スポンサーリンク

博多大吉『ちむどんどん』朝ドラ受けを語る

博多大吉『ちむどんどん』朝ドラ受けを語る たまむすび
スポンサーリンク

博多大吉さんが2022年5月25日放送のTBSラジオ『たまむすび』の中でたびたび話題になる「朝ドラ受け」についてトーク。緊急ニュースが入ったためこの日の『ちむどんどん』でできなかった朝ドラ受けなどを話していました。

(赤江珠緒)あとは、あれの話、しときますか? 先生。「朝ドラ受け」が度々、ネットニュースになる昨今っていうことですが。今朝はなかったですけどもね。

(博多大吉)今朝はちょっと臨時ニュースが入ったので。朝ドラ受け自体がなかったんですけど。昨日ね、ちょっと僕と華丸が言いすぎた面もあって。主人公の暢子ちゃんに。

(赤江珠緒)主人公。沖縄から出てきた料理人を目指す暢子ちゃん。立派なイタリアンのレストランに入ったものの……。

(博多大吉)そうそう。ちょっとまたね、オーナーさんとモメてるみたいなことでね、我々は苦言を呈しましたけども。いい? 言い訳しておいて。

(赤江珠緒)はい。

(博多大吉)あの、憎くて言ってるんじゃないんです。当たり前ですけど。僕ね、この主人公を演じている黒島結菜さん、すごく期待してたというか。

(赤江珠緒)素敵ですよね。かわいいですよね。

黒島結菜さんにすごく期待をしている

(博多大吉)覚えています? 黒島さんの前回の朝ドラ。前の前の前かな? 『スカーレット』っていう、戸田恵梨香さんが松下洸平さんと夫婦の陶芸家の役の時に黒島さんって登場したんですよ。で、めちゃめちゃね、「新星現る!」みたいな感じやったけど、与えられた役どころが、ほら。松下さん。旦那さんをちょっと奪うというか。

(赤江珠緒)ああーっ! そういう役どころでしたね。そうか。

(博多大吉)ちょっかいかける不倫相手みたいな役で。だから華々しいデビューだったけど、結局朝ドラってさ、視聴者の方も結構真剣に見てるから。その役のイメージで……。

(赤江珠緒)なるほど。私はその前のね、大河とかに出られている時のイメージがあるんで。うん。お姫様役だったりね。

(博多大吉)大事に大事にたぶんNHKもそうやし、事務所さんも育ててきたと思うんですよ。で、最初の朝ドラ……僕が認識したのは朝ドラで。そういう役で、めちゃめちゃ一生懸命演じてたと思うんですけど。役どころが役どころ。しかも不倫して旦那を取るみたいな役どころやったから。まあ、朝ドラを見ているのって主婦層が多いじゃない? やっぱり総スカンを食らったというか。「なんだ、あの子は!」みたいな。

(赤江珠緒)それはドラマだからね。役だから。

(博多大吉)ドラマなんだけど、あまりにもその声が大きかった記憶があるのね。だから「かわいそうだな」と思って。で、その後にTOKIOの松岡さんと一緒にドラマに出てた関係で、『二軒目どうする?』に1回、来たことがあるんです。黒島さん。で、一緒に飲んだことがあったんです。

(赤江珠緒)ああ、共演されたんですね。

(博多大吉)そうそう。で、その時に会った印象が本当に謙虚で、腰が低くて。でも明るくて、真面目そうで。もう本当にすごくいい方で。で、スタッフさんもみんな大事に大事にされたから、いつかこの『スカーレット』でね、背負わされた旦那を取る泥棒猫みたいな、そんなイメージが覆されるといいなと思ってたら、次期朝ドラの主演が黒島さんだってなったから、それをものすごく楽しみにしているんです。

(赤江珠緒)うんうん!

(博多大吉)が、あんまり今んところね、好かれるような主人公じゃないから。もうなんで……。

(赤江珠緒)まあ天真爛漫なね、感じですけど。たしかに、あのきょうだい全体がね、うん。

(博多大吉)もう一家全員が……だからそのへんのモヤモヤがちょっと乗っかってるっていうのは正直、あるんです。これはだから、もうプロとして失格だなと思って。

(赤江珠緒)まあまあ、いいんじゃないですか? それだけその作品に思い入れを持って見ているっていうことですから。いろんな感想があっていいんじゃないんでしょうかね。

(博多大吉)もちろんね、見てない方もたくさんいると思うんで、軽くあらすじを言うと、今日の朝ドラの終わりは長女とずっとプロポーズしてた地元のボンボンがね、いよいよ結婚する。長女は他に好きな人がいるけど、結婚をするみたいな。

(赤江珠緒)そうですね。そしてそのボンボンは、言葉を選ばなければパープリンな感じであるという(笑)。

(博多大吉)だいぶ選ばないね(笑)。いい人に変わりはないんだけども、なんせその背景とかもよく見えないから。この人を嫌がってもいいのか、すすめたらいいのかよくわからないまま、いよいよ顔合わせだってなって。で、ダメ兄貴がさ、その結婚相手の親からいくらかもらおうとしてるとか。というので終わったんですよ。「この後、その親族顔合わせで誰も想像しなかったことが起きるとは……」みたいなので終わったから。いや、何が起きるかって、そらもう兄貴の緊急逮捕しか僕はないと思うんですね。

(赤江珠緒)ええっ?

(博多大吉)もうあのニーニーは俺、1回捕まえなあかんと思う。だってもう、犯罪だもん。もう詐欺だもん。あんなのは。

(赤江珠緒)ええっ? ああ、そうですか。

「ニーニーは1回、捕まえなあかん」

(博多大吉)まあ、こういう朝ドラ受けは今日、一応言うつもりではいましたけども。ニュースが入ったんで言いませんでしたけどね。

(赤江珠緒)じゃあ、『たまむすび』でね、ちょっと流させていただきました。

(博多大吉)すいませんでした。うん。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
たまむすび
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました