西寺郷太曲紹介コメント bump.y『孤独にVIVID』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 711

NONA REEVES西寺郷太さんがTBSラジオ『MUSIC 24/7西寺郷太TAMAGO RADIO』でご自身がプロデュースしているグループbump.yの新曲『孤独にVIVID』を紹介していました。

pinpoint 初回スペシャル盤

(西寺郷太)さて、ここからは今日の一曲。『POP先生 CHOICE!』。この時間は最近感じていることを話しながら、リスナーのみなさんにだからこそいま聞いてほしい1曲をご紹介する音楽トークコラムのコーナーです。今日、聞いてほしい曲は、bump.yで『孤独にVIVID』。はい、このbump.yというグループ、5人組の女子アイドルですね。僕がずっと子供の頃からの夢の1つに、子供の頃からの夢やったっていうのも変なんですけど、アイドルをプロデュースしたいなと思ってました。でまあ、そういうのが叶い始めたんですけど、しばらくすると人間って欲深いもので、アルバム全部1回作ってみたいなって思ったんです。

それで今回、その夢が叶ったのがbump.yという5人組ですね。桜庭ななみさん、松山メアリさん、宮武美桜さん・祭さんの姉妹と、高月彩良さんという5人組なんですけども。全部アルバムをプロデュースさせていただきました。編曲はSMALL BOYSやV6やSMAPも一緒に仕事している盟友の谷口尚久くんということで。危険日チャレンジガールズというね、TBSラジオから生まれたエレ片のグループも彼と曲を作ったりしたこともあります。さっきね、twitterを見ながらしゃべってるんですけど。『郷太さん、固いよ。今日』っていう指摘がありましたけど、バレました?宇多丸さんの前でラジオをこうやってやるの、ちょっと緊張していまして。僕をね、ラジオ。それまでもラジオ出てましたけど。NONA REEVESとして。

もうちょっとミュージシャン寄りっていうんですかね?音楽をミュージシャンが宣伝しにいくよっていう、そういうラジオ番組もあったんですが、宇多丸さんがTBSに引っ張ってくれたっていう恩人でもあるんで。非常にいま、固い僕もいます。けれども、その僕がプロデュースしたこのbump.yのアルバム『pinpoint』というアルバムが、12月18日に出るんですが。ある種の温故知新というんですかね?80年代のアイドルグループ、よくありましたけど。

グループもありましたし、ソロで、いろいろ女優さんもやりながら1曲ずつ曲を歌い、春はこの曲、夏はこの曲、イメージが変わって秋はこの曲、みたいな。口紅にCMとかいろんなもののCMソングで。イメージ、ぜんぜんちゃうな!みたいな。そういうアイドルというものを現代、1年ぐらいかけてやりたいなと思ったのが物事の始まるきっかけでですね。ちょっと聴いてもらいたいと思うんですが。アルバム10曲。タイプが違う今日が揃っております。その中から、リードトラック。ネットでも公式にYouTubeでビデオが見れますので、是非気に入った方は聴いてほしいんですが。bump.yで西寺郷太プロデュース。『孤独にVIVID』。



(西寺郷太)はい。bump.yで『孤独にVIVID』。いま聴いてもらっております。このあたり(間奏部分)とか、かなりNONA REEVES的なフレイヴァーも入れてるんでね、好きな人は聴いてほしいんですが。というわけでですね、以上、今日の1曲、『POP先生 CHOICE』でした。

<書き起こしおわり>

この曲、『(有)申し訳ないとFINAL TOUR@代官山UNIT』で西寺郷太さんがかけていたんですが、爆音で聴いたらちょうアガりました!ゴージャスでカコイイ!で、その際に郷太さんがこんなことを言ってました。


二丁目のゲイのみなさまがbump.y 『孤独にVIVID』で大盛り上がり!なんだかわかる気がする!bump.yも郷太さんもナイスです!

pinpoint 初回スペシャル盤
pinpoint 初回スペシャル盤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする