プチ鹿島が語る 中畑清・横浜DeNAベイスターズの杜撰な魅力

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 78
スポンサーリンク

プチ鹿島さんがTBSラジオ『東京ポッド許可局』で中畑清監督率いる横浜DeNAベイスターズの野球の杜撰な魅力について語っていました。

がんばれキヨシ監督!!―メゲない中畑清横浜DeNA監督の闘い

(プチ鹿島)いや、ベイスターズに関しては本当僕、思うんですよ。あれはいま、見ておいた方がいいです。やっぱり中畑清っていうね、だから僕、80年代巨人ファンですけど。横浜に行くってなった時に僕、心配したんですよ。『ウチのキヨシが、おっちょこちょいのキヨシが横浜ファンに嫌われるんじゃねーか?』っていう。だけど、あんな・・・80年代から直で、いまの時代に来た人はいないんだから。だって。

(サンキュータツオ)そうだよね。

(プチ鹿島)中畑清が引退したのは1989年なんですよ。つまり、翌年から90年代が始まったわけですよ。ね。で、それが突如アテネ五輪でコーチもしましたけど、プロ野球界に戻ってきたのはベイスターズですから。いわゆる息苦しい時代に牧歌的なね、ルーズヴェルトゲームみたいなね。あれは横浜のことですから。

(サンキュータツオ)いや、だからなんかもう負け癖ついていて。それこそ、もうロジックではどうにもならないチームに明るい人が来たっていう感じがあるわけ。俺、チーム変わった感じ、マジあるんだよ。だって巨人に三連勝なんて考えられなかったよ。本当に。もう三浦大輔もがんばってくれたしね。

(マキタスポーツ)松木(安太郎)さんとかと通じるものがあるよね。

(サンキュータツオ)あると思う。

(プチ鹿島)ただ、中畑清っていうのは実はすごくリーダーシップ、政治力があって。選手会の初代会長ですよ、たしか。

(サンキュータツオ)そうなんだ。へー。

スポンサーリンク

クロマティも中畑を褒めている

(プチ鹿島)クロマティもいま日刊ゲンダイで連載をしてるんですけども、中畑のことは褒めてます。

(サンキュータツオ)(笑)。あのクロマティが!?

(プチ鹿島)クラブハウス、中畑が80年代に巨人の時に中畑が入ってくるとみんな立って『ウスッ!』って。『ウスッ!ってなんだ?』ってクロマティが最初通訳に聞いたらしい。

(サンキュータツオ)(笑)。

(プチ鹿島)『ウスッ!ってなんだ?メジャーでは聞いたことないぞ』って。でもどうやら、リスペクトをこめた、サル山のようなね。クロマティはちょっと皮肉をこめて書いてるんだけど。そういう挨拶として、キヨシが横浜で頑張っているのはちょっとうれしい。

(サンキュータツオ)その話を聞くだけでうれしい。

(プチ鹿島)だから今年、僕はどうなっても、もう1年ぐらいやらしてほしいんだけどね。

(サンキュータツオ)そうですよね。ようやく本当にいま、ピッチャーも揃ってきましたもんね。

(プチ鹿島)本当、杜撰でいいですよ。あの野球はね。

(サンキュータツオ)杜撰野球ね(笑)。元・大洋野球ね、だからね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする