スポンサーリンク

宇多丸 北野武監督『アウトレイジ最終章』インタビューを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

宇多丸さんがMXテレビ『バラいろダンディ』の中で、北野武監督に『アウトレイジ最終章』についてインタビューした際の模様について話していました。

早く観たいな〜 楽しみ楽しみ‼️ #アウトレイジ最終章 #japan #happy #enjoy #instagood

中野英雄さん(@hideo_nakano)がシェアした投稿 –


(蝶野正洋)第9位、東京スポーツ。「『アウトレイジ』無謀計画」。

(阿部哲子)来月7日公開、北野武監督の最新作『アウトレイジ最終章』のジャパンプレミアが一昨日、都内で行われました。会場は警視庁本部も近い官公庁エリアの大ホールでしたが、舞台挨拶に立った北野監督は「この後、神戸に行こうと思った」と切り出し、完成披露イベントを本物の暴力団が抗争真っ只中の神戸でやろうとして警察に止められたという秘話を明かしました。また、次回作については先週発売されて大ヒット中の自身初の恋愛小説『アナログ』を考えているといううことです。

(蝶野正洋)監督、すごいですね。これで神戸に行こうとしたっていう。

(玉袋筋太郎)神戸行ったらいま、大変ですよ!

(宇多丸)これね、『最終章』をご覧になればわかりますけど、ちょっと現実の分裂劇を彷彿とさせるようなね、予言するような内容も含まれたりしていてね。

(玉袋筋太郎)すごいよ、うん。最終章は。

(蝶野正洋)みなさん、すごい方ばっかりですよね。

(玉袋筋太郎)そうでしょう? メンツが。これだもんね。みんな俳優さんが出たがっちゃうっつーんだからさ。

(宇多丸)(映像を見ながら)おっ、すごいところ見せちゃうな。これ、見せちゃっていいのかな?

(玉袋筋太郎)まあ、いいんだ、いいんだ。

(宇多丸)実はね、「デカいヤマを踏んできた」って、これなんですよね。

(阿部哲子)これに関係するお仕事をされてきた?

スポンサーリンク

デカいヤマを踏んできた

(宇多丸)つい先ほど、某TBSラジオのそれぞれの番組用に、殿に直接インタビューしてきたんです。

(一同)ええっ!?

(玉袋筋太郎)2人。

(宇多丸)ついさっき。で、ここ(玉袋筋太郎)はね、相方の安東弘樹(TBSアナウンサー)さんと一緒で。師匠だし、いいじゃないですか。俺、サシで。しかも、机と電気がなんか取調室みたいになっていて。

(一同)(爆笑)

(玉袋筋太郎)そうそうそう! そうだった! 俺と入れ替わりで宇多ちゃん、入るんだけど。その入る時の宇多ちゃんを見た人がみんな、「もうカッチカチ」って。

(宇多丸)(笑)

(玉袋筋太郎)ギッシギシ。

(阿部哲子)珍しい!

(宇多丸)もうロボコップみたいになって行って。もう最初は質問が……もちろんラジオで流すんですけど、最初は質問、噛み噛みで。でももう……あなた、そんなビートたけしご本人と取調室みたいになっているところで、一対一で。そりゃあ緊張する。でもね、殿もいっぱい話していただいて、めちゃめちゃ面白い話を聞けたと思いますんで。その中でもやっぱり、いま現状の政治が『アウトレイジ』状態だから。お互いに掟破りをどんだけやるか? みたいな。だから政治劇として見るのも本当にいいっていうね。

(玉袋筋太郎)だからその対談が終わって部屋から出てきた宇多ちゃん、すごいよ。サウナに入ってないのにサウナ上がりみたいになってて。

(蝶野正洋)だからさっきもお酒をグイグイいっちゃってたんですね。

(玉袋筋太郎)だから飲んでいるわけですよ!

(宇多丸)だからいま、打ち上げているわけです(笑)。

(蝶野正洋)打ち上げですね(笑)。

(阿部哲子)でも、それほど緊張される北野武監督の作品に蝶野さんは出演されているんですよね。

(玉袋筋太郎)そうだ!

(蝶野正洋)でも、役は大暴れする役でした。

(阿部哲子)そんな、ざっくり……。

(蝶野正洋)天山と邪道・外道と一緒にね。

(玉袋筋太郎)ラーメン屋でね。

(蝶野正洋)役じゃないですね。あれはね。

(宇多丸)いや、でもすごいことですよ。世界的にね。

(阿部哲子)どんな(演技)指導があったんですか?

(蝶野正洋)でもね、たけしさんは……映画の世界の人ってものすごい時間をかけて。こっちからだ、どうのこうの……ってこだわるんですよ。だけど、たけしさんはテレビで慣れているから、ものすごい手際がいいんですよ。

(宇多丸)ワンテイク主義なんです。まあ、それによって緊張感を高めるっていう。で、スタッフを信頼しているっていうのもあるでしょうし。そういう演出法ではあるんですよね。それでみんな……(ピエール)瀧さんとかもさ、ヤバいっていうんんでめちゃめちゃ緊張していたって。でも、それがいいあれを生むわけですよ。

ワンテイク主義の北野武監督

ピエール瀧 北野武映画『アウトレイジ最終章』撮影現場の模様を語る
ピエール瀧さんと玉袋筋太郎さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で北野武監督の映画『アウトレイジ最終章』の撮影現場の模様について話していました。 『アウトレイジ 最終章』新キャ...

(玉袋筋太郎)うんうん。

(阿部哲子)次回作は純愛映画を予定されているそうで。

(宇多丸)その『アナログ』っていう小説がめちゃめちゃ売れていて。もう手に入らないぐらい売れているんですけど、それをやるっておっしゃっていて。

(玉袋筋太郎)やりたいっつってましたよ。

(蝶野正洋)たけしさんが純愛っていうのは、あるんですかね?

(玉袋筋太郎)純愛にこだわるんじゃないですか? これだけ……「振れ幅だ」っつってましたから。「こっちに振ったから、今度は純愛でこっち(反対側)に振ろうとしたら、1回転して頭を打った」っつってて(笑)。

(一同)(笑)

(宇多丸)俺のインタビューではそんなボケ、なかったよ!(笑)。そこはやっぱりね(笑)。

(玉袋筋太郎)(笑)

<書き起こしおわり>
宇多丸 アウトレイジ・ビヨンドの客席のガラの悪さを語る
ライムスター宇多丸さんがTBSラジオ ウィークエンド・シャッフルでアウトレイジ・ビヨンドを評しましたが、シネマハスラーの映画評に先立って、観客席のお客さんたちについても言及していま...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事