スポンサーリンク

オードリー若林『だが、情熱はある』藤井隆(前田健)の食べるパスタのリアルさを語る

オードリー若林『だが、情熱はある』藤井隆(前田健)の食べるパスタのリアルさを語る オードリーのオールナイトニッポン

オードリー若林さんが2023年6月24日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でドラマ『だが、情熱はある』についてトーク。前田健さんをモデルにしたタニショーを演じる藤井隆さんが劇中で食べているパスタのリアリティーについて、話していました。

(若林正恭)でも、そうか。谷口になんか電話してた時、あったなー。この手紙の「数年前ですが、春日がやらかして夜中、まーちゃんから『もうあいつとはできないかも』と電話があった時は久しぶりに本音を聞いた感じで懐かしかった」って(笑)。

(春日俊彰)うん。そういうもしていたんだね(笑)。

(若林正恭)そういうことも、あったよな。いやー、そうなんだよな。「そういえば売れてない時にこんな会話、よくあったなと思いしました」って。たまにあったな。いや、谷口だけが春日のやばいところをわかるからさ。なんか、そういう時あったな。「そうだよ」みたいに言ってくれるからさ。

(春日俊彰)それがやっぱり谷口には印象的だったんだね。うん。

(若林正恭)それで『だが、情熱はある』が明日、最終回でしょう? あれ、春日のスピンオフもなんか実際に始まったね。見た?

(春日俊彰)いや、まだね、見ていないんですけど。そうそう。やってもらうっていうのは聞いていて。「ありがたいな」って思ってね。Huluででしょう?

(若林正恭)明日、最終回だけど。その、サトミツに支えられたというか。20代、救われたっていうのがまあ、本当は9割ぐらいと言ってもいいのかもしれない。で、なんかサトミツに「ちょっと思い出してみよう」ってさっき、2人で喫茶に行って。「どういう感じだったの?」って。

(春日俊彰)ああ、当時の感じを?

(若林正恭)その、サトミツの気持ち。

(春日俊彰)なるへそ。若林さんと接していてどう思っていたのかと。

佐藤満春と2人で当時を思い出してみる

(若林正恭)でね、サトミツ……どきどきキャンプはこれ、本当に細かい話なんだけど。上の方のライブとか……テレビには出ないまでも、東京のお笑い界で上の方のライブっていうのがあるんですよ。事務所でトップ3ぐらいが出てくるライブ。それにどきキャンって出ていたのね。だから、流れ星とか三拍子とかはそのメンバーなの。で、俺たちはそこには全然届かないの。7年目なんだけど、1年目の子たちが出るライブに出てたりしてるから。で、そういう人たちともしゃべる中でオードリーがずば抜けて面白かったらしいよ? それ、今だから言ってるよな。絶対に。

(春日俊彰)言ってるね(笑)。結果を知ってるから……それは後付けだよ。おそらく。「自分はわかっていた」みたいな、よくあるパターンのさ。フハハハハハハハハッ!

(若林正恭)でもさ、思い出すのがサトミツの家によく行ってたのよ。たとえばM-1で落ちる。オンバトで落ちる。オーディションで落ちる。で、「落ちたわ」って言うと俺より先に「そんなはずはないんだけどな。おかしいな」って言うんだよ。だから俺が「おかしいなー。なんでだろうな?」って言いに行ってるのに「おかしいなー。なんでだろうな?」って言うのよ。

(春日俊彰)ああ、言わせてくれないのね?

(若林正恭)そう。だから逆に言う気にならなくて。「そんなはずはないのか」っていう風にちょっと思えて救われたみたいな感じを2人で思い出していて(笑)。俺よりたぶん「おかしいなー」って言っていたと思うよ(笑)。

(春日俊彰)なるへそ。たしかに。それはありがたいね。楽になるな。へー(笑)。

(若林正恭)でも、ちょっとこのドラマの間はね、昔のことを思い出しちゃうけどね。終わったら東京ドームのことですよね。本当に。

(春日俊彰)いやいや、そうね。

(若林正恭)すごいよね。スタッフさんもさ……まあ、一番情熱があったのがスタッフだったっていうね。あと、キャストの皆さんということになるけどね。

(春日俊彰)いや、本当だよね。もう、むつみ荘の作り込みとかさ。セットも。すごいよね。

(若林正恭)すごいよね。あれさ、藤井隆さん。マエケンさん役だけど。パスタ、すごい食べているじゃん? あれ、ドラマの中では説明がなかったと思うんだけど。あれ、マエケンさんが一番好きなパスタなんだよな。あのトマトの味の。あれ、すごいよな。あれ、どこかで情報が入ってるのかな?

(春日俊彰)入ったのかな?

(若林正恭)あれ、マエケンさん、よく食べてたわ! なんかね、嬉しいことがあるとね。あれを食べていた。彼氏とね、なんかいい旅行をしたりした後、あれを食べていたわ。帰ってきて。

(春日俊彰)うん。大概あれ。あれか、カレーうどんね(笑)。

(若林正恭)カレーうどんも好きだよな! あのジョナサンのな!

(春日俊彰)ジョナサンの!

(若林正恭)麺が好きなんだろうな!

ジョナサンのカレーうどんも好き

(春日俊彰)麺が好きなんだよね。なんかたまたま夜中にジョナサンに行って。奥の方の席でマエケンさんがカレーうどんを食べているのを見て、そのまま帰ったことあったけどね(笑)。

(若林正恭)ああー。「マエケンさんだ!」って?

(春日俊彰)「マエケンさんだ!」って。こう、食べていて。

(若林正恭)1人で食べていて。

(春日俊彰)うん。なんかあったのかはわからないけど。そのまま家に帰ったこと、あったな。

(若林正恭)でもたしかにマエケンさん、麺が好きだったなー(笑)。

(春日俊彰)そういうの、思い出すよなー(笑)。あれを見て、本当にだからカレーうどんを思い出したもんな。ジョナサンの。いろいろと思い出しますよ。忘れていたことをね。

<書き起こしおわり>

オードリー『だが、情熱はある』で描かれなさそうな前田健エピソードを語る
オードリーのお二人が2023年5月6日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でドラマ『だが、情熱はある』では描かれなさそうな前田健さんエピソードを話していました。
オードリー若林 前田健の七回忌を語る
オードリー若林さんが2022年4月30日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でお世話になった前田健さんの七回忌で、前田さんの実家にお線香をあげに行った際の話をしていました。
タイトルとURLをコピーしました