吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の名曲特集 劇場公演曲編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

吉田豪さんがbay fm『with you』でAKB48周辺の知られざる名曲を特集。吉田さんが劇場公演曲を中心に、いい曲だと思った曲をチョイスして紹介しています。

(松本ともこ)今日の特集は何でしょうか?

(吉田豪)はい。AKB48周辺の知られざる名曲集。

(松本ともこ)うん。私も一応、コンサート行ったことあるし。なんかAKBお会いしたことあるしって思うんだけど。

(吉田豪)すごいじゃないですか。僕ですら行ったことないのに。

(松本ともこ)東京ドーム!東京ドーム!

(吉田豪)そうなんですよ。僕、こんな特集やるけど、まだ見たことないんです(笑)。実は。

(松本ともこ)嘘?いやいや、まあそうなんですね。だけど、今日の特集は知られざる、周辺の、名曲?

(吉田豪)ええと、実は2回に分けて、次回もこのテーマでやろうと思うんですけど。

(松本ともこ)わかりました。いろんな曲があるんですね。はいはい。いま、流れているのは?

スポンサーリンク

『Overture』

(吉田豪)ええと、AKB48の劇場公演の際にオープニングで流れる『Overture』というね。

(松本ともこ)あ、行ったことなーい。劇場公演ね。

(吉田豪)劇場公演。まあ、普通の大箱公演とかでも流れるはずなんですけど。でも、僕も知らないんですけどね。行ってないのでなんとも言えない・・・(笑)。あの、AKBってこれ世間の人はシングル曲ぐらいしか知らないじゃないですか。基本。AKBが特殊なのはシングル曲、アルバム曲、そして劇場公演曲があるんですよね。劇場公演のみで使われる曲があって、それがサントラ的な感じでCDが山ほど出てるんですけど。そこまで追わないし、データがないんですよ。こっちも。

(松本ともこ)うん。

(吉田豪)で、AKB好きの人って思い入れで語っちゃうから。曲の良し悪しで語らないんですよ。

(松本ともこ)思いで。気持ちで。

(吉田豪)何がいいのか?がよくこっちまで届いてこないじゃないですか。僕が手探りで聞いてみてよかったものを今日、紹介する感じ。たぶんもっと、僕の知らないいい曲があるはずなんですよ。

(松本ともこ)そのデータがないっていう感じもちょっとわかりますよね。ファンのみなさんのね。

(吉田豪)あの、だから僕ハロー!プロジェクトのコンピレーション盤がいま、いろいろ出てるんですが。あれの第一弾、僕だったんですけど。どういうことか?って言うと、実はあの企画、僕から始まってるんですよ。僕が単純にハロー!プロジェクトを全部聞いているわけじゃないんですね。でも、人並み以上には聞いてて、知られざるいい曲があるから、こういう曲を集めて。そして、僕が単純に聞きたかったんですよ。僕は他の人がいいっておすすめするものを聞いてみたくって。

(松本ともこ)聞きたかった。なるほど。

(吉田豪)そういうなんか、ね。サンプルになるものがすごいほしくて。だからAKBのそういうの、作ってほしいんですよ。AKBのマニアの人に。

(松本ともこ)うんうんうん。これ、いいよっていうものを。

(吉田豪)劇場曲とかシングルのカップリングとかの。カップリング違いとか死ぬほどあって。当然追いきれてないんですよ。普通の人は。そういうものを作ってほしいという思いから、僕なりのをちょっとやってみますっていうのが今回のなんですよ。

(松本ともこ)ぜひ!じゃあファンの方も一緒に聞いてほしいですね。

(吉田豪)そういうことなんですね。

(松本ともこ)じゃあ、お願いします。

(吉田豪)はい。じゃあ1曲目はですね、ひまわり組 2nd Stage『夢を死なせるわけにいかない』というね、2007年から2008年に行われた公演らしいんですけどね。旧チームAと旧チームKの合同チーム。前田敦子さん、大島優子さん、篠田麻里子さん、こじはる、たかみな、みたいな。あと、野呂佳代とか。そういうような方々が参加してたらしいんですけどね。その曲で『となりのバナナ』っていう。これ、前山田健一さんのかなり初期の仕事ですね。ももクロ以前の前山田ワークなんですが、当時から本当に、実にセンスあふれる感じの曲を作っています。そして、それほど飛び道具な感じの曲にもなっていないという感じで。いってみますかね?

(松本ともこ)はい。

(吉田豪)じゃあ、『となりのバナナ』。

『となりのバナナ』

(松本ともこ)聞き入っちゃって。はじめて聞いたので。結構だから初期っていうことですよね。

(吉田豪)いい曲なんですけど。だからAKBって、なんかシングルとかだとボーカルがみんなユニゾンで。そんなに声の個性が聞こえてこないんですけど。劇場公演曲だと、ソロとかユニットが多いんで、AKBらしくないんですよ。曲が(笑)。

(松本ともこ)キャラクター、みんなそれぞれも見えてきそうだし。ぜんぜん違いますよね。つまり、私が思っていたいつも・・・

(吉田豪)いわゆるAKB曲じゃないものが集まっていて。これ、前にAKB曲の問題点としてこの番組でも話したことがあるんですけど、AKBって基本コンペで曲を集めて。で、落ちると曲が回収になっちゃうんで、自然とAKBっぽい曲をみんな出すんじゃないか?っていう想像をしてたんですね。で、らしくない曲がもしかしたら公演曲に回されるんじゃないか?って(笑)。

(松本ともこ)(笑)。想像?想像?

(吉田豪)そう(笑)。その結果、こういういい奇跡が起きるのかな?って。

(松本ともこ)えっ、これがひまわり組 2nd Stage。

(吉田豪)で、このひまわり組 2nd Stage『夢を死なせるわけにいかない』。他にもいい曲がありまして。もう1曲。ええと、元センチメンタル・バスの鈴木秋則さんの曲で。これも実にそういう感じのロックな曲調で。いってみましょうか。じゃあ、『ロックだよ、人生は・・・』。

『ロックだよ、人生は・・・』

(松本ともこ)センチメンタル・バスを聞いていた人は、『あっ、センチバだ』っていう。ぜんぜん違いますね(笑)。

(吉田豪)すごくいい曲。AKBらしくない(笑)。

(松本ともこ)『ロックだよ、人生は・・・』。

(吉田豪)AKB、楽曲の人気投票のイベントもあるんですけど。ああいうのも結局、歌っている人の人気投票であり、そしてその人が抜けるから1位にしようとかっていう運動だから。純粋な楽曲の魅力では投票されてないんですよ。

(松本ともこ)どうしても、そのストーリー。人生のね、いろいろね。

(吉田豪)AKBのいいところであり、悪いところ。そんな感じでね。じゃあ次・・・

(松本ともこ)2曲でびっくりしてる場合じゃなく、まだある。

(吉田豪)他にもありますね。チームKの2nd Stage『青春ガールズ』という2006年から2007年の公演なんですけど。このタイトル曲、『青春ガールズ』っていうのが、hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)というアイドルグループ。2.5人組って僕が言ってたんですが。『1人、なにもしない人がいるから、0.5』って言ってたんですが。その0.5の人が抜けちゃって(笑)。いま、普通の2人組になっちゃったんですけど。

(松本ともこ)ああ、そうですか。

(吉田豪)まあでもいま、いろいろちょっと売れかけているぐらいの状況になってきたんですね。そのプロデューサーの江崎マサルさんが実はAKBに曲を書いてまして。それがこの『青春ガールズ』という曲なんですが。まあ、本当に思っきりただのhy4_4yhなんですよ(笑)。

(松本ともこ)hy4_4yhなんだ(笑)。

(吉田豪)hy4_4yhっていうのが、まあブルーハーツとか奥田民生とかに影響されたロックな感じの曲をやっているグループなんですが。まあ、そんな感じです。聞いてみましょう。『青春ガールズ』。

『青春ガールズ』

(松本ともこ)今日、いま聞いた人はこれ、AKB48っていうところの周辺の選曲特集じゃないですか。ぜんぜん違う・・・

(吉田豪)今日は全てAKBなんですけど。まあね、楽曲的にはAKB色のないものを選んでみました。

(松本ともこ)『あっ、hy4_4yhだ』って思っちゃった。途中から。

(吉田豪)hy4_4yh、ご存知の方は『あっ!』と思いますよ(笑)。いつものああいう曲じゃん!っていう。

(松本ともこ)(笑)。いまのところとかも最高!はい、最後。

(吉田豪)そして最後は、チームA 2nd Stage『会いたかった』。2006年から『渚のCHERRY』っていう。これは僕も作曲家の方知らないんですが。羽場仁志さんっていう方なんですけど。これ、いわゆるビーチボーイズを感じさせるサーフナンバーですね。そんなのもAKB、やってんだ!っていう(笑)。いってみましょうかね。じゃあ『渚のCHERRY』。

『渚のCHERRY』

(松本ともこ)いま、曲が始まったばかりの『渚のCHERRY』なんですけど、今日、時間がもうね・・・あんまりないんですって。で、リスナーさんから、いいメールですよ。(メールを読む)『急いでメールしました。AKBの知られざる名曲特集ということで。自分の中の名曲は、「BINGO! 」ってい曲のカップリング、「Only Today」です。こうやってみんなから募集したら、いろいろ聞くきっかけができるんじゃないですか?』。なかなか、じゃないですか?『となりのバナナ』はいろんなメンバーが歌っていて、ライブの時は歌っているメンバーによって、さっき聞いた間奏のセリフも変わるそうです。ありがとうございます。いや、あっという間ですよ。

(吉田豪)ですかね。ちょっと時間が足りませんでした。続きは次回。

(松本ともこ)続きは次回。そうですね。次回はですね、11月の第2水曜。11月12日。ちょっと間が明きますけど。忘れずに来ていただきたいと思います。一言だけ。来週水曜日のゲスト、土屋アンナさんなんですよ。

(吉田豪)はいはい。大好きな。

(松本ともこ)なんか豪さん、インタビューもね、して。大好きってことで。なんか、ちょっとメッセージをいただけると、うれしいな。

(吉田豪)伝えないでいいんですけど、最近僕、フェイスブックを通じて土屋アンナさんと係争中の甲斐智陽さんからメッセージがきまして。

(松本ともこ)嘘!?

(吉田豪)きたんですよ。なんかマスコミに怒ってらっしゃるみたいで。僕にもなんかついでに怒ってたんですよ。『俺のこと、「演出できない」って言いやがって。俺の舞台を見てほしかった』とか書いてあったんですけど。僕、そんなこと言ってないんですよ。僕、この番組でどっちの曲がいいか紹介しただけであって。演出の技術とか見たことないから一切触れてないはずなんですよ。誤解ですよ!っていう(笑)。

(松本ともこ)誤解。いやだー!with youで2人の会話を成立させないで(笑)。

(吉田豪)それ、僕じゃないですっていう。

(松本ともこ)アンナさんにそれ、必要ないんじゃないの?(笑)。

(吉田豪)伝えないでいいです(笑)。

(松本ともこ)伝えないです。デイリーwith you、次回は11月12日登場。よろしくお願いします。吉田豪さんでした。

<書き起こしおわり>

吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の名曲特集 カップリング曲編
吉田豪さんがbay fm『with you』でAKB48周辺の名曲集第二弾を披露。今回はアルバム曲や配信限定曲、カップリング曲などからチョイスしています。 (松本とも...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする