スポンサーリンク

博多大吉 吉本マネージャーのあいさつ問題を語る

博多大吉 博多華丸・大吉30周年福岡ドーム興行計画を語る たまむすび
スポンサーリンク

博多大吉さんが2020年12月30日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で吉本の新しく入ったマネージャーたちが芸人に挨拶をしない問題について話していました。

(赤江珠緒)でも、今はコロナなのでなかなかそういうイベントとかも社内では少ないですけど。昔はね、うちの親なんかの会社でもありましたもんね。

(博多大吉)会社の運動会とか?

(赤江珠緒)運動会とか、あとはなんだ、あれ? 文化祭だったのかな? 素人が書いている絵を飾って。「○○支店 赤江」みたいな感じで飾った絵を子連れで見に行ったりしましたもんね。そういうイベントも最近はないですもんね。

(博多大吉)うん。でもやった方がいいと思うよ。特に会社単位でね。まあ規模によるでしょうけどね。

博多大吉 博多華丸・大吉30周年福岡ドーム興行計画を語る
博多大吉さんが2020年12月30日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中で計画されていた博多華丸・大吉30周年記念、福岡ドーム興行について話していました。 #たまむすび /一足早く‼️華丸さん参戦💫\そして大吉さんのマネージャーさんに...

(赤江珠緒)そうなんですよ。そこでさっきの先生の吉本さんのね、「ああ、久しぶり!」っていう風に会ったりとかね。ありますけども。やっぱり共有する思い出みたいなものがね、失敗するにしろ、成功するにしろ、あることで……みたいなのがありますもんね。

(博多大吉)そう。じゃないとね、みんなオリラジみたいに「シンガポールに住む」とか言い出すよ。やっぱり多少は愛社精神を植え付けておかないと。

(赤江珠緒)そうですか(笑)。

(博多大吉)本当。もうね、ここから先はこんな30日に愚痴を言うわけじゃないけども。本当にね、社員教育がなっとらんのですよ、うちの会社は。挨拶をせんのですよ。新人のマネジャーが。

(赤江珠緒)ああ、それはよくないですね。

(博多大吉)よくないでしょう? 「なんでお前、霜降り明星にペコペコしといてこっちは無視すんの? なんで俺にあいさつないの?」っていう。「それじゃあ俺、霜降りのことまで嫌いになるよ?」っていう。まあ、ラジオを通じて霜降り明星へのメッセージです。マネージャーを教育しなさい!(笑)。

ラジオを通じて霜降り明星へのメッセージ

(赤江珠緒)フフフ、「意外と今年吐き出したいもの、ありますか?」っていうの、ありましたね!

(博多大吉)うちはちゃんと黒田も、今の小林にも、「所属タレントさんにはかならず、全員にあいさつしなさい」って言っているよ。

(赤江珠緒)それはね、所属タレントさんに限らず。仕事関係の人、全部ですよ。

(博多大吉)全部よ。本来は。なんやろうね?

(赤江珠緒)うちの古巣のABCとか、東京ほど規模は大きくないですけど。廊下で会う人全部に朝とかはあいさつをしなきゃいけなかったですよ。知らないけど。技術さんとか、他の番組とか、他の部署とかで知らないですけど。廊下ですれ違ったりする時はもうやっぱり「ヤバい!」みたいな感じで。「おはようございます!」って。

(博多大吉)そう。だからそういうあいさつもね、大事だなって。ちょっと前にね、今はNSCっていう吉本の専門学校みたいなのがあるでしょう? だから吉本の本社って結構「よくわかんないけど芸人です」っていうやつが多いのよ。稽古とかしてるから。まあ今からの新人さんが多いんだけど。その子らがいつの頃からかね、結構大きめの名札をつけだしたんですよ。「田中」とか「赤江」とか「吉岡」みたいな。で、それって芸人っぽくないやん? 名札って。

(赤江珠緒)うんうん。まあ、そうですね。「スタッフさんかな?」って。

吉本本社で名札をつけている若手

(博多大吉)いや、そんなのしなくても芸人は芸人でいいじゃん。こんな、わざわざお金を払わせて、「ここから人と違うことをやるぞ!」っていう人がね、どこの会社よりも大きい社員証みたいなのに「NSC○期生・○○」みたいに名前をつけてさ。「あれ、かっこ悪くない?」みたいなことを言ったらさ、「いや、これには実は事情がありまして……」「なんなの?」って聞いたら、そいつらとか、ちょっとよくわからない芸人さんが全員、うちの大崎会長を無視していたんですって。

(赤江珠緒)ええっ?

(博多大吉)会長が歩いていて……まあ、会長はあいさつしないじゃん?

(赤江珠緒)あとは「わからない」っていうのがありますよね。あまりにも接点がないとね。

(博多大吉)でも、なんとなくすれ違う時に目上の人が来たら頭ぐらいは下げるじゃない?

(赤江珠緒)まあ、そうですね。そうしておけばスルーできるけども。で、そのうちに「ああ、あの人が会長なのか」ってわかる時期が来るかもしれないですけど。してなかったらね。。

(博多大吉)全員が、本当に見事なぐらい。サッカーで言うと前後半を通じてスルーパスをかましていたみたいな状況があって。「なんじゃ、あれは!」ってなって。「全員に名札、つけさせい!」みたいになって。で、そこからそうなったんですよ。

(赤江珠緒)そうですか。

(博多大吉)だからね、どこかでこの流れを食い止めないといけないですよ。

(赤江珠緒)そうですね。ましてや、今年なんて本当にマスクもしちゃっているから。あいさつをされても「わからん……」みたいな人もいたりしてね。

(博多大吉)より一層、コミュニケーションを大事にしながら頑張りましょう。

(赤江珠緒)では今日の1曲目。嵐で『感謝カンゲキ雨嵐』です。

(中略)

(赤江珠緒)さあ、たまむすび。いつもオープニングでおしゃべりした内容からなんとなくメッセージテーマを決めておりますが。先生、今日のテーマ発表をお願いします。

(博多大吉)今日は、こちら。「ちょっと細かいこと、言わせて」。

(赤江珠緒)うん。「何かあります?」って言ったら意外と先生がね、ありましたもんね。

(博多大吉)まあまあ、今ラジオで言うことではないけども。まあ年末だから、いいか。バタバタっと思いましてね。いや、もっと細かいことを言うとこれ、3年おきぐらいに言ってるんですよ。我々芸人サイドは。新しいマネージャーに「あいさつをしなさい」って。「全芸人にあいさつをしなさい」っていう。

3年おきぐらいに芸人サイドは言っている

(赤江珠緒)うんうん。それはまあ、普通のことですもんね。

(博多大吉)おかしくないか?っていう。で、「わかりました」ってなるんですよ。

(赤江珠緒)なんか、あれかもしれないですよね。憧れとかがあって入ってきている方も多いでしょう? たぶんマネージャーさんとかだと。そうすると、「うわっ、本物だ!」ってなって……。

(博多大吉)うんうん。そういう言い訳は毎年聞くの。「だからそういうのは捨てなさい。吉本に入った時点でもう社員なんだから。かっこ悪いから。なんでお前、EXITの横にいるからってお前もEXITみたいな顔をしてこっちを見てるんだよ? まず、名を名乗れよ、てめえ!」っていう話よね。

(赤江珠緒)はい、はい。

(博多大吉)毎年やってるのよ。今、ちょうどそのサイクルに来ています。だから。たぶんね、火曜の山ちゃんも「よくぞ言ってくれました!」っていう風に言ってくれてると思う。相当……それでもうこれ、言うのもかっこ悪いし。

(赤江珠緒)先生ぐらいしか言わない?

(博多大吉)もう言わないんじゃない?

(赤江珠緒)そして、それを言われている赤江よ……みたいな(笑)。なぜ私がこんなド正面から「あいさつをしてない」みたいに言われていますが(笑)。

(中略)

(赤江珠緒)この時間から、華丸さんが来てくれました。

(博多華丸)どうも!

(赤江珠緒)今日もよろしくお願いします。

(博多華丸)ちょっと早い出番ですけども。

(博多大吉)いやー、なんかね、大変ですよ(笑)。

(赤江珠緒)大変。華丸さんも来てくださるし。華丸さんだけじゃなくて……。

(博多大吉)ねえ。外に行ったら吉本の社員がいっぱいいるから。「あれ、なに? どうしたん?」って言っていたらオープニングで僕が「若い社員、あいさつがないぞ」って言ったってことで。それが大騒ぎになっていて。今、霜降りのマネージャーが総動員で今、TBSに向かっているっていう(笑)。

吉本のマネージャー、TBSラジオに集結

(赤江珠緒)だからスタジオに次から次に吉本さんのマネージャーさんがあいさつに来てくださって。いやいやいや……びっくりするぐらい。

(博多華丸)しかも、粗品経由らしい。粗品がたまたまこの情報を知って。そこから回ってきて……だから大したフットワークだなって。

(赤江珠緒)すごいですね。いや、いい会社じゃないですか。ありがとうございます。もうなんか本当に暮れのご挨拶みたいに続々と……。

(博多大吉)粗品のチーフマネージャーがどんどんと若手を呼んで。「こいつは知ってますよね? こいつは知ってますよね?」って(笑)。なんかもう証人喚問みたいになっていて(笑)。「この子は知ってる?」って(笑)。違うんだよ。

(博多華丸)いや、本当、言われんよ。

(博多大吉)言われんな。というか、本当に改めて思う。みんな、仕事しようよ。よしもとクリエイティブ・エージェンシーよ。12月30日、大忙しのはず。あいさつは来なくていい(笑)。

(赤江珠緒)それで私もスタジオがいつもと違って。「後ろにドアを背負ってなんか不安なんです」なんて言っていたら、そのドアから次から次に社員さんが「どうも」「おはようございます」とかって言ってくださるんで。「ええっ?」みたいな。

(博多大吉)そう。うちの小林くんもなんか僕がオープニングで言った直後にあわてて赤江さんにあいさつに来て(笑)。「そういえば!」じゃないよ(笑)。他のタレントさんにまでする必要もないけどさ。

(赤江珠緒)いや、お気持ちはありがたい。うれしいです。ありがとうございます。

(博多大吉)失礼いたしました。粗品くんもごめんな。霜降り明星もごめんな(笑)。とんだ……EXITとかもみんな気にしなくていいからね。ラジオだから。お昼のラジオだから。

(博多華丸)そら話もね、大きく言いますから。本当は思ってないんでしょう?

(赤江珠緒)「しいて言うなら……」みたいな感じでね。「なにかあるかな?」って。

(博多大吉)ただあいつら、みんなYouTubeとかやっているから。見たこともないスタッフを引き連れている場合が多いから。より一層わからないよねっていう話は本番終了後にやりますか? 社員と。

(博多華丸)終わってなかったよ、ごめん!

(赤江珠緒)次から次へと(笑)。

(博多華丸)まだ帰らないで!(笑)。

(博多大吉)ねえ。元気にやりましょう。

(赤江珠緒)本当にありがとうございます。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました