町山智浩『TOKYO VICE』を語る

町山智浩『TOKYO VICE』を語る たまむすび

町山智浩さんが2022年4月19日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でドラマ『TOKYO VICE』を紹介していました。

(町山智浩)でね、今日紹介するのはドラマなんですけれども。アメリカとか韓国とかの製作で日本を舞台にしたドラマが2本、今アメリカで配信が始まっていて。日本でもすぐ始まったり、既にしているのもあるんですが。それがすごく面白いんですね。まだ、ドラマの結末が見えてないんですけど今のところ面白いっていうので、それを紹介します。1本目は『TOKYO VICE』です。はい、音楽をどうぞ。

(山里亮太)おおっ!

(町山智浩)はい。懐かしいですね。くるりの『東京』ですけれども。これがかかるんですよ。『TOKYO VICE』の中で。っていうのはこれ、東京の2000年頃を舞台にした、なんていうか、半分本当で、半分フィクションの……ノンフィクションが原作のドラマですね。で、これはジェイク・エーデルスタインという若者が実際に上智大学を出て読売新聞に入社して。サツ回りの記者をやった12年間をまとめた本がありまして。『トウキョウ・バイス: アメリカ人記者の警察回り体験記』っていう本なんですけども。で、サツ回りっていうのは警察に行く記者のことですね。その本を元にしてるんですけど。

(町山智浩)この頃、2000年頃というのは非常にヤクザさんがまだ元気だった頃ですね。バブルの後始末をずっとしてた頃ですよね。債権関係のね。だからいろいろお金が動いてた頃なんで。それで警察のサツ回り……特にマル暴とか言われる暴力団対策の部門に彼、ジェイクくんはいろいろと中に入っていったことを書いた本がその『トウキョウ・バイス』なんですね。

で、「バイス」っていうのは「悪徳、犯罪」っていうような意味で。『特捜刑事マイアミ・バイス』っていうドラマが昔、あったんですよ。80年代にね。その「バイス」と同じなんですけど。これ、『マイアミ・バイス』のプロデューサーで映画版の『マイアミ・バイス』の監督だったマイケル・マンが実際にこの『TOKYO VICE』のプロデューサーと監督をしてますね。

(赤江珠緒)へー!

(町山智浩)で、ドラマシリーズで、日本ではWOWOWでもうすぐ放送なんですけど。4月の……今週か来週ぐらいに放送だと思いますけど。あ、今週末ですね。WOWOWが共同製作して東京で本当にロケしてます。コロナでロックダウン中だったんで、やりやすか
ったんだと思いますけどね。

(赤江珠緒)ああ、なるほど。20年前の東京ってどんな感じですか?

(町山智浩)あのね、見て思うのはとにかくみんな、すげえタバコ吸ってる。

(赤江珠緒)ああーっ! そうか。そうですね。

(町山智浩)すげえ吸ってるな!っていう。道端とかで吸っているし、居酒屋に行ってもすごい吸っているし。昔、すごい嫌だったんだけど、今見ると懐かしいですね。でね、これ主演のジェイクくんの役をやるのはアンセル・エルゴートですね。『ウエスト・サイド・ストーリー』の主役を演じたからです。で、これ撮影期間が相当長かったんだと思うんですけど。ドラマで今、僕は6話まで見てるんですが、どんどん日本語が上手くっていますね。

(赤江珠緒)アンセルくんが?

(町山智浩)彼、元々ミュージカルができて、歌が歌えるんで、耳がいいんですね。耳がいい人はね、言葉を文法とか関係なく、すぐしゃべれるようになるんですよ。ミュージシャンの人がみんな、英語がしゃべれるのは耳がいいからですね。でね、彼がどんどん日本語うまくなっていくんですよ。

(赤江珠緒)それは役柄的にはいいんですか?

(町山智浩)だから、リアルなんですよ。勉強してうまくなっている感じがわかって。で、警察の刑事が2人いて。1人は渡辺謙さんですね。彼は今のところ、真面目な刑事に見えるんですが……まあ、ちょっとわからないんですよ。で、もう1人の刑事が新宿署の警察官ってなってるんですけど、伊藤英明さん。この人は暴力団とズブズブです。悪い刑事ですね。その間でアンセル・エルゴートくんはいろいろと情報を集めていくんですね。で、新聞社の上司は菊地凛子さん。彼女はもう『パシフィック・リム』とか出ているハリウッド女優なんで、英語もうまいですけども。で、あとその頃ね、外国人クラブっていうのがあったんですけど。六本木とかに。今もあるのかな?

要するに、当時は円高だったから外国から……アメリカとかオーストラリアとかから白人の女の子が日本に出稼ぎに来ていた頃なんですよ。今、ある? 外国人クラブって。今、円安だからないと思うんだけど。来てもしょうがないから。でもあの頃は円高だったから、いっぱい女子大生とかが来て働いていたクラブがあったんですよ。で、そこで働いてる女の子が2時ぐらいに店がはけると、ホストクラブに行くんですね。で、せっかく稼いだお金を使っちゃうんですけども。そのホストクラブのホストが山Pです。もう、ベストキャスティングですね。悪いやつですよ、はい。

(山里亮太)ああ、悪いやつなんだ?

(町山智浩)いや、まだわからない。6話までだから。で、その女の子が山Pにお金をつぎ込んでるんですけどね。という展開でね。とにかくね、これヤクザがいっぱい出てくるわけですけど。この頃はまあ、とにかくヤクザもお金があるんですよ。債権のね、整理をやっぱり多く当時はやっていたんでね。まあ、バブルがはじけ始めた頃だから大変な債権の整理があって、仕事がいっぱいあったんですよ。

(赤江珠緒)そうか。いろんな大きなお金が動いてましたもんね。

(町山智浩)いっぱい動いていたから。で、東京の新宿あたりを仕切ってるヤクザのボスがですね、菅田俊さんですね。はい。英語、めちゃくちゃうまいです。すごい、びっくりした。で、東京に侵攻してくる大阪のヤクザ……まあ、はっきり言って山口組ですけど。その幹部をされてるのが谷田歩さんという俳優さんで。この人がめちゃくちゃ顔が怖いんですよね。ほとんどセリフはないんですけど、出てくるだけで怖いんですが。この大阪の大きい組とその新宿の組との抗争が基本的には描かれるんですね。

ヤクザの抗争が描かれる

(町山智浩)で、この谷田歩さんが演じている山口組のボスというのには実際のモデルがいて。その人は後藤という幹部だったんですね。山口組の。で、この後藤事件というのがあって、それを暴いたのがこの読売新聞のジェイクくんんだそうなんですよ。で、これはすごい事件でね。このボスは肝臓が悪かったんですけど。肝臓の移植手術を受けるためにアメリカに行きたかったんですね。アメリカでしかできなくて。ところが、アメリカに行けないわけですよ。ヤクザの幹部だから。それをね、FBIが取引して。彼がアメリカに来て手術を受けることを手配したんですね。

で、その代わり山口組の海外にある資産の情報をFBIに売るという取引をしたんですよ。彼は肝臓の手術をする代わりにね。で、50億円の海外資産がFBIに差し押さえられたっていう大変な事件があったんですよ。で、後藤っていう人も山口組には最終的にいられなくなったそうなんすけど。この方、まだご存命中で本を出したりしてるんですけどもね。で、それがどうもこの話の裏にあるらしいんですけど、まだ途中までなんで。ちょっとわかんないんですけども。

で、この『TOKYO VICE』ですごくいいのは、このアンセル・エルゴート扮するジェイクくんと仲良くなる東京のヤクザがいるんですよ。同じぐらいの年齢で。それを演じるのが笠松将さん。非常に背が高くてイケメンなんですけど。その、ヤクザなのに新聞記者であるアンセル・エルゴートくんが仲良くなっちゃうんですよ。笠松くんと。で、ズルズルになっちゃって。笠松くんが用意した女の子とラブホに行ってやっちゃったりしているんですけども。これ、ダメなんですね。暴力団からサービスの供与を受けてるんですね。で、「ヤバいぞ」っていうところまで、アメリカでは今、話が進んでいるんですけども。

で、渡辺謙さんが言うんですよ。「一旦、ヤクザとそういうことになっちゃうと、ヤクザに対してドアを開けると、そのドアを閉めるのは本当に大変だぞ」っていう風に言われてるのに、アンセル・エルゴートくん、チャラいから。その女の子のサービスを受けちゃうんですよね。ただね、その笠松はヤクザなんですけど、非常に真面目な、純情なところがあって。モルモン教徒の女の子が日本で働いているうちに水商売に落っこちちゃったんですね。アメリカからモルモン教の伝導に来ていたのにね。

その子にこの笠松くんはヤクザなのに、惚れちゃいけないのに惚れちゃうんですね。そのお店で働かせている、ある意味商売道具なのに。で、これはヤクザ者ではいわゆる死亡フラグが立ってる状態になってるんですよ。惚れちゃいけないんですね。というとこで、どうなるかな?って思ってんですけど。で、このジェイク。アンセル・エルゴートと笠松将くん……笠松将くんは撮影が始まった時には英語が全くできなかったらしいんすよ。でも6話まで行くうちにどんどん英語がうまくなってきているんですよ。すごいですよ。で、そのアンセル・エルゴートが日本語がうまくなってくるのと並行して、笠松くんが英語うまくなっきて。

2人が仲良くなっていくから、本当に仲良くなっていく感じってこういう感じなんですよ。英語をしゃべれる人としゃべれない人。それと日本語がしゃべれる人としゃべれない人との関係って、そうやってだんだん仲良くチャラチャラ遊んでいるうちにお互いの言葉がうまくなっていく感じがすごくリアルに出てて。実際に撮影中に起こってた感じですね。

で、2人が仲良くなるのはある歌を2人で一緒に歌うからなんですけど。それはバックストリート・ボーイズの『I Want It That Way』っていう曲なんですね。ちょっと聞いてください。

(町山智浩)はい。これは2000年頃に流行ってた歌なんですけど。これを彼ら2人で歌うんですが。笠松さんがこう言うんですよ。「この歌、歌詞がエロくね?」って言うんですよ。英語で。これ、『I Want It That Way』っていうのは「あんな感じでこれがほしいよ」っていう歌詞なんですよ。で、「これってエロのことだよね?」って笠松くんが言うんですよ。するとアンセル・エルゴートは「いや、俺はアメリカに住んでるけど、そんなの聞いたことがねえな」って言うんですね。で、これがアメリカですごくバズってるんですよ。

『I Want It That Way』のシーンがバズる

(赤江珠緒)ええっ? ネイティブだとどんな感じ?

(町山智浩)これね、アメリカ人も歌詞の意味がずっとわからないんですよ。

(赤江珠緒)そうなんですか?

(町山智浩)はい。20年以上前に大ヒットして。今もみんなが歌ってるのに、何を言ってるのかがわからない歌とされているんですよ。要するに『I Want It That Way』……「それをあんな感じでほしいぜ」って言っていて、何を言っているのかわからないんですけども。「あれな感じでそれがほしい」っていうと、エロい感じがするじゃないですか。だから日本ではエロい歌だと言われているんですけども。

(赤江珠緒)ああ、「It」とか「That」が入ってね。

(町山智浩)そうそう(笑)。「あれな感じでそれ」ってなんだ?っていう(笑)。

(赤江珠緒)じゃあアメリカのネイティブな人たちはあんまりそこ、突っ込まずに聞いてたんですか?

(町山智浩)「なんだ、こりゃ?」って言っていて。これが今、すごくアメリカで話題になっていて。この2人の会話から。で、その原因っていうのはこの歌詞を書いた人がスウェーデン人で。英語がわからなかったんで仮歌で仮歌詞を入れてたらしいんですよ。そしたら仮歌詞のままじゃないとなかなかリズムに乗らないんで、仮歌詞のまま歌ったっていうのが真相らしくて。元々、意味がなかったっていう(笑)。

(赤江珠緒)ああ、そうなの?

(町山智浩)そう。歌ってね、作曲家って仮歌詞を入れるんですよね。適当に。で、それがそのままになっているという、そういうことが最近わかって話題になってますという話ですけども。で、今のはWOWOWでこれから放送になる『TOKYO VICE』ですが。どうなるかわかんないけど、面白いすよ。で、もう1本はですね、東京が舞台なんですが、東京で作成してない話で。これはもう既にApple TV+で配信中の『パチンコ』です。

<書き起こしおわり>

町山智浩 Apple TV+『パチンコ』を語る
町山智浩さんが2022年4月19日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でApple TV+『パチンコ』について話していました。
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする
miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました