スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸 劔樹人『あの頃。男子かしまし物語』松坂桃李主演での映画化を語る

宇多丸 劔樹人『あの頃。男子かしまし物語』松坂桃李主演での映画化を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年1月20日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で劔樹人さんの『あの頃。 男子かしまし物語』が2021年に松坂桃李さん主演で実写映画化されるというニュースについて話していました。

(宇多丸)あ、その前にちょっとだけカルチャーニュースをやっていい? どっちにしようかな? やっぱりこっちかな? あの、劔樹人さんという方がいらっしゃいまして。バンド・あらかじめ決められた恋人たちへのベーシスト、漫画家、ハロヲタ。犬山紙子さんの旦那さんとしても有名ですね。そして僕も古くからの知り合いで。たとえば映画好きの方だったら『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』のマネージャー役というか、当時本当に劔さんは神聖かまってちゃんのマネージャーをされていたんですけども。マネージャー、ご本人役として登場されて非常にオタオタと……事実上の主役みたいな感じでしたけどね。劔さん。

(宇賀神メグ)はい。

(宇多丸)まあ、ご存知の方もいらっしゃると思います。非常に、まあ見るからにコミカルな。あの顔を見てなんだかんだなんて言われて、またモメたりしてましたよね。ネット上で。ひどい話ですよね。で、そんな劔さんのコミックエッセイ『あの頃。 男子かしまし物語』が2021年に映画化されるという。

(宇賀神メグ)おおっ!

初期ハロヲタ仲間の劔樹人さんの作品

(宇多丸)これ、要するにハロー!プロジェクト。特に初期ハロプロにのめり込んでいく主人公・劔さんというのがいて、その姿を描いた……まあ劔さんは大阪ベースでそういう活動をされていて、僕は東京だったんですけども。ほぼ同時期にその重なる人物もいる感じでハロヲタとしてめちゃめちゃ盛り上がっていて。なんですけども。で、素晴らしい本なんですけどね。

(宇賀神メグ)はい。

(宇多丸)で、これを映画化。なんと主人公の劔さんを松坂桃李が演じるという。

(宇賀神メグ)おおーっ!

(宇多丸)監督は今泉力哉さん。『愛がなんだ』。そして脚本は冨永昌敬さんっていうことなんですけども。劔さんを松坂桃李が……もうこのキャストは、なんていうのかな? これ自体、なんか狙っているというか。だからいろんな人が出てくると思うんですよね。大阪チームだと赤犬のロビンさんとか出てくるのかな? でもロビンにしろ劔さんにしろ、もう本人にしか演じようがないような人たちばっかりで。ねえ。掟ポルシェさんも出てくるのか? 掟さんだってね、掟さんを演じられるのは『そろばんずく』の時の小林薫さんしかいませんから。

(宇賀神メグ)フフフ(笑)。

(宇多丸)時代がちょっとずれちゃってますけども。だから宇多丸役は出てくるのかとかね、マジな話ですよ、これは。

(宇賀神メグ)ねえ。宇多丸さんはどうなるのか?

宇多丸役も出てくるのか?

(宇多丸)まあ、出てくるのかわかりませんけども。まあ、その時代の話なんでね。ちょっとどういうことなんだ?っていうことで。これ、松坂桃李さんが演じるという。これ、異常にハードルが高いですよ。松坂さんが今までに演じた役の中で一番ハードルが高いということはね、言わせていただきたいと思います。これ、2021年に映画化ということなので。

(宇賀神メグ)楽しみですね(笑)。

(宇多丸)どういうことになるのか……ということでございます。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました