スポンサーリンク

霜降り明星『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミアの舞台裏を語る

霜降り明星『ONE PIECE FILM RED』ワールドプレミアの舞台裏を語る 霜降り明星のオールナイトニッポン

霜降り明星のお二人が2022年7月22日放送のニッポン放送『霜降り明星のオールナイトニッポン』の中で映画『ONE PIECE FILM RED』のワールドプレミアに出演した際の模様を紹介していました。

(せいや)いやいや、そうそうね。『ONE PIECE』はすごかったよ。だから、もう何やろうな? 何からしゃべっていいか、わからん……山田裕貴くんと一緒で。山田裕貴くんは俺、いろんな有名人というか、『ONE PIECE』好きな著名人みたいな人としゃべらせてもらってんけど。今までで一番しゃべれたというか。深いとこまで。「この人、『ONE PIECE』好きやねんな!」って思ったわ。山田裕貴くんは。

(粗品)それ、言うてたね!

(せいや)「めっちゃ好きやん!」みたいな。

(粗品)一番話、合ってたな。せいやさん。

(せいや)うん。なんか、セリフとかもめっちゃ覚えてるタイプやし。『STAMPEDE』のウソップの「援護こそ狙撃手の花道だ」とか。セリフを覚えてるんですよね。歌も……ゼファー先生の「海を見ている 世界の始まりも♪ 海は知っている 世界の終わりも♪……お前ら、やり直しだ!」とかも、ちゃんと山田くんは笑ってくれるんですよ。覚えてるんですよね。

(粗品)俺は笑われへんからな。知らんから。

(せいや)まあ、でも粗品さんも『ONE PIECE』の声優さんとか、あったかかったよね。みんなね、別に「ああ、こいつはアラバスタまで……」とかじゃなくて。

(粗品)ああ、でも最後、バレてましたよ? なんか、そのイベントとして俺はいつものエンジンではなく、控えめにしてるみたいな。せいやさんとか山田裕貴さんの方が結構好きなんをアピールしてたんで。で、俺はほんまに全然知らんから、静かにしてたんですけど。最後、「全員で写真撮ろう」って。

(せいや)はいはいはい。全員でね、すごいんすよ。「集合写真、撮ろう」、言うて。

(粗品)田中さんがしかも誘ってくれたんちゃう? 最初は主要キャストだけで……ってなっていたのを。

(せいや)「ちょっと、全員で撮ろうよ!」っつって。マジでルフィや。

(粗品)で、俺ら3人がちょっと端っこにおったら、「もう、来て来て!」みたいなんで。で、せいやさんと山田裕貴さん、案内されたでしょう? 真ん中に「こっち、こっち!」って。

(せいや)「チビは真ん中よ!」みたいなんで。俺はラッキーやった。「ちっちゃいからね!」って。

(粗品)で、山田裕貴さんはね、そんなにちっちゃくないけど真ん中に行って。で、俺はちゃんと大外やったからな(笑)。俺、誘われへんかったからな(笑)。すごいところにおったからな。

(せいや)お前はデカいからね。

(粗品)いや、山田裕貴さんも一緒やねん。身長。愛情がバレたんよ。

(せいや)覇気でバレた?(笑)。

(粗品)覇気でバレた。どうやら。

スポンサーリンク

覇気で愛情がバレる

(せいや)感じられた? いや、でもすごかったね。あそこに立てるっていうのは人生でもう、一生に1回というかね。世界が見守るイベントでしたから。

(粗品)ああ、ワールドプレミアを。

(せいや)すごかったしね。やっぱりそこで始まる前、田中さんがメイク室で「せいやくん、なんかネタやろうよ」って言ってくれて。「ええっ!」って。もう、しゃべるのも手いっぱいやったんですよ。声優の方と。ちょこちょこと「あれ、好きです」とか、「あのシーン、好きです」とか、なんとか隙間を狙って。「痛い奴」と思われへんギリギリのところを狙って。「○○さん、すいません! こんな機会、もうないんで……一言だけ、いいですか?」って。「サンジのホールケーキアイランドの『サニー号に帰りたい』……あれ、ちょっとヤバいっす!」とか。ちゃんと抜粋して。言いたいことも考えてきて。もうギリギリのところ、狙ってきてたんですよ。ほんま、しゃべっていいかどうかの。で、サンジ役の平田さんとかも優しくて。

(粗品)あの人、優しいな!

(せいや)すごい優しい。「あの言い方、あれで合ってるのかな?」みたいな。

(粗品)へー! そんな会話、してたんや!

(せいや)「ただ、その俺の声のやり方がいい? 広めなさいよ」とか言ってくれて。めっちゃ面白いな、あの人(笑)。

(粗品)あの人、おもろいな(笑)。

(せいや)ずっと粗品にもちょっかいかけたりとかしてくれて。優しいんですよ。で、もうギリギリのところで田中さんとやっと「すみません……コエンマも好きです」とか言って。『幽遊白書』の。

(粗品)コエンマ!?

(せいや)コエンマ(笑)。

(粗品)閻魔じゃなくて、コエンマ? なんなの? コエンマって?

(せいや)いや、コエンマの説明はできへん。コエンマなだけやから(笑)。

(粗品)ルフィがエグすぎて。他でコエンマもやってんの!?

(せいや)「コエンマも好きです!」とか、ギリのところを行って。ほんなら「ちょっと、せいやくん。なんかネタ、ないの? ネタ、仕込もうよ!」って言われて。俺もさすがに人見知りが出て。「いや、ないですよ……」とか言って違うところを見る、みたいな。それで1回、終わってん。破談というか。でも「いや、もう一生に1回やからな……」みたいな。それで勇気出してもう1回、田中さんに「あれとか、どうでっすかね? インタビューの時、僕がしゃべってて。ちょっとしゃべりが長い時に田中さんが『せいや、話が長いよ!』っつって。覇王色の覇気みたいに手を出してもらって。それで僕が倒れるみたいなの、どうっすかね?」って言ったらもう「よし、やろう!」ってなって。

(粗品)うわっ、すげえな! よう言うたな。

(せいや)もう、そやな。もうやるしかない。もうルフィと絡めるっていうね。でももう、ルフィを滑らすわけにいかんっていう、えげつないプレッシャーもあってんけど。で、始まる前に俺も山田くんに……山田くんはサンジ役の平田さんとなんかネタを仕込んでたんですよ。なんか、それで始まるねん。「なんかネタ、やろうよ」って。で、山田くんは平田さんとやる。で、俺は田中さんとやるっていう。で、本番前に「なんか平田さんとやるんやろう?」「そうなんですよ」「俺、田中さんとこれ、やんねん」みたいに言ったら山田くんが「俺も倒れていいっすか?」って。覇気で。

(粗品)ああー、ええやん、ええやん。

(せいや)「ああ、いいよ、いいよ。俺が倒れた後、田中さんに俺が『山田くんもなんか言ってますよ?』って振ろうか?」「あっ、いや、ええと、そうじゃなくて……」「じゃあ、俺より先に倒れる?」「あ、いや、でもどうしましょう? それやったらせいやさん……」って話していたら曲が流れて始まって。で、結局山田くんはできんかって。そのノリは。だから「ごめんな、山田くん」って。

(粗品)袖でネタ合わせ、うまくいかんかったんか。でも、倒れていたね!

(せいや)倒れていた。いや、すごいし。あと、僕ら個人的にチョーさん。ブルック役のチョーさんっていう声優さんがいらっしゃるんですけども。まあ、『いないいないばあっ!』のワンワンとか。

(粗品)そうなん? あの、緑の犬?

(せいや)どっちか言うたら白やろ? 白で、耳が緑やろ? あのワンワンとか。ほんでまあ、僕らが好きな『カイジ』の班長なんですよ!

(粗品)ねえ! 大槻班長!

(せいや)ブルックも好きやけど、やっぱり班長が好きやから。まずリハの時、チョーさんのところに行って。もう恥を忍んで。わかってるから。「あの、すいません。チョーさん。あの、せいやって言います。……班長も好きなんですよ」って言ったら、「ハハハハハッ、そうなんですか? 『ノーカンッ!』ってやつですよね?」って言ってくれて。

(粗品)エグッ!

(せいや)『カイジ』ファンやったらもう一番好きな班長の「ノーカンッ! ノーカンッ! ノーカンッ!」のところを……俺、生「ノーカンッ!」を見れたのよ。

チョーさんの生「ノーカンッ!」

(せいや)ほんで粗品がちょっと前におって。「おい、粗品!」って呼んで。「班長が『ノーカンッ!』ってやってくれたぞ!」って言って。ほんでチョーさんが「いえいえ(笑)」って。ちょっと恥ずかしがりはって。

(粗品)もうとてもじゃないけど「ノーカンッ!」、もう1回は無理やったな。

(せいや)粗品にも見てほしかった、あれは!

(粗品)お前、めっちゃ興奮してたもんな。

(せいや)「粗品っ!」って(笑)。

(粗品)「チョーさん、おる!」って。たしかにな、チョーさん……。

(せいや)俺、今日ほんまに子供みたいやったと思うで。

(粗品)子供みたいやったな。

(せいや)ずっと……衣装さんもメイクさんも「もう、入ってください」みたいに言われてるけど、ずっと粘ってリハ、最後まで。スタッフさんしかおらんのにもう最後まで粘って見るみたいな。最後の最後までおったな。本番ギリギリまで。このキャスト陣のリハも見たし。

(粗品)で、あれでしょう? サインを……。

(せいや)これがね、もうサカイくん、ありがとう。ほんまに。もうサカイくんに「いや、もうこんなん一生に1回やから。普段、そんなんせえへんけど……もうええか。『あいつ、アホや。痛い』って思われてもええか」と思って。「色紙、お願いしていい?」って言ってサカイくんにバーッて色紙、買ってきてもらって。で、色紙に一味のサインを集めるというこの、すごい夢をね、叶えるために。

(粗品)寄せ書き。

(せいや)恥ずいけど。「すいません!」っていう。静かに皆さんの楽屋に……もう離れてるんですよ。霜降り明星と山田裕貴くんは一緒で。キャスト陣は違う楽屋。そこに色紙を持って「すいません!」って。そしたらもう「おう!」みたいな。めちゃくちゃ、マジで麦わらの一味。優しい。「それより、写真撮ろうよ!」みたいな。もう、大谷さんとか、岡村さんとか、「ワーッ!」ってきてくださって。『サイン、ここでいいんですか?』とか。あと、ジンベエの宝亀さんも「俺がもうひとつ、なんのキャラクターやっていたか、わかるか?」って。

「いや、わかんないっす」「モリアです」「モリア!? モリアもやってるんですか! ゲッコー・モリアとジンベエっすか!」とか。もうめっちゃ気さくにしゃべってもらって。で、サインを集めて。全員の、麦わらの一味の……今回、ロビン役の山口さんはいらっしゃらなかったんで、サインはいただけなかったんですけども。その代わり、津田さんも書いてもらって。ヨンジとか、あとは『遊戯王』の海馬とかやってらっしゃる方。

(粗品)そうなん?

(せいや)津田さん、海馬やったんですよ。

(粗品)海馬瀬人?

(せいや)そう。俺、裏で「海馬、大好きです!」も言ったわ(笑)。「海馬が好きなの? 珍しい」「海馬、好きですよ」って。

(粗品)海馬は悪いやつやん?

(せいや)いやいや、モクバ思いのええやつよ。あいつは。

(粗品)いやいや、珍しいって(笑)。じいちゃんのブルーアイズ、破っとってんぞ? 1話で。あんなヤバいやつ……。

(せいや)「滅びのバーストストリーム」いうてね。で、全員のサインを集めて。ホヤホヤで楽屋に帰ってきて。「やったー! これでもう、思い残すことないわ!」と思ったけど、これ、ほんまに子供ん時みたいで。「友達、サインもらってないやん?」ってなって。ほんで山田裕貴くん、知らんと用意してて。さっきまで、あんだけ熱い気持ちで『ONE PIECE』を語ってて。俺、なんか1人でサインこんだけもらって……「これはあかんか!」ってなって。俺の悪魔と天使がささやいて。「せいや、行け!」って。天使と悪魔が働いて。「サカイくん、色紙!」って。もう1枚、余っていたのがあったから山田くんに「裕貴くん、これ、見ろっ!」って。俺の集めたサインを見せて。「えっ、なんすか、これ?」「今、チャンスや。行くぞ、一緒に!」っつって。

(粗品)いや、あれは熱かったな。

山田裕貴くんの分のサインももらいに行く

(せいや)「俺だけ先、行って。行けること、わかったぞ!」って。山田くんも「ありがとうございますっ!」とかって。熱い『ONE PIECE』の絆が芽生えましたよ。あれは俺、抜け駆けせんでよかったわ。

(粗品)ちょっとでもその色紙を見たけど、スペース空いてたね。ちょっとだけ。

(せいや)ちょっとまあ皆さん、寄せ書きなんで。

(粗品)じゃあちょっと、粗品のハナガサのサイン、入れておこうか?

(せいや)いらんって! お前のキャラ、ずっと言っていたけど。

(粗品)なんでなん? ハナガサもいるやろう?

(せいや)何回も言うけど。今日、お前と2人きりの時も言ったけど。お前がサインするってことは、雨に濡れるのと一緒やからな。

(粗品)どんだけ価値なくなるねん?

(せいや)価値ないんで。ほんま、ニンジンとか消化できてない結構固形のうんちがつくのと一緒やから。

(粗品)きしょいな。誰がうんちやねん。

(せいや)絶対にやめてください。

(粗品)ハナガサやぞ、おい?

(せいや)本当にすごいことが起きました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました