スポンサーリンク

ライムスターDJ JIN プロレスラー田上明の魅力を熱く語る

ライムスターDJ JIN プロレスラー田上明の魅力を熱く語るラジオ日本
スポンサーリンク

ライムスターのDJ JINさんがラジオ日本『真夜中のハーリー&レイス』に出演。好きなレスラー、田上明について熱く語っていました。

(清野茂樹)さあ、ライムスターの『K.U.F.U』。この曲に乗せまして今夜のゲスト、リングインを果たしました。ご紹介しましょう。ライムスターDJ JINさんです。ようこそ、こんばんは!

(DJ JIN)どーもー!よろしくお願いします。よいしょー!

(清野茂樹)いやー、お忙しいのに。おーっと!いま、いきなり・・・

(DJ JIN)プロマイドのマルベル堂の小袋から取り出しましたのは、鶴田友美(ジャンボ鶴田)さんのですね・・・これ、プロレス好きの友人から今回のこの出演にあたり、これをお札として持って行けと。

(清野茂樹)ほう。お守り。必勝祈願ということで。うわー。NWAのベルトを獲りにきましたね!

(DJ JIN)鶴田友美さんのプロマイドとともに。よろしくお願いします。

(清野茂樹)いやいや、よろしくお願いします。DJ JINさんがこの番組にやってきたということで。まあ、プロレスがお好きだということは、噂には聞いております。

(DJ JIN)幼少の頃から好きでですね。わかりやすく言うと、いちばん最初は初代タイガーマスクですね。

(清野茂樹)やっぱりその世代ですよね。

(DJ JIN)初代タイガーマスクからの、いろいろ格闘技も好きで。そういった方向も見ながら、あと佐山聡のその後の動向ね。シューティング、修斗、そういったところもチェックしながら。そっからあと、全日本プロレスなどもちょっと見たりとかして。で、その後格闘技の道場に通ったりとか。まあ、やる側としても少々かかわらさせてもらってるという感じですかね。

(清野茂樹)もうね、やっぱり僕と同い年ですから。もう通ってきてる道はだいたい一緒ですよね。ひと通り見てるっていうか。

(DJ JIN)だいたい一緒ですかね。

(清野茂樹)僕らはだから、言うなれば恵まれた世代なんですかね?だいたい新しいのが出てきたのを。UWFとか。シューティングとか。一応、全部リアルタイムで見れている世代じゃないですか。

(DJ JIN)ああ、まあそうですね。でもまあ、自分もなんていうのかな?そんなに、王道というか、みんなが通っているところは意外と・・・たとえばUWFとか、そんなに通ってないんですよ。

(清野茂樹)そうですか。

(DJ JIN)まあもちろん、チェックとかはしてましたけど。そんなみんなが、熱狂的に盛り上がっていたじゃないですか。そこまではやっぱりなかったですね。

(清野茂樹)あ、ピンと来なかったですか?Uは。

(DJ JIN)ピンと来なくはないですけども。でも、やっぱりそれよりは田上ですよね。

(清野茂樹)(笑)

(DJ JIN)だから自分にとって、もうプロレスで『アキラ』って言ったら田上ですから。

(清野茂樹)あ、前田じゃなくて。野上じゃなくて。

(DJ JIN)前田日明も好きですけども、やっぱり『アキラ』って言ったら田上ですよ。田上っ子なんです。

(清野茂樹)田上好きだっていう噂も聞いておりますが。なぜまたそんな田上さんがお好きなんですか?

なかなか噴火しない田上火山

(DJ JIN)なんかね、やっぱり醸し出すあのフレイヴァー。味ですよね。『田上火山』なんて呼ばれるぐらい爆発的な強さを発揮することがありますけども。でも基本はだいたいね、休火山。死火山みたいな感じで。小橋から『練習しよう』って連絡が来るから、着信拒否してたって。

(清野茂樹)(笑)

(DJ JIN)携帯着信拒否して(笑)。拒否ってたっていう。

(清野茂樹)あのナマクラな感じがね。

(DJ JIN)そう。そこがもう絶妙にツボに入ってですね。でもあの喉輪落としとか、かなり初期の使い手じゃないですか。

(清野茂樹)そうですよ。あと、あの断崖喉輪っていうのも使っていました。

(DJ JIN)そうそう。断崖喉輪とか。危険な、キラーなそういったところも田上火山の時は出ちゃうんだけども。でもまあだいたい休火山、死火山。若い頃は試合中にジャンボ鶴田に、不甲斐なさにビンタ。

(清野茂樹)(笑)。控室でね。タッグマッチの後ですよ。たしかね。あれ、ゴディー・ウィリアムスとやった後じゃなかったかな?たしか。

(DJ JIN)そう。もうね、そのバランスが絶妙にツボでですね。田上っ子なんですよ。

(清野茂樹)あの深夜のね、プロレスニュースで福澤(朗)さんがよく声色を真似してね。よく田上さんに舌打ちを入れてましたけど。本当に舌打ちなんかしてたのかな?みたいな。やってましたよねー。

(DJ JIN)はい、そうですね。そういう、そのころの全日本がよく見てましたね。非常に。

(清野茂樹)そうですか。それもあの超世代、三沢さんとか川田さんじゃなくて・・・

(DJ JIN)まあ、田上ですね!田上です。アキラーです。

(清野茂樹)アキラーなんですね。

(DJ JIN)田上の方のアキラーです。

(清野茂樹)田上さんもこの番組、出てますからね。

(DJ JIN)あ、そうなんですか。

(清野茂樹)ちょうど1年ぐらい前にね、お出になって。

(DJ JIN)どういうフレイヴァーが出てました?

(清野茂樹)あの、やっぱり馬場さんのことがそんなにお好きじゃなかったかな、みたいな(笑)。

(DJ JIN)(笑)

(清野茂樹)会話の端々から出てましたね。

(DJ JIN)あ、会話の(笑)。

(清野茂樹)あれ?あんま好きじゃなかったんだな、みたいなね。

(DJ JIN)(笑)。それ、そういうところも、すっごい好きですね。さらに、俺のもう田上濃度がどんどん濃くなっていきますね。

(清野茂樹)あらー。ちょっとじゃあもう、録音お渡ししますよ。

(DJ JIN)あ、本当ですか?ぜひぜひ。更に好きになりました。

(清野茂樹)ですか。はー!で、もうそういうね、なんて言うんですか?いわゆるお相撲文化的なね、ちょっと最近減ってるじゃないですか。最近のプロレス。

(DJ JIN)あ、なるほど。なるほど。お相撲から入ってくるっていうことですか?田上もそうですし。

(清野茂樹)ですし。まあまあ、天龍さんとかね、高木さんとか、いっぱいいたじゃないですか。昔は。ジョン・テンタとかね。いまはもう、お相撲から転向って数少ないし。体型的にも、ほんのり脂肪の乗った体ってちょっといないですよね。

(DJ JIN)ああ、そうですね。でもまたその田上・・・これ、敬称略でいいんですか?

(清野茂樹)いいですよ。

(DJ JIN)また田上のあの体型がまたね、いいじゃないですか。

(清野茂樹)あの白い・・・

(DJ JIN)ちょっとこう・・・(笑)。決して鍛えあげてるとは言いがたい、あの体型にまたもうグーッとね、きちゃうわけですよね。たまらんな、おい!みたいな。

(清野茂樹)マッチョとは言えないね。

(DJ JIN)そうそうそう(笑)。

(清野茂樹)だからそういう意味で言うと、JINさん的にはやっぱりいまのプロレスは物足りなさを感じますか?

いまのプロレスに足りない田上らしさ

(DJ JIN)そうですね。やっぱりいまはアスリートじゃないですか。もうガッツリ鍛えあげて。運動能力を競い合うみたいなところがあるじゃないですか。だからやっぱね、いまのプロレスにちょっとね、田上らしさが足りないなって。田上が足りない!

(清野茂樹)足りない。

(DJ JIN)ちょっと、もうちょっと田上カモン!みたいな。

(清野茂樹)(笑)

(DJ JIN)田上っぽさ、カモン!みたいな。

(清野茂樹)たしかにいない。田上さんの後継者っていないですね。そう言えばね。

(DJ JIN)田上的なレスラー・・・

(清野茂樹)赤パンとかも。

(DJ JIN)そうですよね。ちょっとこう、それこそなんかちょっとユルい感じっていうかですね。ああいう、そこになんかこう、グッとくるものが。もうちょっと田上要素がいまのプロレス界にあってもいいんじゃないですかね。

(清野茂樹)たしかにねー。とは言いつつ、JINさんは結構実戦派で。過去にパンクラスの体験入門をしたとか。

(DJ JIN)そうですね。あとまあいまは、修斗系の・・・ガッツマンっていう明大前の道場に練習生として・・・まあ昔から在籍はしてるんですけど。最近、育児があったりとかでね、ご無沙汰なんかして。ちょっと練習の方はご無沙汰してるんですけども。

(清野茂樹)はい。だからもう、パンクラスもハイブリッドボディーなんて、田上さんといちばん遠いところじゃないですか!

(DJ JIN)(笑)

(清野茂樹)なぜそっち?

(DJ JIN)極端なところなんですよ。やっぱりあの、当時パンクラス立ち上げで。船木とか鈴木みのるとかね、鍛え上げた肉体で秒殺勝負をしていくみたいな。それと対極にあるその田上の味!みたいな。

(清野茂樹)(笑)

(DJ JIN)これがやっぱね、DJ JINイズムとしてはビンビン来たんですね。

(清野茂樹)あまりに違うと。

(DJ JIN)こう、両極な感じが。

(清野茂樹)音楽なんかもそうかもしれないですね。もしかしたら。こういう音楽好きだけど、まったく対極が好きみたいな。

(DJ JIN)そうかもしんないですね。もしかしたら、なんかそういう。ものすごい、音楽に関しては、ものすごいディープなところも好きだったりするんですけど。やっぱりそれでもね、言うてもやっぱり対極にある、割とこうポップなスタイルでやっている音楽でもやっぱり好きなものはありますし。そこの、自分のアンテナに引っかかるものが・・・

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオ日本
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました