スポンサーリンク

YZERR BAD HOP流の楽曲制作スタイルを語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

BAD HOPのみなさんがblock.fm『INSIDE OUT』に出演。USの最新トレンドなども貪欲に取り入れるBAD HOPの楽曲制作スタイルなどについて、YZERRさんが話していました。


(渡辺志保)今年の3月ですかね? 『BAD HOP 1 DAY』を発表して。それも無料のオンライン上のミックステープという形で発表してましたけど。そこから半年後に今回の作品(『BAD HOP ALL DAY』)がリリースされたということで。私も一足先に聞かせていただいたんですけど、結構驚いたのがみなさんのフロウの引き出しがどんどんどんどん多彩になっているし。USの最新のトレンドなんかも意識したようなフロウが、BAD HOPカラーになって落とし込まれている。しかも、個性豊かなMCの方の色がそれぞれ出ているっていうところにかなり衝撃を受けたんですけど。結構、そういうスキルの磨き方とかフロウの引き出しの増やし方みたいなのは普段、みなさんの間で気をつけていたりとか意識していたりとかもするんですか?

スポンサーリンク

『BAD HOP 1 DAY』



(Tiji Jojo)ああ、やっぱり曲に関してはトレンド意識っていうのもすごいあって。意識して、USの現行の曲を聞いていたりとか、すごい探ったりして研究しながら。みんなで確かめ合いながらやっていて。

(YZERR)あとはまあ、基本的にメンバーも結構多いんで。誰がいまいちばん面白いことできるか勝負じゃないですけど。たぶんそれがいちばんデカいかもしれないですね。

(渡辺志保)へー! そういうジャッジはどうするの?

(Tiji Jojo)ジャッジは、YZERRさんが……まあ、YZERRさんジャッジがあったり、スタジオ入ってみんなで「これいいな」とか言いながら、いいものを選んで作っているっていう感じですね。

(渡辺志保)うんうん。みなさん、どうやってアメリカの最新の情報とかをゲットしてるんですか?

(YZERR)やっぱり自分ら、新譜やミックステープが出たとしたら、それを聞いてみんなにもすぐ教えますね。「これはもう絶対にチェックした方がいい!」とか。

(渡辺志保)ああ、じゃあもう、「俺だけが知ってるリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)の新曲!」とかじゃなくて、みんなで、メンバー内でシャアをちゃんとやると(笑)。

(YZERR)特に、「お前にはこれが合うんじゃないの?」みたいな。「こういうことをやってみたら面白いよ!」って。まあ、僕自身も言いますし。それはすごいありますね。

(渡辺志保)いいですね。じゃあ、クルーの中でみなさん、お互いが切磋琢磨しながらっていう感じですか?

(YZERR)はい。

(渡辺志保)ちなみに、BAD HOP的にいま、こいつがいちばん面白いっていうUSのラッパー、います?

(Benjazzy)やっぱりリル・ウージー・ヴァートは自分の中では……結構そこでわかれるんですけど。

(渡辺志保)ああ、リル・ウージー・ヴァート線引きがあるんですか?

(Benjazzy)自分の個人的になんですけど。リル・ウージー・ヴァート、いまのトレンドのフロウだったりを先行的に作っているなって思いますね。

DJ YANATAKE リル・ウージー・ヴァート『Money Longer』を語る
DJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でアメリカの注目若手ラッパー、リル・ウージー・ヴァートの『Money Longer』を紹介していました。 ...

(渡辺志保)へー! なるほどね。他にありますか? ホットなラッパー。こいつはイケてるみたいな。

(YZERR)じゃあ、DJがいるんで。

(渡辺志保)お願いします。

(DJ KENTA)最近出たトラヴィス・スコット(Travi$ Scott)のアルバム(『Birds in the Trap Sing McKnight』)を聞いてますね。

渡辺志保 Travi$ Scott『The Hooch』を語る
渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でトラヴィス・スコットの新曲『The Hooch』を紹介していました。 Here's the officia...

(渡辺志保)いいですね! あれもいろんな……キッド・カディ(Kid Cudi)なんかも参加していて最高ですけど。じゃあ、そんないろんなBAD HOPのみなさんの知恵とスキルが詰まった『BAD HOP ALL DAY』からせっかくなんで新曲をここでオンエアーしていただきたいなと思います。曲紹介をどなたか……

(Tiji Jojo)あ、シャウト的な感じでも大丈夫ですか?

(渡辺志保)全然大丈夫です! 

(Tiji Jojo)慣れてなくてすいません(笑)。

(渡辺志保)Tiji Jojoさんの好きなように紹介していただければ。

(Tiji Jojo)Yeah, 『BAD HOP ALL DAY』、ステージはフライパン、俺ら常に跳ねるポップコーン! Let’s Go!

Tiji Jojo, Vingo『Popcorn』


(渡辺志保)はい。まず1曲目にお届けしたのはTiji Jojo&Vingoで『Popcorn』。これ、実は私がリクエストしたお気に入りの曲なんですけど。フロウとね、トピックがなかなかいいなと思ってリクエストさせてもらったんですけども。Twitterの中でも、「Tiji Jojoさんのトピックの切り口がいつも新しい」みたいなことをつぶやいている方がいたんですけども。(ツイートを読む)「毎回、Tiji Jojo氏はトピックの切り取り方がすごい」と。

(YZERR)おおーっ!

(渡辺志保)まあ、『White T-shirt』とかもね、ありますけども。



(Tiji Jojo)ええ。

(渡辺志保)なんかそういう、「今回はこれをネタにしよう」みたいなのはあるんですか?

(YZERR)本当に自分で考えているかどうかですよね?

(一同)(笑)

(渡辺志保)あらららら! こんなところで(笑)。

(Tiji Jojo)「実は……」っていうところ、まあ、結構あったりして……

(YZERR)実は、なあ(笑)。怪しいよな(笑)。

(渡辺志保)(笑)。まあでも、それを乗りこなしているのがね。

(Tiji Jojo)結構トピック面とかでは援助は受けたりとか(笑)。

(渡辺志保)援助(笑)。ヤバいな、はい(笑)。援助を受けて。

(YZERR)常にトピックのリストを作っているんですよ。

(渡辺志保)えっ、そうなんだ!

(YZERR)もう、めちゃくちゃ貯めてますね。で、なんかちょっと、たとえば「ホワイトT」とか、自分が「どう?」って提案したんですけど。それは自分らじゃあ書きづらいじゃないですけど、トピックの要素が少ない時はJojoがそういうの、得意なんで。

(渡辺志保)あ、そうなんだ! でも、いいですね。クルー内でいろんなことを、アイデアもシェアしながら曲を作っていくとかなかなかないような気がしますけども。そうなんですね。じゃあ、なかなかネタに困ることもないっちゃあないと。

(YZERR)まあ、ないですね。全然。

(渡辺志保)すごいなー。ちなみに、質問で「俺もBAD HOP入りたい」というようなご意見もちらほらいただいておりまして。今後、BAD HOPのメンバーが増えることとか、あります?

(YZERR)あ、全然。全然。自分ら、全然。

(渡辺志保)あ、軽い、軽い(笑)。全然?

(YZERR)はい。「入る/辞める」とかっていうのはあんまりなくて。普通に周りにつるんでイケてるやつがいたら、「一緒にやってみようよ」っていう軽いノリなんで。そこは。友達とか、もう全然。よろしくお願いします(笑)。

(渡辺志保)ああー、門戸が広い。みなさんの名前がより一段と広く知れわたったのがViceのドキュメンタリータッチのフィルムだったりもすると思うんですけど。あれが公開されてから、だいたいいま、10ヶ月ぐらい経っているんですよね。この間で、自分たちの環境がすごく大きく変わったとか、そういう変化はありましたか?

MADE IN KAWASAKI 工業地帯が生んだヒップホップクルー BAD HOP



(Tiji Jojo)ああ、身の回りとかで? 変化……ライブとかは結構行けるようになったりとか。なんか、ある?

(YZERR)変わったこと?

(渡辺志保)あります? 川崎駅をなかなか1人で歩けなくなったとか?

(YZERR)そうっすね……あ、でも自分は結構それあるかもしれないっす。なんか、本当によくみんなで飲んでるんですよ。で、飲みすぎちゃった時とか、「この後どこ行く?」「じゃあ適当にカラオケ行くか?」みたいなノリになったりするんですよ。そうすると、そのカラオケ内に自分らを知っているグループが3組ぐらいいたりとかして。なんかカラオケ歌っていて、扉のところを見たら2人ぐらい背伸びして覗いてたりするんすよ。

(渡辺志保)ええーっ? やだね! でもまあ、有名税って感じがしますね。そういうのとかとね。

(YZERR)本当、悪いことできねえなって(笑)。

(渡辺志保)悪いこと、できないね(笑)。みなさんね、お体にもサインが入っているからね、いろいろ目立ちますでしょうね。今日、リスナーの方からも質問たくさんいただいてまして。(質問を読む)「音楽制作にあたって、メンバー同士のケンカとか、あるんですか?」って。

(YZERR)制作に関しては、正直僕が仕切らせてもらっているんで。

(渡辺志保)おっ、YZERR先生が。

(YZERR)トピックだったりとか、こういう感じっていうのを最初から最後までキチッと自分が決めてから、みんなに投げるんで。だからそこにやってもらって、もしもあんまり納得いくものがなかったら、違う風に変えてみたりして。

(渡辺志保)ふーん! そうなんですね。そのYZERRチェックが入った時に「なんで俺のこのバースがNGなんだよ?」みたいな。そういうわだかまりもあんまりないっすか?

(YZERR)実は思ったりするかもしれないっす(笑)。

(Tiji Jojo)まあ、結構それは受け入れ体制が。

(渡辺志保)あ、みなさん大人ですね。受け入れ体制ができてるんですね。そうなんだ。いろいろね、T-Pablowくんだってそれこそあんな大きいテレビ番組(『フリースタイルダンジョン』)とかに出ていて。「T-Pablowのバースがよくて、俺のはダメなのか?」みたいなことはないっすか?

(YZERR)もうなんか、そういう場合は……結構1個の曲に対して3、4人とかで書かせて、いちばんよかったのが2組選ばれるとか。

(渡辺志保)そうなんだ。そういうコンペ的な。へー、なるほどね! それはメンバーが多いからこその利点かもしれないですね。まあ、そうやって研ぎ澄まされた音源がパックされたという感じがするんでしょうかね?

(Benjazzy)そんな文句とかもでも、そこで出たりは別にしないですね。

(渡辺志保)あ、素晴らしいですね。逆に心が洗われるような感じがしましたけども(笑)。

(中略)

(渡辺志保)で、さっきの話に戻っちゃうんですけど、今回のMIX CDも聞いてフロウとかトピックとかもすごいなと思っていたんですけど、普段の楽曲制作のペースってどんな感じなんですか?

(Tiji Jojo)結構でも、作るって決まってから作り込むっていう感じですかね? 制作の期限とかが決まって、スタジオの日にちとかが決まって、そこに合わせて作ったり。

(渡辺志保)へー!

(YZERR)まあ、それは本当、理想の話なんですけど(笑)。

(渡辺志保)あ、YZERRチェックが入りました(笑)。

(Tiji Jojo)毎回、本当、そのスケジュール通りには……

(YZERR)『BAD HOP 1 DAY』が出た時って、3月何日だっけ? 

(Tiji Jojo)15。

(YZERR)15。で、「9時に出す」っつってたんでしょ? 俺ら、レコーディング終わったの、11時ぐらいだもん(笑)。

(一同)(笑)

(渡辺志保)よくある、よくある(笑)。

(YZERR)(公開が)ネット上じゃなかったら、あんなのもう成り立たないですよね。

(渡辺志保)まあね。もし本当にね、ちゃんとレコーディング会社と契約して「○月○日までにお店に」ってなった時には、その手法だと無理かもしれないけど……

(Tiji Jojo)『1 DAY』の時のは無理ですね。

(YZERR)まあ毎回な(笑)。

(渡辺志保)でもさっき、いろんなトピックなんかもシェアするとかっておっしゃってましたけど。逆に煮詰まっちゃうこととか、ありますか?

(YZERR)なんか1回自分が試すって言ったら変なんですけど。今回、いろいろみんな一人ひとりのスキルアップも含め、「全員一人ひとりでトピックもちゃんと考えて作品を上げてきて」って言って。2曲ぐらい全員上げてきたんですけど、みんな言ってること一緒なんすよ(笑)。

(渡辺志保)えっ、なにそれ? BAD HOPカラーになっていると?

(YZERR)みんなもう、トピックが「パーティーして」とか「金が……」とか。

(渡辺志保)いいじゃん!

(YZERR)全員同じなんすよ。「これを集めて作ったら、どうなっちゃうんだろう?」みたいな(笑)。

(渡辺志保)パーティーアルバム。

(YZERR)そうっすね。だから、煮詰まらないように「こういうのでやってみよう」みたいな提案をしたりとかしてます。

(渡辺志保)なるほどね。じゃあ、あえて広く。もうひとつ、質問を頂いております。(質問を読む)「『BAD HOP ALL DAY』、飲食店での配布も有りですか?」っていうことなんですが、どうでしょうか?

YZERR 『BAD HOP ALL DAY』無料CD大量配布予定を語る
BAD HOPのみなさんがblock.fm『INSIDE OUT』に出演。いまシーンの話題をさらっている彼らの無料配布CD『BAD HOP ALL DAY』のこれからの大量配布予定...

(YZERR)あ、全然、お願いします。よろしくお願いします。

(渡辺志保)じゃあ、あとはご本人同士でやっていただいてっていう感じですけど。じゃあ、ここでまた『BAD HOP ALL DAY』から1曲、お届けさせていただきたいんですけども。次の曲、どなたかご紹介いただけますか?

(Benjazzy)さっきも言ったんすけど、リリックとかがみんな同じになっちゃうぐらい基本、一緒にいて。毎日ほぼ一緒にいて。基本みんな酒を飲むんすけど。そういうパーティーチューンになってるんで……

(YZERR)大丈夫か?

(Benjazzy)すいません。ちょっと視点が合ってないんすけど……じゃあ、『24/7』。Benjazzy&YZERR、Let’s Go!

Benjazzy&YZERR『24/7』


(渡辺志保)はい。いまお届けしましたのは『BAD HOP ALL DAY』から『24/7』。Benjazzy&YZERRでした。ありがとうございます。ちなみに曲紹介していただいたのはBenjazzyさんでした。ありがとうございます(笑)。

(Benjazzy)(笑)。

(YZERR)なんなんだよ、お前(笑)。

(渡辺志保)すごい謙虚な感じですけど(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事