安住紳一郎 2016年の目標『清潔感をもったエイジング』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

安住紳一郎さんがTBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』の中で2016年の目標『清潔感をもったエイジング・歳を重ねていく』について話していました。



(安住紳一郎)今年はお正月早々も東京・関東は暖かかったですけども。暖冬という言葉そのものですね。まあ、寒い日はありますけれども、全体としては本当に、さほど冷え込み厳しくなくという印象ではないでしょうか?

(中澤有美子)ええ。楽ですね。

(安住紳一郎)はい。あんまり鍋物を食べたいという気持ちになりませんもんね。なりました?

(中澤有美子)うーん・・・ちょこちょこね、作りますけど。楽なので(笑)。

(安住紳一郎)ああー、たしかに。どうも(笑)。

(中澤有美子)すいません(笑)。

(安住紳一郎)コメントがさ、ちょっとやっぱりもう・・・

(中澤有美子)おばちゃんぽいですね(笑)。

(安住紳一郎)ですよね(笑)。

(中澤有美子)すいません(笑)。気をつけます。

(安住紳一郎)仕方ありません。仕方ありません。本当に、私も気をつけないといけないなと思いました。

(中澤有美子)いま、ちょっと思ったんですよ。自分でも。

(安住紳一郎)いや、私もそうなんですよ。納豆のパックのフィルムが上手に取れないとか、そういう話じゃないんだよなって思いながらも・・・どちらかと言うとね、そういう方に行っちゃうんですよね。

(中澤有美子)そう。なんか前はそうやってバランスを取るのがちょうどいいぐらいだったんですけど。今度、リアルっぽすぎて嫌ですね。

ぐうの音も出ないリスナーからの指摘

(安住紳一郎)そうですよね。わかります。私もあの・・・10ヶ月ぐらい前ですかね?ラジオ聞いている方に指摘されて、もうぐうの音も出なかったんですけども。『20代、30代の頃の独身男性のちょっと生活の荒れ方みたいなのを面白おかしく話してもらえた時は楽しく聞いてましたけども、安住氏ももう40を過ぎて、その昨今聞くあなたの生活の荒れ方はただただわびしい。そして不潔なだけです』っていう厳しい一言をいただいてからもう、私はずっと清潔感を持ってエイジングするっていうのが人生の目標になっていますね。
安住紳一郎 真夏の熱中症対策『めんつゆを直で飲む』
安住紳一郎さんがTBSラジオ『日曜天国』の中で、熱中症対策についてトーク。塩分摂取のための梅干しや塩昆布などが家になかった安住さんが、思わずめんつゆを直で飲んだという話をしていまし...

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)そうです。はい。

(中澤有美子)はい(笑)。肝に銘じたいと思います(笑)。

(安住紳一郎)そうですね。清潔感をもって歳をとっていくっていう。もう、それだけですね。

(中澤有美子)はい(笑)。

(安住紳一郎)いやー・・・そうです。私も1月1日と1月2日は実家のあります北海道に帰省いたしまして。北海道はやはり、関東に比べるととても寒くて。もう本当に『寒い』というその印象が強いですね。

(中澤有美子)そうでしたか。

(安住紳一郎)極寒ですね。若い、学生の頃は寒いっていっても楽しかったんですけども。もう、もう、『ええっ!?』っていう感じで。本当ね、言っちゃいけないんですけど、『よくこの寒さの中でみなさん、生活してますね』っていうことを、親戚みんなに言ってました。嫌なやつですけどね。

(中澤有美子)そうですね(笑)。

(安住紳一郎)本当の気持ちだから。

(中澤有美子)みなさん、どのような反応を?

(安住紳一郎)『ああ!?』って言ってましたけど。『ええっ?なに言ってんの?』みたいな。当然ね、ケンカ売ってるのか?っていう感じですけど。まあ、親戚だから言えますけどね。これ、赤の他人に言ったらね、軽い地方差別みたいになっちゃいますけどね。私がいちばん憎む相手だからね。で、私も他の人から言われると、『ええっ?あんな寒いところのご出身で?』って、カーッ!キーッ!ってなりますけども。

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)でも、リアルな感想として、『いや、こんな寒い中、えらいね、みんな』っていう感じですね。

(中澤有美子)そう(笑)。

(安住紳一郎)雪国、大変なんですよ。雪かきもありますしね。

(中澤有美子)そうですね。うんうんうん。

(中略)

(安住紳一郎)さて、2016年私も目標。不肖、私の目標は先ほどからお伝えしているように、今年1年、清潔感をもってエイジング。歳を重ねていくということですね。

(中澤有美子)はい。

(安住紳一郎)細目としては、『髪をまめに切る』、『背筋を伸ばす』、そして『憂鬱な表情の30%カット』です!

(中澤有美子)(笑)

(安住紳一郎)よろしく。今年も、よろしくお願いします。

(中澤有美子)また来週です。

<書き起こしおわり>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事