スポンサーリンク

椿鬼奴と東野幸治 SOUL’d OUT『To All Tha Dreamers』を語る

椿鬼奴と東野幸治 SOUL'd OUT『To All Tha Dreamers』を語る 東野幸治のホンモノラジオ
スポンサーリンク

椿鬼奴さんが2021年12月31日放送のABCラジオ『東野幸治のホンモノラジオSP~俺たちの紅白歌合戦~』の中でSOUL’d OUT『To All Tha Dreamers』を選曲。東野幸治さんと話していました。

(東野幸治)さあ、それでは鬼奴さん、次をお願いします。

(椿鬼奴)次の曲はSOUL’d OUTさん『To All Tha Dreamers』という曲なんですけども。

(東野幸治)これ、あれでしょう? SOUL’d OUTさんって邦楽なんですか?

(椿鬼奴)そうなんですよ。これ、邦楽なんです。

(東野幸治)SOUL’d OUTって字面は知っているんですよ。

(椿鬼奴)聞いたことはない?

(東野幸治)聞いたことはないです。

To All Tha Dreamers
ソニーミュージックエンタテインメント

(椿鬼奴)私もさっき、言いましたとおり90年代ぐらいから洋楽ばっかり聞いているんですよね。で、そこからお仕事もちょっと忙しくなったりすると、テレビで歌番組も見なかったりとかしてきて。

(東野幸治)だから自分の暇な時と、車に乗るとかっていう自分のライフスタイルのタイミング、タイミングで「この3年、聞く」とか「この5年、聞かない」とか。

(椿鬼奴)抜けている時期があるんですよ。で、そんな中でCDTVは深夜番組じゃないですか。で、そこは見れたりしていた時に……。

(東野幸治)CDTVって、TBS? 俺、やっぱり渋谷陽一マニアやから、テレ東を見るのよね。

(椿鬼奴)ああ、そうなんすね!

(東野幸治)『JAPAN COUNTDOWN』。テレ東のやつ。あっち側を見ちゃうのよ。いや、ええのよ、全然。あのTBSの星飛雄馬とか一徹みたいに顔が変わるやつね(笑)。

(椿鬼奴)あれも、ながら見みたいなものですよね。

(東野幸治)いや、別に否定しているわけやないで(笑)。

(椿鬼奴)慌てて私も言い訳しちゃって。そういうわけじゃない(笑)。ただ、見ていたんです。それで見ていたら、スタジオライブっていうのでSOUL’d OUTさんがラップの歌なんですけども。この『To All Tha Dreamers』を歌ったんですよ。そしたら、私はヒップホップ、ラップとかはビースティ・ボーイズとか、さっきも言いましたけどもファーサイドとかをライブで見て。「まあ、外国の人はこんなに舌が回ってすごいな」ぐらいで。

(東野幸治)ビースティ・ボーイズ、ライブで見たの?

(椿鬼奴)ライブ、行きました!

(東野幸治)どんなライブなの?

ビースティ・ボーイズのライブ

(椿鬼奴)やっぱりね、かっこいいですね。ヤンチャ感がすごいですね。

(東野幸治)演出みたいなのはあんまりないの?

(椿鬼奴)あんまりないですね。やっぱりシンプルで。DJのやつがあって、とか。でも、ちゃんと楽器もあって。

(東野幸治)センターの2人のやつがおって。

(椿鬼奴)で、本当にPVみたいに低めにラップをするみたいな。昔のヒップホップの形ですね。

(東野幸治)昔のオールドスタイルな感じよね。

(椿鬼奴)でも、ダボダボのXLの服を着て、キャップを後ろとかにして。で、前説っていうんですか? フロントアクトっていうか、連れてくるんですよね。ビースティ・ボーイズさん、自社のレーベルもあって。で、そこの若手の人を連れてきたんですけども、それとか、私は知らないバンドなんですけども。見ていたらまあ、輩のバンドでね。酒瓶を客席に投げつけて。それが友達の頭に当たって。本編のビースティ・ボーイズの時に少しみんな、悲しい気持ちになって見たっていう覚えがあって。

(東野幸治)でも、さっきビビる大木さんが言うてましたけども。火を付けたタバコを客席に投げるとか。それが楽しみっていうか。俺もだってオアシスを横浜アリーナに見に行った時……横浜アリーナのキャパやけども、やっていることはライブハウスでやっているような感じで。もう完全に営業なんですよ。ほんでちゃちい感じで後ろも証明をカラカラカラカラ回して。花みたいなのに変わるぐらいのやつでやっているから。途中でまあまあ、往年の曲をやるねんけども、途中で言うたら「ギャラガー兄弟、喧嘩してくれへんかな?」とか。

(椿鬼奴)仲が悪くて有名ですからね。

(東野幸治)弟のリアムのボーカルにケチをつけてマイクを投げて去っていって。兄貴のノエルがタンバリンを蹴飛ばしてボーカルをやって……とか。そんなんを目撃したいやん? ビール瓶を投げるもそうやけど、洋楽のライブを見る時は往年の曲をやったり、あとは喧嘩を見たいのよね。「えっ、これどうなんの?」みたいな。

(椿鬼奴)それは本当に食らいましたね。ただ、実際に友達に当たると話は別だったんですけども。

(東野幸治)申し訳ない、申し訳ない。で、SOUL’d OUTは?

(椿鬼奴)それで、そのスタジオライブの時に、当たり前なんですけども歌詞を見ずにすっごいスピードのラップをされるわけなんですよ。それを見て、J-POPとか日本のヒップホップを見ていないから「日本のラップ、こんなに進化しているんだ!」って思って。

(東野幸治)だからインテグラに乗っている時から一気に時代は未来に来てもうて。「ああ、こんなんなってるんや!」って。

(椿鬼奴)で、ラップが口が回るのって外国の人の文化だと思っていたし。日本の人は……元々、日本語ってちょっとラップを乗せにくいんじゃないか?って勝手に思っていたんですけども。

(東野幸治)それ、よく言いますよね。英語とか韓国語の方が当てやすいっていう。

(椿鬼奴)そうなんです。だからこんなに早いラップを日本人がするっていう、その技術に感動しちゃって。その曲だけをシングルをレンタルして、こればっかり聞いて(笑)。

(東野幸治)ああ、もうおばちゃんドハマリみたいな。石川遼くんのゴルフをはじめて見たおばちゃんみたいな(笑)。

(椿鬼奴)で、私は昔からどこで出すあてもなく、好きな歌を歌詞を移して何度もテープを巻き戻して歌うっていう趣味があったんですよ。

(東野幸治)じゃあ、出会うべくして藤井隆師匠にお会いしたんや。

(椿鬼奴)そう。それが後にこういう歌とかをテレビとかでも歌ったことがあるんですけども。人に見せる日が来るなんて思わないまま……。

(東野幸治)だって藤井隆一門ですから、椿鬼奴さんの鼻のところの黒とか、ソバージュとかの演出ももう藤井隆さんですもんね?

(椿鬼奴)でも線はキャサリン・ゼタ・ジョーンズさんの『シカゴ』っていう映画の『All That Jazz』の彫りを表現したんです。

(東野幸治)ああ、キャサリン・ゼタ・ジョーンズさん。わかりました。間違っていました(笑)。ソバージュとか時代の演出……鼻はキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。すいません。申し訳ありません。で、RGさんもそうやし。ほんで、カラオケを歌うイベントもあるし。ただ、藤井隆師匠はすごく厳しくて。100曲ぐらいの歌える楽曲のラインナップを渡されて「○、△、×」を書かなダメなんです。「歌える、ちょっとギリかな、無理です」って。RGがずっと書いているから「なにしてんの?」って聞いたら「実は藤井さんからこれを書くように言われているんです」って(笑)。厳しいですもんね。

(椿鬼奴)厳しいは厳しいですね。

(東野幸治)「ここまでの音、出ませんか?」とか。

(椿鬼奴)そうそうそう(笑)。「サボっているだけだから。本当は出るでしょう?」って(笑)。

(東野幸治)っていう一門ですから。だから、それはその前に遡ると別に歌うわけでも、誰かの前で披露するわけでもないけども。

(椿鬼奴)ないんですけど。「私はこの『To All Tha Dreamers』を歌いたい!」って思って一生懸命家で練習して。人前っていうか、カラオケでは歌ったりして。それで「すごいね」なんて盛り上がるんですね。Diggy-MO’さんとBro.Hiさんっていう2MCなんですけど、その2人分を私はやるんです。昔、スパイス・ガールズさんも4人分を全部1人でやったりとかもしていたんですけども。そういうのが好きなんですよね(笑)。

(東野幸治)いや、それは知らないです。そんな、その好きさはわかんないです(笑)。

(椿鬼奴)だからもう、うってつけの『To All Tha Dreamers』で(笑)。

(東野幸治)ちょっと、聞きたい!

(椿鬼奴)聞いてください。で、またこれもさっきのDragon Ashさんじゃないんですけども。ちょっとマイナー調っていうのかな? 歌の……いいんですよね。切なさもあって。

(東野幸治)じゃあ、歌終わりでまた聞きますんで。行きましょう。

(椿鬼奴)聞いてください。SOUL’d OUTさんで『To All Tha Dreamers』。

SOUL’d OUT『To All Tha Dreamers』

(東野幸治)いや、すごいですね。メジャーな感じですし。さっきのDragon Ashの感じのレコードのこすり具合が時代を感じます。

(椿鬼奴)ああ、そうですね。これ、2005年だ。そうなんですね。

(東野幸治)じゃあ16年ぐらい前。うんうん。

(椿鬼奴)それでも16年前(笑)。

(東野幸治)いや、ずっとかけながら歌っていましたからね。「ああ、実際に歌っていらっしゃるんだな」っていうところですからね。

(椿鬼奴)ちょっと癖があって。「D-R-E-A-M DREAM この胸にデカく強く」とか、これをやるのが好きなんですよ(笑)。

(東野幸治)言いたいフレーズとか、あるからね(笑)。よかったね。SOUL’d OUTさんも嬉しいんじゃないかな? 『To All Tha Dreamers』でございます。

椿鬼奴『To All Tha Dreamers』

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
東野幸治のホンモノラジオ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました