町山智浩 著書『今のアメリカがわかる映画100本』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で著書『今のアメリカがわかる映画100本』を紹介していました。



(町山智浩)またリスナーの方々にプレゼントがあります。『今のアメリカがわかる映画100本』という本を僕、出しまして。それを5名様にプレゼントいたします。そちらに見本がありますか?

(山里亮太)あります!

(海保知里)びっくりしたんですけど『ワンダーウーマン』まで入っていますね。

町山智浩 映画『ワンダーウーマン』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で全世界で大ヒット中の映画『ワンダーウーマン』について話していました。 In two days, see why crit...

(町山智浩)ギリギリまで入っています。

(海保知里)すごいです。『ファウンダー( ハンバーガー帝国のヒミツ)』も入っているし。いや、これは、ねえ。すごくギリギリまで最新作を……。

町山智浩 『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でハンバーガーチェーン店マクドナルドの創業者を描いた映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』について紹介していました。 ...

(町山智浩)厚さがすごくないですか?

(海保知里)厚み、あります。

(山里亮太)100本……。

(町山智浩)そう。300ページを超えていますんで。320何ページぐらいあると思います。

(山里亮太)「トランプ現象は、いったいなぜ起こったのか? アメリカの激動の10年が、映画でわかる!」ということで。

(町山智浩)はい。これ、『月刊サイゾー』という雑誌にずっと連載してきたコラムを100本まとめたんですけども。お値段は税別で1500円という、ちょっといま何でも安くなっている中では高めなんですけども。なんて言ったって、それを使ってケンカに勝てますからね!

(山里亮太)かなりの厚みですから(笑)。

(町山智浩)ねえ。厚いんで。

(山里亮太)鈍器になります(笑)。

(町山智浩)ということで、ケンカに使ってもらうと(笑)。これを5名様にプレゼントいたします。

(山里亮太)ありがとうございます!

(中略)

(山里亮太)あ、『フライト』もあるわ。はー。たしかに、映画っていろんなメッセージが込められているんですもんね。それをわかりやすく。

(町山智浩)そう。ネットで言われるんですよ。「映画評論家なんていらないよ。お前なんかいらないよ」ってよく言われるんですけど。

(山里亮太)ええっ!?

(町山智浩)いや、しょっちゅう言われていますよ。でも、やっぱりほら、たとえば『ズートピア』に出てくるヒツジの頭のフワフワしているところを触ろうとする(シーンの意味)とか……あれって絶対にわからないじゃないですか。日本に住んでいたら。

ズートピア ヒツジの頭のフワフワ



(山里亮太)はい。普通のシーンだなっていうぐらいにしかとらえられないですからね。

(町山智浩)そう。だからそういう意味をアメリカに住む者として伝えていくと。で、映画会社も全然説明しないし、パンフレットにも書いてないですからね(笑)。

(山里亮太)そう。だから主人公が「かわいい」って言われたことに対して、普通に受け入れられなくて。それに対して反論している時に「なんで反論するんだろう?」ってたぶん何も知らなかったら思うところが、「ああ、そういうことか」ってなりますもんね。あれ。

町山智浩『ズートピア』が描くアメリカの政治的実情を語る
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、ディズニーアニメの最新作『ズートピア』を紹介。この映画が実は描いている現代のアメリカの政治的実情を解説しつつ、最後にプリンスを追悼し...

(町山智浩)そう。でもわからないとそのままスルッと行って、たぶん永遠にそのままなんですけど。「あそこはこういうことですよ」って余計なお世話をするのが僕の仕事なんで。はい。

(山里亮太)いやいや。

(町山智浩)そこで細々と暮らしておりますので(笑)。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事