スポンサーリンク

中川家・剛 かまいたち・濱家の3歳の娘にお小遣いをあげた話

中川家・剛 かまいたち・濱家の3歳の娘にお小遣いをあげた話 ザ・ラジオショー

中川家の剛さんが2022年9月2日放送のニッポン放送『ザ・ラジオショー』の中でかまいたちの濱家さんがルミネに3歳になる娘さんを連れてきた際の模様を紹介。お小遣いとして1000円を渡した話をしていました。

(中川剛)この間、濱家くんが来てましてね。子供を連れて。女の子で、かわいらしい、キャッキャキャッキャいうて。「子供の声するな」って思ってパッと行ったら濱家くんが子供を連れてきてて。「うちの子供です」言うて。で、もうかわいすぎて、どうしたらいいかわからんからいつも、子供が来たら1000円あげるのよ。そしたらグシャッ!ってその1000円を奪い取ってね。それもかわいいのよ。

(中川礼二)かわいいね。子供がやるとね。

(中川剛)ほんで「あななとー」って言ってたわ。「ありがとう」って言われへんのよ。

(中川礼二)ああ、かわいいねー!

(中川剛)こっちからしたらもう、おじいちゃん感覚になってるから。もう子育ても終わってるからね。「ああ、ありがとう言うてんの?」って言うて。「あななとー、言うたの?」って。「よかったな!」って濱家が子供に言うてるのよ。「よかったな! なあ。1000円やって」「あななとー!」って。ほんで俺、楽屋に戻ったのよ。そしたら、濱家の声が聞こえてくるのよ。「よかったなー! 1000円もろたなあ! これで2000円やな!」って。「誰かあげたんかい!」って(笑)。

(中川礼二)フハハハハハハハハッ!

誰かが先に1000円渡している

(中川剛)誰か、先にあげとるな? 「これで2000円やな。よかったな」って。

(中川礼二)ごめん、剛さん。その1000円、俺やねん(笑)。

(中川剛)ほら。やっぱりそういうもんや。じじいはあげるわな。1000円(笑)。

(中川礼二)あげるわ。とりあえず、なんにも言わんと(笑)。

(中川剛)びっくりしたわ。「よかったな。これで2000円になったな」って(笑)。かわいらしい。

(中川礼二)コンビであげてましたわ(笑)。

(中川剛)かわいいですよね。本当にもう。ジャンポケ見た後やから、余計にかわいかったわ(笑)。

(中川礼二)おんなじ日やもんね。それが(笑)。

(中川剛)癒しなんです。本当に。もう濱家くんも仕事する顔じゃなかったもん。お父さんの顔になっているもんね。目尻が下がってね。

(中川礼二)なんか浴衣を着てね。3歳の女の子が。かわいいかったですよ。

(中川剛)「ほら、こらこら。そっち行ったらあかん」とか、言いたいよな?

(中川礼二)ああ、そうか。もう言わへんもんね?

(中川剛)もう言わへん。「そっち行ったらあかん」なんて。もう勝手にそっち行ってるから。「言ったらあかん」言うたって、行くし。そうなんですよね。

(中川礼二)で、女の子ってしゃべるの早いもんね。やっぱりね。

(中川剛)かわいいですね。本当に。で、あれは1万円だと濱家くんが引いてしまうしね。100円やと、なんか違うやん? 100円でなにをせいっちゅうねんってなるし。この1000円っていう、ちょうどいい単位があるんですね。日本には。なんとも言えない、この1000円。なんとも便利な1000円っていうのが。昔は500円札とかあったけど。でも500円玉っていうのもこれね、落としたり、口の中入れたりして危ないし。1000円っていうのはね。

(中川礼二)お札でね。

(中川剛)あの後、何万ぐらい行ったんかな?って思ってるんですけども。

(中川礼二)やっぱりみんな、あげたりする人もおるやろうしね。

(中川剛)しょうがないですよね。お金でしか解決できないっていうね。もう、じじいの頭の発想ですからね。

(中川礼二)フフフ(笑)。「これでなんか買ってもらい」って。

ちょうどいい「1000円」

(中川剛)1000円あげる。で、「1万円あげるからお釣り、9000円ちょうだい」言うたってそんなん、2、3歳の子にはわからへんしね。おもろないしね。

(中川礼二)おもろない(笑)。

(中川剛)まあ、かわいらしかったですわ。いいですね、女の子ね。あんなん、10人ぐらいおったらいいでしょうね。家に帰って女の子ばっかり、キャッキャキャッキャ言うて。そんなん、ありえへんけど。浴衣を着たちっちゃい女の子がね、ウロウロウロウロしてんの、かわいいですよねー!

(中川礼二)トコトコトコトコ歩いてね。

(中川剛)軽く追っかけたりしてね。「ほれほれほれ」言うて。俺、自分で「なにしてんねやろ?」って思って。「あかん、あかん」思うて。人を殺す勢いで舞台に立たなあかんのに。そんなの、あかんわ。

(中川礼二)あそこの切り替えは大変やろうね。あれはね。難しいよね。ほんまに。

(中川剛)しょうもないこと言わんでよかったな、思うて。黙って1000円渡して、パッと去りましたけどね。

(中川礼二)ちゃんと「ありがとう」って挨拶ができるのがまたね、偉いなっていう感じやな。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました