スポンサーリンク

星野源と関根勤・小堺一機 オマリーの六甲おろしを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 755

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で小堺一機さん、関根勤さんをゲストに迎えてコサキンソングの名曲 オマリーの『六甲おろし』について話していました。

(星野源)まず1曲目をかけたいと思います。この間僕、ラジオ101局特番というのでかけさせていただいた曲がありまして。ものすごい大ブームになってしまったらしくて。

星野源と山下達郎 『オマリーの六甲おろし』を語る
山下達郎さんと星野源さんが民放ラジオ101局特別番組『WE LOVE RADIO 山下達郎・星野源のラジオ放談』でラジオから流れてきた音楽で心をグッと掴まれた曲についてトーク。星野...

(小堺一機)へー!

(星野源)これも僕が中高生の頃にコサキンで聞いた曲でございます。

(小堺一機)僕もネットのニュースで読みましたよ。

(星野源)本当ですか?(笑)。ぜひお二人と一緒に聞きたいと思います。

(関根勤)お願いします。

(星野源)じゃあ、一緒に聞きましょう。ラジオの前のみんなも一緒に聞きましょう。それでは、オマリーで『六甲おろし』。
スポンサーリンク

オマリー『六甲おろし』



(星野源)(1番の終わりで)日本語だから下手なのかな?って最初、思うんですよね。

(小堺一機)うん。気を使うところ、2つだもんね。音程と発音とね。

(星野源)そうなんですよ。で、2番が英語なんで。たぶんそこからはちゃんと歌えると思います……。

(小堺一機)(2番の始まりを聞いて)いや、ダメですね。

(星野源)(笑)

(関根勤)こっちの方がひどいんじゃない?

(星野源)(笑)

(小堺一機)安心しちゃった。母国語で安心しちゃった(笑)。やっぱり人間、甘やかしちゃいけないね。

(星野源)(笑)

(小堺一機)ちょっと負荷をかけた方がいいと思うよ。

(星野源)たぶん一発録りだったんでしょうね。

(小堺一機)うん。「何回も嫌だ」って言ったんだろうね。

(星野源)この後、「阪神タイガース」です。

(オマリー・歌)「ハンシーン、タイグヮース♪」。

(関根勤)発音、いいねえ(笑)。やっぱり。

(星野源)「タイグヮース♪」(笑)。

(曲おわり)

(星野源)はい。お送りしたのはオマリーで『六甲おろし』でした。

(一同)(拍手)

(関根勤)いやー、やっぱりね、日本が豊かな時期ですよね。こういう歌を出せるって。

(小堺一機)余裕がある。

(関根勤)余裕があったよね。

(星野源)この曲が、いまやもう売り切れ状態で。すごいプレミア価格になっているそうでございます。


オマリーのダイナミック・イングリッシュ

(関根勤)そうですか!

(小堺一機)すごいねえ!

(星野源)そんな曲をお二人と聞けて本当に幸せです(笑)。

(関根勤)(笑)。オマリーさん、でもいいよねー。

(星野源)今日はこんな感じで、結構長い間ご一緒していただけるということで。

(小堺一機)大丈夫です。

(星野源)よろしくお願いします。

(関根勤)よろしくお願いします!

(小堺一機)怒られない限り、います(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事