね。誰もが思ってるんですけど。

(上柳昌彦)どうすりゃいいんだ、この話。『永久に動く』ってずっとおっしゃってるんですよ。

(吉田豪)あの流れは全部面白かったですもんね。記者会見やったら全く動かない機会が・・・

(上柳昌彦)記者会見やった!そう、記者会見、数日後にあるっていう日で。ものすごい勢いで、僕とテリー伊藤さんの前で大熱演。

(吉田豪)すごいものができるんですよ!っていう。世界のエネルギーが変わります!みたいなことを言ってね。

(上柳昌彦)で、テリーさんもああいう人ですから、『いやー!すごいことになりましたねー!これはすごいですよ!』ってやって。2人でこうなってるんだけど、どうすりゃいいんだ?って。でも、記者会見やるっていうんだから、ある程度はね・・・

(吉田豪)歴史に残る会見でしたよ。いざ始めたら、機会が全く動かなかったっていう(笑)。

(上柳昌彦)全く動かないんだよ(笑)。

(松本秀夫)猪木さんの目の前でですよね。

(上柳昌彦)うん。だからなんかね、そこをお茶目と思えばね、こんなにお茶目な方はいらっしゃらないなと思いましたね。

(吉田豪)まあ、関係者の人が毎回言うのが、『本当にアントニオ猪木は大好きだが、猪木寛至は大嫌い』みたいなことで。だから個人としては本当に最悪で・・・みたいな。ただ、スター性というか、そういうオーラはすごいし、モメた人たちがやっぱり度を超えて猪木さんのことを好きなんですよね。

(上柳昌彦)そうなんですよね。だから選挙でも受かるんですよ。あの、糖尿病かなんかになったんでしたっけ?痛風だっけ?なんでしたっけ?

(吉田豪)糖尿病です。

(上柳昌彦)あれ、氷を入れた風呂に。

(吉田豪)氷水ですね。

(上柳昌彦)氷水で治したとか。

(吉田豪)氷風呂につかって。

(上柳昌彦)あれは本当にやったみたいですね。

(吉田豪)キャベツ丼を食べて、ってやつですよね。キャベツ丼ってなにか?と思ったら、ただのキャベツの千切りを入れただけの丼っていう(笑)。

(上柳昌彦)氷張った風呂にかなりの時間入るんだよ。それで、なんか糖尿病を治したっていうね。

(吉田豪)レスラー、意外と糖尿病が多くて。たぶん食べ過ぎで。で、実はだからリング上で動くことが運動になって、みたいなパターンが多いんですよね。

(上柳昌彦)なるほどねー。

(松本秀夫)まあでもやっぱり僕ら、中学高校の時は猪木全盛で。クラスみんな猪木ファンみたいな。休み時間にね、卍固めをかけて・・・

(吉田豪)本当に猪木信者っていうかね、猪木のためなら死ねる!みたいな人たちがすごいいた時代じゃないですか。

(松本秀夫)卒業の時の寄せ書きに、猪木のサインを書いていた奴って結構いましたよ。

(吉田豪)僕もいまだに書いてますよ。僕のサイン、猪木さんのパクリですから(笑)。

(上柳昌彦)『闘魂』って書いて下に名前書くような。

(松本秀夫)それがね、寄せ書きに残ってるんですよ。何人もいるんですよ。それが。でもそれぐらいのカリスマっていうか、やっぱり猪木さんを超えるようなカリスマって出てこない。

(吉田豪)『馬場さんのためなら死ねる』みたいに言っているファンってぜんぜんいなかったですからね。

(松本秀夫)馬場さんは逆に人柄をみなさんね。

(吉田豪)そうなんですよ。その後、変わるって言うね。いざ会ってみると、やっぱり馬場さんの方が信用はできる、みたいな(笑)。

(上柳昌彦)猪木さんが北朝鮮に行きたがる、訪朝したがるっていうのはなにかあるんですかね?

(吉田豪)まあ、あそこまで入り込んだ人が猪木さんぐらいしかいないっていうのが。猪木さんとかデヴィ夫人ぐらいしかいないっていうのが大きいんでしょうけど。まあ、そりゃあ止められてもいくらでも行きますよね。

(上柳昌彦)行っちゃいますよね。

(吉田豪)僕、実はだからあの猪木さんの北朝鮮興行の時に、当時いた紙のプロレスっていう雑誌の社員旅行が北朝鮮なんですよ。

(上柳・松本)(笑)

(吉田豪)みんなで行って、そこで見る見たいな。

(上柳昌彦)見ようと。

(吉田豪)僕はそれをサボるぐらいで。そんなに思い入れもなかったっていう。

(上柳昌彦)あー、そうですか。さあ、みんなの党元所属議員らと新党結成。

(吉田豪)僕の予言はたぶん、そんなに長くもないうちに、なにか起きます(笑)。

(上柳昌彦)起きるんだろうねー。『こんなはずじゃなかった!』っていうのがね。

(吉田豪)あれ!?っていうね。

(上柳昌彦)あれ!?っていうのが。まあ、一応ね、そういうね。歳費という税金をもらってらっしゃるんで。まだ政治家ですからね。現役のね。

(吉田豪)僕なら猪木さんには一票入れないっていうのはありますよね。大好きですけど、票は入れません!っていう。

(上柳昌彦)それとこれとは別なのよというね。

(吉田豪)猪木さん、盛り上がると思ったらなんでもする人ですよっていう。これやったら面白くなるんじゃねーかな?って思ったら、どんな酷いことでもする人ですから(笑)。

(上柳昌彦)だからそういうプロデューサー的な直感はすごい方なんですよね。

(松本秀夫)でも、アリとやるなんてことは当時、思いつきもしなかったですもんね。試合の内容はまあ、別として。

(上柳昌彦)話は尽きませんが、今日はアントニオ猪木さんについて吉田豪さんにいろいろお話をうかがいました。ありがとうございました。

(松本秀夫)ありがとうございました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました