安住紳一郎 秋田のボウリング場での自己記録更新を阻んだ刺客の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 72

安住紳一郎さんが2008年3月にTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』で話したトークの書き起こし。TBSがネットされず顔が知られていない秋田県で趣味のボウリングをした時の話です。

(安住紳一郎)ただ、秋田市にいくと私はかならずすることがあるんですけども。ボウリング場に行くんですよ。

(中澤有美子)あ、そうなんですか。悪さ・・・?

(安住紳一郎)悪さではないんですが。私、前も話したと思うんですが、下手の横好きではあるんですが、ボウリングを大変こよなく愛しておりまして。主な関東地方でのボウリングは、ホームグラウンドは新宿の歌舞伎町にあります、歌舞伎町1丁目20番地にあります、コパボウル新宿店なんですけども。そこでよく、深夜にボウリングをしたりしてるわけですけども。

(中澤有美子)ええ。

スポンサーリンク

ボウリングはメンタルスポーツ

(安住紳一郎)ボウリングはメンタルスポーツということはみなさんもお分かりだと思うんです。邪念があると、こうスコアがブレるんですね。これはまあ、ゴルフとかビリヤードでもそうですが。まあ、たいていのスポーツはそうだと思うんですけども。やはりこう、横からの視線とか、左後ろから、右後ろからの視線というものに対して大変敏感になってしまうというところがね、あるんですよ。お気持ち、わかりますか?

(中澤有美子)ボウリングしてる時、人が見てるんじゃないかな?って思うってことですか?

(安住紳一郎)そういうことですよね。そもそも、新宿の歌舞伎町ね。アジアナンバーワンの歓楽街でボウリングをしてるので、そういうことは最初から覚悟の上ではあるんですけども。やっぱり、見るでしょ?

(中澤有美子)そうですよ。安住アナだ!って。そういうこと?

(安住紳一郎)でもあるんですけど。当然、僕もやっぱり吉田照美さんとかが横で投げていたら、見ちゃうと思うんですよ。

(中澤有美子)そうですよ(笑)。もう見逃さないよ。

(安住紳一郎)吉田照美さんだ!と思って。ねえ。ボウリングやってるわ!と思ってね。当然でも、吉田照美さんがボウリングやっているだけじゃ終わらないですよね。吉田照美さんってどれぐらいの腕前なのか、見ちゃいますよね。

(中澤有美子)もちろんですよ。一挙一投足ですよ。

(安住紳一郎)見ますよね?で、どれぐらいのスコアを出してるのか?も見ますよね。

(中澤有美子)見ます(笑)。

(安住紳一郎)挙句、たぶん自分と比べますよね。きっとね。自分より下手だとうれしいし、やっぱりちょっと素人離れしてたら、『ああ、やっぱり吉田照美さんってすごいな』っていう風に思うし。森本毅郎さんだって、荒川強啓さんだって、やっぱり見ちゃいますよね。

(中澤有美子)見ちゃいます。その日の自分のスコアはどうでも良くなっちゃいます。プレイは。

(安住紳一郎)ですよね。荒川強啓だ!と思うよね。そうだよね。うん。しかも、ボウリングってこう、ちょっと声が出る瞬間があるでしょ?『よし!』とかこう・・・『よっしゃ!』とか。でもほら、声を出すと余計に確信をもたせちゃうじゃない。

(中澤有美子)そうですよ。この声は安住紳一郎だって。

(安住紳一郎)この声は間違いない!って。そうですよね。『荒川強啓さんに似てるサラリーマンが横で投げてるけど、あれ荒川強啓さんかな?』とか思ってて、ねえ。『荒川強啓です』って言われたら、『ああ、荒川強啓だ』って思うよね、やっぱりね。

(中澤有美子)思うね(笑)。確定です。

(安住紳一郎)確定しますよね。で、私もなんとなくちょっと、軽く、普段見かけないようなメガネをかけてりしてボウリングをして。当然その、上にコンピューターで名前が出るじゃないですか。あそこもちょっと、偽名とまではいわないですが、ちょっとこう、知っている人の名前を借りたりとかして。そこにね、『アズミ』って書いておくと、みんな注目・・・注目するっていうとちょっと高いところからものを言ってますけども。やっぱりこう、人様にスコアを晒しちゃう感じになるので。『フクシマ』とか『イマダ』とかにしてやってたりとかするんですけどね。

(中澤有美子)ええ(笑)。

(安住紳一郎)時にはこう、『イマチャン』とかにしてみたりとかして、ごまかしたりする。まあその時点で私の負けなんですけども。で、やっぱりこう、自分の気持ちとしてはやっぱりよく思われたいところがあるじゃないですか。『あ、安住さんがやってるな。結構上手なんだな』っていう風に思われたいっていう煩悩があるもんですから、スコアがグルングルンにズレてくるんですよ。で、それがどうにかならないかな?っていうことがあって。1回あの、そういう『あんまり見ないで!』っていうメッセージを込めて、自分のボウリングする時の登録の名前を『ハイケイ』とか『セイブツ』にしたことがあるんですけど(笑)。

(中澤有美子)は、はい・・・

(安住紳一郎)『ボウカン』とかね。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)あんまりそのメッセージも伝わらないみたいですし。

(中澤有美子)ひねりがね、効きすぎっていうか。

(安住紳一郎)『ハイケイ』って。カタカナで『ハイケイ』って。『私は背景だ』と。

(中澤有美子)なるほど。壁紙だと。

(安住紳一郎)壁紙だと。壁紙だと思ってくれと。傍観してくれとか。動く・静まるの方の静物ね。静物画の方の静物。やってみたんだけど、当然効果はないわけですよ。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)そこでやおら、特別な光を放ち始めるのが秋田県のボウリング場なわけですよ。秋田県のボウリング場ならば、自分自身の、思い切りプレイができるんじゃないか?という風に思って、毎回秋田県に行くとかならずボウリング場に行ってるんです。

(中澤有美子)ああ、そうなんですね。そういうことなんだー。

(安住紳一郎)久しぶりの秋田ボウリングにちょっとやっぱり興奮したんですけどね。大きな声を出してもぜんぜん平気なわけですよ。『よっしゃ!』とか『2投目があるわい!』とか、大声を出してみたところで、まあ秋田市民のみなさんが、大声を急に出したんで、にわかにみなさんがパッと振り返るわけですけども。彼らには、ただ声の通る変なおじさんとしか映らないわけですよ。

(中澤有美子)そうね。ええ、ええ。

(安住紳一郎)そうですよ。ボウリング、やっぱり声を出したいんですね。

(中澤有美子)そうなんですね。

(安住紳一郎)『2投目があるわい!』って言いたいんですよ。

(中澤有美子)そうなんだ(笑)。『2投目があるわい!』。

(安住紳一郎)場所は秋田市内の川反という繁華街から一本通りを外れました大町というところにあるんですが。名前はファンキー・ボウルといいます。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)それは失礼ですよ。笑ったら。そういう場所があるんですから。

(中澤有美子)すいません(笑)。

(安住紳一郎)ファンキー・ボウルなんです。1ゲーム500円します。ボウリングは地方の方が若干割高な感じがしますが。都内ですと300円ぐらいでできるところもあるんですが。私の平均アベレージは165なんです。なんとか平均アベレージを200に乗せて、プロボウラーになりたいというのがささやか、そしてさわやかな夢なんですけども。

(中澤有美子)そうか、そうか、そうか。

(安住紳一郎)やはりなんかこう、開放感もありまして。大変調子がよかったんです。1ゲーム目でなんと168を出しました。1ゲーム目から平均アベレージを超えるというのはですね、なかなかこう、ないことなんですよね。慣れないレーンで、慣れない土地で、慣れないハウスボールで。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)そして2ゲーム目に185を出すんですね。そして3ゲーム目に203を出すんです。順調にきてるんです。203ピン倒してるんです。知らない町で。

(中澤有美子)(笑)。1人、バンバン。

(安住紳一郎)『これは調子がいいな!こんなに調子がいい時は、1年に1度、あるかないかだぞ!もしかすると、自己ベストを更新できるのかな?』。そんなような気持ちもありまして、どんどんどんどんと私のボルテージは高まってくるわけであります。そして、脂の乗りました4ゲーム目。忘れもしません。1フレーム目が9ピン。スペアを取って2フレーム目も9ピン取ってスペア。

(中澤有美子)おお!

(安住紳一郎)まあストライクこそ取れなかったんですけど、スペア、スペアときて、その後にストライク、ストライク、ストライク、ストライク。4連続ストライクに。6フレーム目で概算で120は行ってるんです。これはきてるな!と。まあ、ボウリング詳しくない方もいらっしゃると思いますが。ボウリングっていうのはだいたい10フレーム目まで投げるんですけども。ということは、5フレーム目で概算で130ということは、10フレーム投げると260は行くんじゃないか?という。

(中澤有美子)そうですね。

(安住紳一郎)これはすごいんです。プロボウラー並の記録なんですけども。そこで、きたぞ!と思ったの。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)しかし、思わぬ刺客がやってきたのです。ちょうどね、5分ぐらい前から自分の左側の1レーンあいた隣の隣に家族連れがやってきて遊んでるなっていうことを私、気づいてたんです。5才ぐらいのね、男の子。それから25・6才の若いパパとママ。それから60才近辺の、たぶんその小さい男の子にとってみるとおじいちゃん・おばあちゃん。そして、もう1人いて、それはたぶん若いパパの妹。もしくは若いママの妹。

(中澤有美子)なるほど。

(安住紳一郎)小さい男の子にとってみると、おばさんですね。パパの妹かママの妹かはちょっと定かではない。でも、おじいちゃん・おばあちゃんに対する態度がさほど遠慮してなかったので、どっちなのかな?だからその、おじいちゃん・おばあちゃんがパパのおじいちゃん・おばあちゃんなのか、ママのおじいちゃん・おばあちゃんなのかによって変わってくるっていう感じの。おじいちゃん・おばあちゃんにとってみると、要するに娘になるわけですね。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)それでこう、三世代家族でやっていて、大変微笑ましいんですけども。その4才・5才くらいの男の子が投げる時は、おじいちゃん・おばあちゃん、あるいはお父さん・お母さん、あるいはおばさんが代わる代わるにレーンの間近のところまでついて行って、投げるための支えをしてあげるみたいな。もう孫なんてボールに手を触れているだけみたいな状態でこう、やっているという状態で。まあ、微笑ましいんですけども。若干気になるなとは思っていたんですけども、私、新宿歌舞伎町で集中力を鍛えてますんで、そのへんは問題ないんです。

(中澤有美子)なるほど。

(安住紳一郎)新宿歌舞伎町1丁目20番地でやってますから。

(中澤有美子)わかりました(笑)。

(安住紳一郎)そんな秋田のね、川反といえども、ぜんぜんそんなの気にならない。

(中澤有美子)そうですね。ファンキー・レーンじゃあ大丈夫。

(安住紳一郎)ファンキー・レーンでは精神力で跳ね返してやったんです。しかしですね、誰が私の成績にストップをかけたと言いますとですね、そのおばさんですよね。刺客の名前は妹・マキちゃんっていうんですけど。

(中澤有美子)えっ、仮名?

(安住紳一郎)仮名じゃないです。あの・・・

(中澤有美子)そうか。出てるのか。

(安住紳一郎)出てるの。ボウリングしてる時の名前が。マキちゃん。23才。

(中澤有美子)(笑)。年齢まで。

(安住紳一郎)秋田市内の駅前でなんか洋服を売ってそうな感じの、おしゃれなおばさんなんです。23才の。で、なにがマキちゃん、すごいかっていうと、ズバリ!パンツが見えるんですよ。

(中澤有美子)(爆笑)

(安住紳一郎)最初はね、あまりにはっきり見えたんで、ショートパンツかなんかをね、履いてるんだろうなと思ってたんですけども。

(中澤有美子)下にね。見せパンを。はい。違うの?

(安住紳一郎)チュニックワンピみたいな、こういう・・・普通はジーパンの上に履く短いワンピーススカートみたいな。中にジーパンを履くだろうっていうようなぐらいの短い、短めのスカートっていうかワンピースっていう。

(中澤有美子)ヒラヒラのですね。

(安住紳一郎)タオル生地っぽい感じのものを履いているわけですよ。その下にジーパンを履かずに、薄い紫のカラータイツを履いてるんですけど。それが、最初は『ええっ!?』って思うぐらい、はっきり後ろからパンツが見えるんですよ。

(中澤有美子)タイツで覆われてるんではないですか?

(安住紳一郎)そうなんですよ。タイツで覆われてるので本人は油断してるのか知らないが、自分が着替えたところが暗かったのかどうかわからないけれども、はっきり見えるんですよ。薄い紫のカラータイツの下に、履いているパンツがブリッて見えちゃうわけですよ。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)なんだ!?と思ったんです。最初は。なんかこう、競輪選手のような、なんかちょっとスパッツ風なとか、レギンスっぽいのを履いているのかな?とも思ったんですけども。そんなこともない。特に2投目はコントロール重視でこう、前かがみになるんで、2投目は余計に見えるんです。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)で、パンツが見えるっていうよりも、もうね、お尻の形が手に取るようにわかるように、もうプリプリ!って見えちゃうわけ。

(中澤有美子)ああ、そうなんだ(笑)。気になりますねー。

(安住紳一郎)それで急にやっぱり集中力っていうか。先程も申しましたけれども、精神的なね、メンタルスポーツだと申しましたけども。やっぱりこう、左にそんな、23才の女の子が投げているとなると、やっぱりもうそっちの方に集中力がいっちゃうわけですよね。でも、こっちはすごい大事な場面じゃないですか。こっちは遊びじゃねーんだよ!っていうあれなんで。

(中澤有美子)そうですよね(笑)。遊びじゃないんだ(笑)。遊びでしょ?

(安住紳一郎)で、大事な一投ですよ。4連続ストライクの後。なんか、ボールが見たこともない角度で飛び出していきまして。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)ボウリングの右半分のピンの方にスーッと行っちゃって。4ピンぐらいしか倒れなくて。で、右のピンだけ倒れたみたいな。真ん中にいかずに。で、もうグダグダですよ。

(中澤有美子)もう立て直せなかったですか?

(安住紳一郎)でも、ボウリングご存知の方だとお分かりですけど。ストライクの後なんで。2投目まで加算されるんで。これで立て直したらね、まだそんなに損害はないんですよ。

(中澤有美子)うん。そうです。そうです。

(安住紳一郎)で、ここはやっぱり集中力の発揮のしどころだなと思って。1度落ち着こうと思って、自分の待合室っていうか控室っぽいところの椅子のところに戻ってきて。下を向いてブツブツブツブツ言ってたんですよ。そしたら、一緒に行った番組のスタッフの原田さんっていう、齢が僕と一緒なんですけども。ずっと一緒に仕事してるメンバーではあるんですけども。原田さんが、あんまりしゃべらないんだけども、突然、急に座って。ベンチで席を移動してきて。それで、『安住さん、ダメです。ちゃんと、見るんです。パンツを!』って。

(中澤有美子)(爆笑)

(安住紳一郎)で、俺もとぼけて、『えっ?』って。『わかってますよ。マキちゃんでしょ?』っていう。

(中澤有美子)そこまで(笑)。

(安住紳一郎)原田さん、全部お見通し。うん。

(中澤有美子)(笑)。正視しなさいと。

(安住紳一郎)まあ、そうそう。

(中澤有美子)チラチラじゃダメってこと?

(安住紳一郎)『チラチラ見るな。飽きるほど、1回じっくり見てみろ』とアドバイスをくれたわけですよ。

(中澤有美子)さすが(笑)。

(安住紳一郎)『大事なところなんですから。ちゃんとしっかり見てください』って。『わかった、見る』って言って、マキちゃんのパンツをじっと見てたわけ。

(中澤有美子)そうなんだ(笑)。

(安住紳一郎)『わかった、ちゃんとパンツ、見る』って。たしかにずーっと見てるとね、たしかにそんなんでもないなっていう。なんでこんなのに興奮するんだ?とか思って。だらしねー女だな!と思って。うん。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)バカめ!っつって。

(中澤有美子)そこまで(笑)。

(安住紳一郎)それで、もう動揺しない。大事な2投目。で、ボールを持ってレーンの端っこに立つわけ。すると、左の隣の隣のレーンの三世代家族は孫が投げてるんだね。で、これはチャンス!と思って。孫が投げてるから大丈夫だ!と思って。マキちゃんの出番は、たぶんない。っていうよりも、マキちゃんのパンツは見えない。

(中澤有美子)そうですね。

(安住紳一郎)と、思って。これはチャンスと思い、投げるならいまだ!と決心するんだけれども、その投げようと思った瞬間、またそこでスローモーションが始まるんだけども。シュプレヒコールの波♪のまたパターンなんだけども。あの、甥っ子がね、マキちゃんを呼んじゃったのね。

(中澤有美子)『重いよ、玉が』みたいな。

(安住紳一郎)うん。で、おじいちゃん・おばあちゃんに飽きたんだろうね。若いおばさんを呼んじゃったんだね。したら、マキちゃんがパタパタパタって行くわけ。それでそこで、『うん、どうした?』ってスッとしゃがんだわけ。それは当然あの、和式トイレの図だね。蹲踞の姿勢に入っちゃったんだね。しかも、こっち向きで。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)当然、ラジオをお聞きのね、みなさん。賢明なのでお分かりかと思いますけども。マキちゃん、今度こっち向きでしゃがんじゃったわけ。すると、後ろしか見えてなかった、いままでの私の目に、前側のデザインが一瞬にして飛び込んできたわけですよ。マキちゃんのパンツが立体的に私の頭の中でこう、像を結んだわけです。

(中澤有美子)つながったんですね(笑)。

(安住紳一郎)つながったわけです。私の体は完全に、前にある6本のピンに向かってたんですけども。顔だけ、真左を見てたんですね。・・・ガター。

(中澤有美子)(笑)。そっち行っちゃいました。

(安住紳一郎)ええ。ラジオをお聞きのみなさんにお伝えしておきますけども。ガーターじゃないんですね。ガターっていうんですよ。ガターでしたね。びっくりしました。

(中澤有美子)『G』ですか。

(安住紳一郎)『G』でしたね。びっくりしました。結局そのゲームは180ぐらいしかいかなかったんじゃないですかね?もう、グズグズでしたね。ええ。びっくりしました。帰りの新幹線、ずーっと、『なんでマキちゃんの家族、注意しねーんだろう?』って。そればっかり考えてましたね。『なにしてるんだろう、あの家族は?』って。ねえ。

(中澤有美子)そんなにいながらね(笑)。

(安住紳一郎)『おかしいな。なんで注意しないんだろう?』って。

(中澤有美子)そっか(笑)。

(安住紳一郎)で、翌日原田さんに会ったら、原田さんは陽気に『安住さん、僕、マキちゃんにもう1回会いたいんです』って(笑)。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)陽気な人でしたねー。まあ、そんなことで、日々自分の仕事を自問自答している毎日です。なにが言いたかったかというと、マキちゃんにもう1度会いたいなという。

(中澤有美子)やっぱり会ってみたい。ねー。

(安住紳一郎)『なんで家族、注意しないんだろう?あんなに見えてるのに?』って思いましたけどね。日曜日の午前中から、やらしい話ですいませんでした。

(中澤有美子)すいませんでした(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする