スポンサーリンク

東野幸治『シン・ウルトラマン』を語る

東野幸治『シン・ウルトラマン』を語る 東野幸治のホンモノラジオ
スポンサーリンク

東野幸治さんが2022年5月13日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオ』の中で見てきたばかりの映画『シン・ウルトラマン』について話していました。

(東野幸治)ああ、そう! 今日朝、『シン・ウルトラマン』。今日初日の1回目、見てきました。いや、なんかドキドキしました。庵野さんが脚本を書いて総指揮で。監督が『ガメラ』の人……樋口さん。ヒゲモジャのメガネ樋口さんが監督でっていうところで。斎藤工くんとか長澤まさみさん、西島さんとかが出てて。見に行きましたん。だからまあ、ネタバレになるだろうから言えませんけれども。なんか山本耕史くんとか、よかったですよ。うん。

で、映画自体は2時間で終わって。「ああ、こういう話なんだ」っていうのがあって。で、最後いろいろ出演者とかスタッフとかで出てくるじゃないすか。やっぱり一番笑ったんが、「モーションアクションアクター」って言って。よく、そのブルーバック、緑のバックで全身タイツ着て、全身にボールみたいなのをつけてグラフィックで「こういう動きを……」みたいな。

たとえば『シン・ゴジラ』でもあったじゃないですか。野村萬斎さんが何か動きをやったとか、ちゃいましたっけね? それを、言うたらCGでゴジラの動きに萬斎さんの動きを足す、みたいなのをやってるじゃないですか。たぶん、そのことだと思うんすけど。モーションアクションアクター、3名の名前があって。そのうちの1人が庵野さんでした(笑)。

モーションアクションアクター・庵野秀明

(東野幸治)「ウルトラマンのスペシウム光線、やったんかな」って思いながら、笑ってました(笑)。「嬉しかったんやろうな」思うて。大学時代、なんかね、自主映画でウルトラマンのなんかパロディーみたいなのというか。ウルトラマンを撮って。途中から庵野さん、顔むきだしでやってましたからね。なんか安っぽいウルトラマンの衣装を作って……「ああ、夢叶ったんやな」って。他人やけど、夢が叶って。モーションアクションでね、スペシウム光線とか、なんか「ジュワッチ!」とかやってたのかな、とか。その想像をするだけで面白かったです。そこも注目してぜひ皆さん、『シン・ウルトラマン』を見てほしいと思いますし。

その上映前に『シン・仮面ライダー』のをちょっとやってましたけど。やっぱり笑ってまうよね。仮面ライダーの格好でなんかトレンチコート着てたら(笑)。だからもう原作に近い感じの仮面ライダーですから。「これ、どうなんねやろ?」みたいな。『シン・ウルトラマン』『シン・ウルトラマン』『シン・仮面ライダー』じゃないですか。シン・ゴジラとシン・ウルトラマンはデカいじゃないですか。デカいのと、言うたら内閣とか、自衛隊とか、法律とか、みたいな感じでね、戦っていくんですけど。

『シン・仮面ライダー』

(東野幸治)シン・仮面ライダーって、人間での大きさじゃないですか。だからなんか戦ってる映像、チラッと見ましたけども。「ああ、こんな感じなんや」みたいな。だから逆にどう……だって一対一で怪人と戦ってますから。なんか寂しい感じになるけど。それでなんか、バイク乗ったりとかしてるから。まあ、その改造シーンもどうなのかなとか。敵は……とか。ショッカーはどうなるのかな、とか。この『シン・仮面ライダー』もちょっと皆さん、注目してほしいと思います。以上でございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東野幸治のホンモノラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました