スポンサーリンク

星野源と菅田将暉 コメディを語る

菅田将暉と星野源『菅田将暉TV』を再び語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク

菅田将暉さんが2021年10月19日放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんとシットコムなどコメディについて話していました。

(星野源)だからこそ、あの時の病室の控室で「コメディをやりたいね」っていう話を……もちろん、コメディをいろいろやってる中で。あの、『菅田将暉TV』の話をさ、して(笑)。

(菅田将暉)ああ、そうっすよね(笑)。唯一、俺の『菅田将暉TV』を楽しんでくれた人なんでね。

(星野源)いやいや、楽しんだ人はいたでしょうけど。業界内では俺だけの可能性が……(笑)。

(菅田将暉)だけですね。確実に。

(星野源)アハハハハハハハハッ! ちゃんと全部見て、全部しっかり楽しんで。激烈に「すごいよかったね!」っていうパターンは(笑)。

『菅田将暉TV』

星野源と菅田将暉 2人の出会いとNHK『菅田将暉TV』を語る
菅田将暉さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演。星野源さんと2人の出会いやNHK BSで放送された『菅田将暉TV』の話などをしていました。 今夜の #星野源ANN は、ゲストに菅田将暉さんをお迎えして第4回“例の選手...
菅田将暉と星野源『菅田将暉TV』を再び語る
星野源さんがニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』にゲスト出演。菅田将暉さんのNHK BSの番組『菅田将暉TV』について、再び話していました。 星野源が #菅田将暉ANN にゲスト出演し、特別企画として、皆様の脳内で起きた“ア...

(菅田将暉)アンテナが半端ないんですよ(笑)。

(星野源)いや、たまたまなんだけど(笑)。

(菅田将暉)あれはそんな、だって時間帯も番組の枠もそんな……ほぼ、あんまりそんな見えるところでやっていたのではなかったはずなんで。1回放送したきりだし。

(星野源)そうだよね(笑)。それで、シットコムを……NHKでよく流れてた系のシットコムをやるみたいな感じで。それを「いやー、シットコムはいいね」っていう。その、菅田くんシットコムはやっぱり見たいよね。

(菅田将暉)シットコムって、なんでしょうね? あれね。うちの作家も元々好きで。「いいね」ってすぐに決めましたけど。なんか……またちょっと新喜劇的な、わかっていても面白いっていう。

(星野源)新喜劇的な要素とか、あとはベタっていうか、王道なんだけど、やっぱりグッと来ちゃったりするよね。

(菅田将暉)しますよね。なんか。

(星野源)なんか揉め事が3分の1ぐらいのタイミングでたとえば起きて。「Oh……」ってなって。「ドゥーン」ってなって1回、暗転して。その家の外観に「テレッテレッテレーン♪」ってなって。で、別の人たちが「あの話さ……」みたいな。からの、3分の2か、もしくはエンディング直前ぐらいでその揉めた人同士が自分たちの部屋でベッドに座りながら「ごめん……」って謝って(笑)。

(菅田将暉)「そんな反省するんだったらお前、そんなミスするなよ!」っていうね(笑)。また同じように間違えるから。これからもあいつらは。でも、それがいいっすよね(笑)。

(星野源)アハハハハハハハハッ! それがいいんだよね。でもなんか、グッと来ちゃうんだよなー。

(菅田将暉)わかる。でもそういう、ずっと時代を問わず見れるものみたいな。『釣りバカ日誌』とか、そういうの、いいっすよね?

(星野源)うんうん。そういうの、いいよね。

(菅田将暉)徐々に……もちろん年齢とかもあるけど。そういうレギュラーの作品ってね、なかなか一生に1本、あるかないかじゃないですか。

(星野源)いや、そうだよね。たぶん、そういうのに出会える人の方が圧倒的に少ないよね。

(菅田将暉)少ないですよね。だし、日本は枠も少ないから。なんかちょっとそういうのに対する憧れみたいなのも、もしかしたらあるかもしれないですね。

(星野源)面白いですよね。だからそれを全力でやってる菅田くんがなんか面白かったし。で、コメディの菅田くんっていうのももっと見たいなっていうのは改めて。

(菅田将暉)どうですか? コメディとシリアスなの、やりやすいとかあるんですか?

(星野源)僕? 僕は元々大人計画っていうところに拾っていただいて。劇団員ではないんだけど。主にその宮藤官九郎さん、松尾スズキさんの舞台に出させていただく時は、かならず笑いがある舞台なので。「コメディ」っていうとなんかちょっとまた違う感方向ではあるんですけど。基本的にその自分が芝居をすることで笑いが起きるっていう。それをやるのがなんかニュートラルっていうと、あれですけど。それを基本的にはやりやりたい。

でも、その映像っていうことになった時に、そのシリアスっていう方向と、面白いことっていうか、笑いを作るっていう方向の演技の方向は僕は一緒だと思っていて。『LIFE!』っていうコント番組に出させていただく時も、僕はコメディアンじゃなくて役者という気持ちで出ていて。振られた役をまっすぐやって、その人が台本の時点で面白いから。間違ってるから笑いが起きるっていうような……何かをおちゃらけて面白くしましょうっていうのは僕にはできないなと思ったので。

だから、その役によってそんなに方向性は僕、変わらないんですよ。だからどっちもやってて楽しいは楽しいんだけど。実際、振っていただく役としてはシリアスだったり……コメディって僕、ちょっと最近少なめなんで。なんかやりたいなっていう気持ちはすごい高まってはいて。菅田くんはどうですか?

(菅田将暉)僕もそこまでコメディをやっているわけではないですけど。うーん。単純に俺、もうゲラなんで。笑っちゃうんすよ(笑)。だから、コメディの方がある意味、苦手です。先輩のやつをもう笑って止めちゃっへたりとか。大丈夫ですか? 笑っちゃいません? ゲラじゃないですか?

ゲラだから笑ってしまう

(星野源)僕も『LIFE!』の時は基本的に笑っちゃっていた(笑)。やっぱり面白すぎるんで。周りが。そう。でも、それも許される現場ではあったので。だからこう……でもまあ、わからないようにしたりしてるけど、抜いていただいたりするので(笑)。その様子をね。

(菅田将暉)素笑いの美学ってちょっとありますよね。一番なんか楽しんでやれてる状態のギリギリのところっていうか。だから俺はもう毎度、そんなにコメディでやってるわけじゃないですけど。いわゆる福田雄一組とかやったりすると……。

(星野源)ああ、そうだね。思いっきりやっているよね。

(菅田将暉)もう本当に……そことの戦いです。

(星野源)ああ、なるほど。笑わないかっていう(笑)。

(菅田将暉)もうただただ、「笑わずに佐藤二朗を受けきれるか?」みたいな。

(星野源)二朗さんはもう無理ですよ(笑)。

(菅田将暉)アハハハハハハハハッ! もう、本当に(笑)。

(星野源)二朗さんに対しては、僕も前にご一緒したことがあって。面白すぎるんで、怒るようにしていました。心の中で。

(菅田将暉)ああ、めっちゃわかる!

(星野源)「ふざけるな!」っていう気持ちで相対すると、なんというか笑わないでいられるから。普通で楽しんじゃうと、面白いから。面白くなっちゃうんですよね。その、リアルで行くと「そんな急に声をデカくしないでよ!」とかっていう気持ちになったりするから。あの……(笑)。

(菅田将暉)あれはもうね、他の人はできないですからね。

(星野源)そうですね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
星野源のオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました