スポンサーリンク

宇多丸 DJ arinco推薦曲・SixTONESの『人人人』を語る

宇多丸 DJ arinco推薦曲・SixTONESの『人人人』を語る アフター6ジャンクション

宇多丸さんが2023年6月15日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』「2023年上半期、現役クラブDJが選ぶベストJ-POP特集!」の中でDJ arincoさんが選曲したSixTONESの『人人人』についてトーク。「めちゃくちゃかっこいい」と絶賛していました。

(宇多丸)さあ、続いて行ってみましょう。こちら、番組初登場。DJ arincoさんです。DJ arincoさんは2017年3月にDJデビュー。J-POPをメインにグルーヴ感を重視したDJプレイを展開。現在、渋谷OTOで開催されているグルーヴ重視のジャニーズ楽曲パーティー『J’s GROOVE』にレギュラー出演中です。ということで、そんなarincoさん、2023年上半期のJ-POPはどうだったか?っていうことは、こんな感じのご意見です。

(宇内梨沙)「やはりタイアップ曲が強いと感じました。SNSでバズった曲も強いのですが、ネット内で広まっていたアーティストもそこからテレビやフェスに出演したりして、どんどん一般層にも曲が普及していくという構図はストリーミングサービスが音楽の聞き方の主流になってきてからずっと続いているかと思います」というコメントです。

(宇多丸)そんなarincoさんが選んでいただいた2023年上半期のベストソングはなんでしょうか?

(宇内梨沙)「SixTONESの『人人人』です。2023年1月4日にリリースされたSixTONESのサード・アルバム『声』の収録曲で作詞・作曲・編曲は佐伯ユウスケさん。この曲は2023年1月1日にYouTube限定のパフォーマンス企画としてバンドをバックに披露されました。

ラップ担当の田中樹さんだけでなく、他のメンバーのラップパートも存分にあり、元々SixTONESの楽曲は好きだったんですが、また新しい形のSixTONESを見せてくれる曲だと感じました。イントロも特徴があるので、少しBPMを変えたい時や、雰囲気を変えたい時に挟んだりもして、J-POP好き以外からも曲を尋ねられたり、反応も良かったです」ということです。

(宇多丸)へー。なんかそのバンドバック披露とかもかっこよさそうだし。あと、DJをやる時にたしかにイントロでたまにドーン!って空気を変えられるようなやつって、便利だったりしますけども。そのド頭から注目ですね。それでは、お聞きください。SixTONESで『人人人』。

SixTONES『人人人』

(宇多丸)はい。SixTONESで『人人人』をお送りしました。かっこいいじゃん、これ! めちゃくちゃかっこいい! なんか生っぽいジャズ・ファンクテイストっていうか。その感じのバックトラックもかっこいいし。そこに乗っかるSixTONESの皆さんのラップが結構、マイクパス物……ラッパーがそれぞれ違うスタイルの、違うフロウを重ねていく感じの醍醐味にあふれていて。皆さん、当然スキルも高いし。

それぞれ、全然違うフロウを重ねてきたりして。最後の方の結構、それが短めにパスされるところとか、全曲に渡って飽きない工夫もされているし。ああ、これはかっこいい! めちゃくちゃかっこいいですね! こういうの、教わらないとなかなか掘れないから。

(宇内梨沙)そうですね!

(宇多丸)これ、嬉しいな! さすがarincoさん。SixTONES『人人人』。これはアルバム収録曲なんですね。ちょっと私、刮目いたしました。ということで、arincoさんのお知らせごとです。

(宇内梨沙)「都内のクラブやミュージックバーでJ-POPをメインにDJ出演していますが、3月のライブ・アンド・ダイレクトに出演した姉妹デュオWAY WAVEのバックDJとしてもライブ出演しています」とのことです。

(宇多丸)WAY WAVEも素晴らしかったですからね。そちらの方でもまた、お会いすることがあるかもしれませんね。DJ arincoさんでございました。ありがとうございました。ナイス選曲でございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました