スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源 山下達郎『PAPER DOLL』『フェニックス』を語る

竹内まりや 山下達郎の自宅レコード棚を語る NHK FM

星野源さんが2022年6月25日放送のNHK-FM『今日は一日”山下達郎”三昧2022』の中で山下達郎さんの好きな楽曲を2曲、選曲。『PAPER DOLL』『フェニックス』について話していました。

(杉浦友紀)さあ、今日は様々なアーティストの皆さんにコメントを寄せていただいておりますが。実はもう1人、コメントをいただいております。音楽家、俳優、そして文筆家として活躍中の星野源さんです。星野源さんの作品に達郎さんがコーラスとして参加したり、プライベートでも達郎さん、そして竹内まりやさんとも親交があるそうです。それでは、星野源さんからのコメントをお聞きください。

<コメントスタート>

(星野源)どうも。『今日は一日”山下達郎”三昧2022』をお聞きの皆さん、星野源です。今日1日、達郎さんの音楽とお話がじっくり聞けるということで。僕も聞くのを楽しみにしています。僕がはじめて達郎さんを聞いたのは、ええと、ちょっと記憶が定かじゃないので。たぶんこうだったと思うんですけども。親が運転する車の中だったんですよ。僕の親、ジャズが好きではあったんですけども。それとともに日本の音楽も流していて。その中に達郎さんのカセットがあって。

で、60年代ぐらいのジャズの音楽とともにですね、達郎さんを音楽を移動しながら聞いたりしておりました。なのでもう、結構物心がついた時から。本当にちっちゃい時から達郎さんの音楽を聞き続けていて。数年前に直接お話することもでき。そして自分のアルバムの『Dead Leaf』という曲に参加していただいたりとか。本当にその節はありがとうございました。

で、達郎さんの曲で好きな曲を2曲ということなんですけども。ちょっとこれは選ぶのはなかなか難しいんですけども。その時によって変動するので。また、たぶん明日には変わっていると思いますが。僕は『PAPER DOLL』という曲と『フェニックス』を挙げたいと思います。『PAPER DOLL』ははじめて聞いた時、何歳だったかな? 自分がバンドを始めて……二十歳ぐらいですかね? そのぐらいの時だったと思うんですけども。「こんな音が、こんな演奏が日本人でもできるのか」というので非常に驚いた思い出があります。

僕は音楽のレコーディングをする時に楽器の鳴りみたいなものとか、あとはリバーブとかも含めて、質感みたいなものがとても大事で。その質感がなんか違うなって思うとですね、自分で作っていて曲が割と満足がいっていても、なんか歯切れが悪い感じに自分の中でなってしまっていたりするんですけども。こんなに質感が……響かなさ具合とか。楽器の音の鳴りが響きすぎてない感じとか。壁に音がしみ込んでいっているのかな? もしくは、どこのスタジオかな? みたいな。木の跳ね返りも、木が古いのかな? とか。そういうことを妄想しながら聞くのが非常に好きで。本当にこの曲の質感がめちゃくちゃ好きです。

ニューアルバム、完成おめでとうございます。本当におめでとうございます。ニューアルバム『SOFTLY』の2曲目に『フェニックス』のアカペラバージョンが収録されていますけども。ニューバージョン。それで久しぶりに2005 Remixの方ですけども。それを聞こうということで聞いていたら「うわーっ!」っていうか。今の、この世の中っていう……もちろんそのタイトルとか、アルバムのコンセプト。非常に、なんだろう? そういうのももちろんあると思うんですけども。なんか、昔に聞いたことがあるはずなのに今、達郎さんが耳元で励ましてくれているような、そんな感覚があって。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

達郎さんが耳元で励ましてくれているような感覚

(星野源)どうしても心が、非常に疲れますね。毎日、なにかしら悲しいことだったり、しんどいことだったり。文字を見るのももうしんどいっていうような日々なんですけども。結構限界かなっていう時に達郎さんのニューアルバムのお話を聞いて。一足先に、このコメントも含めてオファーをいただきまして。それでニューアルバムも聞かせていただきました。そこでも本当に心がほぐれるというか。達郎さん、お会いするといつも、励ましてくれるんですよ。達郎さんにそのつもりはないとは思うんですけども。僕が勝手に元気づけられるというか。

なにかを相談するっていうことは別にないんですけども。なんか本当にいい意味でムダ話みたいなものをずーっとお互いにさせていただいて。ただただ幸せな時間なんですけども。世間話っていうんですかね? 世間話みたいな。たとえば「音楽の話をがっつりする」とかじゃ全然なかったりするんですよね。本当に最近のこのニュースとか、この芸能のなんちゃらとか。最近、なにを食べたとか。言葉の端々に非常に、僕は勝手に励まされて。いつも元気をいただいております。

で、あとは音楽の話もさせていただく時に、音楽家としての心の中にある灯火みたいなものを……別に消えることはたぶんないと思うんですけども。弱ってくる時っていうのは確実にあって。それを達郎さんと、たとえば電話とかでも。なにか達郎さんと接触する時に、勝手にその灯火が、なんていうか火を強くしてくれるというか、大きくしてくれる。ご自身の楽曲にもものすごいエネルギーがある方だと思いますけども。周りにもそのエネルギーを分けてくれる方だなと思っています。

いつも、本当にありがとうございます。ニューアルバム、本当に素晴らしかったです。これからもぜひ、ご自身のペースで、自由に、自分勝手に、健やかに、過激に生き抜いてください。勝手に追いかけようと思います。それでは、星野源でした。

山下達郎『PAPER DOLL』

山下達郎『フェニックス』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NHK FM
スポンサーリンク
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました