千葉雄喜 斉藤和義を語る

千葉雄喜 斉藤和義を語る WREP

千葉雄喜さんが2024年5月16日放送のWREP『Zeebra’s LUNCHTIME BREAKS』の中で斉藤和義さんについて話していました。

(ZEEBRA)今日は千葉雄喜をキャッチアップということで。まずひとつ目のトピックは「最近やばいと思ったアーティスト」。こちら、いかがでしょう?

(千葉雄喜)斉藤和義さん。

(ZEEBRA)ほう。これはどういうきっかけでやべえって思ったの?

(千葉雄喜)なんか頭に「今日は歩いて♪」の曲が流れて。それで「あっ!」って思って聞いて。そこからハマりましたね。

(ZEEBRA)ほう! 元々、その曲はどこで耳にしてたんだろう?

『ポンキッキーズ』で聞いていた『歩いて帰ろう』

(千葉雄喜)「昔、『ポンキッキーズ』で流れていたな」って思ったんですよ。それを聞き直して。で、そこからアルバム聞いたりしたら「この人、めっちゃいい!」ってなって。

(ZEEBRA)うんうん。

(千葉雄喜)それで最近、ドライブっていうか、車を運転する時は斉藤和義のアルバムを聞いてますね。

(ZEEBRA)どのへんが食らう感じ?

メロディや言葉が頭に残る

(千葉雄喜)なんかシンプルだし、頭に残るんですよ。メロディとか言葉が。なんか、近いものを感じるなって思いましたね。

(ZEEBRA)でも、それはあるのかもしれないね。もしかするとね。結構、そういうのからもインスピレーションをやっぱりもらうわけ?

(千葉雄喜)インスピレーション、勝手にもらいますね。全部、もらってるんで。

(ZEEBRA)じゃあ『JUNJI TAKADA』みたいなのができる可能性もなきにしも……っていうことかな?

(千葉雄喜)はい。

(ZEEBRA)会ったことはある?

(千葉雄喜)ないです。

(ZEEBRA)ないよね。なんか、一緒に曲をやるやるみたいな話になったら、どんなことをやりたいとか、ある?

(千葉雄喜)わかんないっすね。

(ZEEBRA)誘われたら、やる?

(千葉雄喜)作ってはみたいっすね(笑)。

(ZEEBRA)OK(笑)。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました