スポンサーリンク

町山智浩『みんなふつうで、みんなへん。』と内田かずひろ個展を語る

町山智浩『みんなふつうで、みんなへん。』と内田かずひろ個展を語る たまむすび
スポンサーリンク

町山智浩さんが2021年2月16日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で枡野浩一さんと内田かずひろさんの共著『みんなふつうで、みんなへん。』を紹介。内田かずひろさんの個展などについても話していました。

(町山智浩)今日はちょっとプレゼントがあるんですけれども。小学生向けの絵本なんですけれども。『みんなふつうで、みんなへん。』という絵本を5冊、プレゼントします。これはね、僕のもう30年以上の友達の歌人、枡野浩一さん。

(山里亮太)面白い方なのよ。僕も何度かご一緒したことあるんですけどね。

(町山智浩)ああ、そうですか。まあ、変な人ですよ(笑)。この本のタイトル通り、『みんなふつうで、みんなへん。』の「変」な人なんですけども。その枡野浩一さんと、絵を書いたのは絵本作家で漫画家の内田かずひろさん。この2人の共著なんですね。

(山里亮太)ああ、素敵な絵! 味のある……。

(町山智浩)はい。非常にほのぼのした絵で。それで『みんなふつうで、みんなへん。』っていうのは、「みんな変なんだ。みんな勘違いしてるところあるんだ」っていうことで。たとえば、この1人の男の子は虹のふもと……要するに下、地面についているところはどんな風になってるのか、それを見たくて、それをたしかめに行こうとする子がいたり。

(赤江珠緒)ああ、いいですね。

(町山智浩)まあ、そういう子たちの話を集めた絵本なんですけれども。これを5冊、プレゼントします。

(赤江珠緒)あら! ありがとうございます。

(町山智浩)でね、この内田かずひろさん、この絵本の発行に際して、個展をします。内田さんはね、『ロダンのココロ』という犬の主人公にした4コマ漫画を朝日新聞で7年間も連載していた人なんですよ。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)それで、明日から1週間、個展があります。場所は東京新宿区荒木町……だから四谷三丁目のところですね。荒木町22-38にある「コーヒー&ギャラリー ゑいじう」というところで明日から1週間、個展がありますので、ぜひ行ってください。

(赤江珠緒)はい。

(町山智浩)で、なぜ今日、この内田さんの本『みんなふつうで、みんなへん。』をプレゼントしてご紹介するかっていうと、この内田かずひろさんという人はホームレスになっちゃったんですよ。

(赤江珠緒)ええっ?

(町山智浩)アパートが取り壊しになるまで、転居する準備をしなきゃならなかったんですけど、お金もなくて。それで今、ホームレス状態になって、知り合いの方の家に泊まってる状態だそうです。

(山里亮太)ああ、今?

(町山智浩)今です。それで、区役所で生活保護を申請しようとしたらしたら、個展をやるということで。「個展をやるようならば、生活保護はもらえません」みたいなことを言われて断られちゃったそうなんですよ。

(赤江珠緒)ええっ? どうして? そうなの?

(山里亮太)「余裕がある」っていう風に捉えられるのかな?

(町山智浩)そういう風に見られるみたいなんですよね。で、「ちょっとおかしいんじゃないか?」っていうことで、みんなで抗議をしようみたいな話にもなっているようですが。

現在、ホームレス状態に

(町山智浩)ただ、漫画家で、朝日新聞で7年も連載をしていたという人がお金がなくなってホームレスになっちゃうなんて、みんな「ええっ?」って思うと思うんですよ。

(山里亮太)たしかに。

(町山智浩)でもね、漫画さんや小説家やミュージシャンや、あとは芸人さん。その大部分は食えていないですよ。今。コロナもそうだし。コロナでチャチャッと稼ぐことができなくなったし。特に漫画家も……漫画家なんてみんな、お金持ちになってると思ってるでしょうけれども。今、単行本が2万部売れないっていう状況になってきて。それでアシスタントなんか雇っていたら一銭も残りませんから。アニメ化とかされてなければ食えないです。

(赤江珠緒)ああ、そうですか……。

(町山智浩)「そういう人生を選んだり、その後の人生設計をしてなかったから自業自得だ」って言う人もいるんですね。でもね、そういう人生設計が得意な人ばっかりだったら、世の中に漫画も音楽もないですよ。この世には。芸人さんもいないですよ。

(赤江珠緒)本当、そうですよね。

(町山智浩)そういうことが苦手だから、やっているんですよ。そういうのが上手い……変に金儲けの上手い芸人とか、嫌じゃないですか。そんなの(笑)。

(山里亮太)ああっ、刺さったー!

(町山智浩)そんな芸術家とか、嫌じゃない? ねえ。将来設計がキチッとしている芸術家とか、嫌じゃん?

(山里亮太)たしかに。そういうのと対極にいるから。

(町山智浩)そう。それなのに、そういうことがあると「自業自得だ」とか言うんですけども。まあ、そういう人ばっかりだったら世の中だから何も……笑いもなければ音楽もなくなっちゃいますからね。僕なんかも実はそういうのがすごく苦手で。たとえば原稿を書いたり仕事をすると、いちいち請求書を書いたりしなきゃいけないんですよ。で、そういうのってマネージャーがいないから、自分でやらなきゃなんないんだけど、それが本当に苦痛で。送れないんですよ。

(赤江珠緒)ああーっ!

(町山智浩)だから僕、今までにもう100万円ぐらい、それで失ってますよ。請求書を送れなくて(笑)。

(赤江珠緒)町山さんもそんな感じがするな。本当に。

(山里亮太)たしかに。

(町山智浩)本当にダメなんですよ。

(山里亮太)芸人にもそういう人、多いです。

(町山智浩)だからまあ、ぜひこの内田かずひろの個展にも行っていただきたい。支援をしていただきたいと思います。

内田かずひろ個展

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました