ピエール瀧が語る AKB48峯岸みなみ坊主謝罪事件の悪影響

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 745

ピエール瀧さんがTBSラジオ 赤江珠緒たまむすび内で、AKB48峯岸みなみさんの丸刈り謝罪事件が及ぼす悪影響について、こんな感じで語っていました。

(赤江珠緒)いやー、世の中いろいろ難しいなっていうことが・・・

(ピエール瀧)難しいですよー。坊主頭にもしなくちゃいけないしね。いや、俺あのニュース見ていて何が一番衝撃だったかっていうと、坊主頭にした云々もまあ、いいんですよ。

(赤江珠緒)峯岸みなみちゃん。

(ピエール瀧)それは知らぬ・・・そっちの都合だから知らねーんだけど。あれをやることによって、男が『坊主になれば済む』っていう反省のカードの効力を失ったことが、俺は一番・・・今、やらかす系の男子たちよと、なんかやらかした次の日に「スミマセン!坊主になってきたんで・・・」っていうカードが、全く通用しなくなりましたからね。あれのお陰で。

(赤江珠緒)たしかにね。

(ピエール瀧)何してくれてんだよと。本当に。こっち側も「坊主にしてきたんだから、しょうがねーな。」っていう風に言えたものが、もう今、女の子であれやっちゃってるから、男はもう『脳』見せるしかないでしょ。だって。

(赤江珠緒)カパッ!って開けちゃう。

(ピエール瀧)カパッ!ってハカイダーみたいにしてやってきて。上にドームつけて。そうするしかないですよ!何してくれてんの!外科的処理が必要になっちゃうからさ。やめて!

<書き起こしおわり>

反省男は黙って『脳』を見せろ!すげーことになってきたなwww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする