スポンサーリンク

佐久間宣行 歳の離れた人と接する時に気をつけていることを語る

佐久間宣行 歳の離れた人と接する時に気をつけていることを語る 山崎怜奈の誰かに話したかったこと。

佐久間宣行さんが2022年3月31日放送のTOKYO FM『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』の中でリスナーからの質問「歳の離れた人と接する時に気をつけていること」について回答をしていました。

(佐久間宣行)もう一通。「僕は個別指導塾で塾講師をやっているのですが、歳の離れた生徒の方と接するのが難しいです。佐久間さんが歳の離れた人と接する時に気をつけていることはなにかありますか?」。

とにかく僕ははじめての人とか、下になればなるほど丁寧に接するようにしています。それはですね、分断というか、「理解できないものはある」と思ってから接した方がいいと思いますね。「理解しあえる」というのは半分、誤解だと思っていて。その代わり、「理解できないものはあるけれども、お互いに知っているものはある。それを尊重しよう」っていう考えで接した方がうまくやれるなって。

お互いに知っているものを尊重する

(佐久間宣行)だから僕の場合は古典のおもしろいマスターピースは知っているけど、新しいものは若い子に聞くっていう風に決めて。その代わり、「それが好きなんだったら、こっちの古典もいいんじゃない?」みたいな感じで接することである程度、うまくやれているかな、なんていう風に思いますね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました