スポンサーリンク

Creepy Nuts RIPSLYME・RYO-Zとのトークを振り返る

RIPSLYME・RYO-Z タモリから学んだ玄人の酒の飲み方を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

Creepy Nutsのお二人が2020年12月15日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』ミクチャ限定アフタートークの中でRIPSLYME・RYO-Zさんとのゲストトークを振り返っていました。

(DJ松永)すいませんね。ちょっとRYO-Zさんと話し込んでまして……。

(R-指定)ちょっとね(笑)。

(DJ松永)これがね、先ほど本番のエンディングで言っていた「リスナーの皆さんには聞かせられない話」っていうのを今、聞いていて。たしかにこれはボムでしたね。

(R-指定)これはたしかに聞かせられへん(笑)。

(DJ松永)でも、もしあの歯車がまた違っていたら『証言』はできていなかったっていう話。すごいね!

(R-指定)だから、なんか思ったのが、RYO-Zさんってそれこそ、ヒップホップのシーンの最前線にいつつも、なんとなくギドラやったりRHYMESTERやったりEAST END。先輩たちとか、後に自分たちよりも年下のラッパーたちをやっぱりヘッズの目線で見ているっていうのはすごい……俺もおこがましいけども。近いものを感じるっていうか。「この感覚やったんや!」みたいな。

(DJ松永)そうか。ヒップホップの一線でずっとやっていて、かつ音楽シーンの最前にも出てやりながら、単純にヒップホップヘッズでもあるって、たしかに近いものがあるね。

ヘッズとしてチェックし続ける姿勢

(R-指定)しかも日本語ラップのすげえヘッズでもあるし。いろんなラッパーをチェックしてるみたいなところが。

(DJ松永)いやー、いろいろお話が聞けたな。ちょっと今日、本当に時間足りなかったな。で、こんなにいろいろ話してくれるとは思わなかったよね。

(R-指定)そうそう。ホンマに!

(DJ松永)「えっ、いいんすか、こんなに聞いちゃって?」って。なんか、そう。「ズケズケと聞いちゃっていいのかな?」っていう思いがあったけど。RYO-Zさんの方からめっちゃ話してくれて。

(R-指定)逆にRYO-Zさんがいろいろとお話をしてくれて。嬉しかったな。

(DJ松永)だってリップ目線のさ、日本語ラップシーンの黎明期から今の話なんてなかなか聞ける話じゃないですからね。

(R-指定)いやー、聞けないですよ。

(DJ松永)これはスペシャルウィークだったわ。フフフ……ウタさんが会議室を取って「お前らは今日からFGだ!」って(笑)。

(R-指定)最高やな(笑)。

(DJ松永)そんなこと、ある?(笑)。強制FGっていうのがあったんだな(笑)。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

「お前らはもうFGなんだ」(宇多丸)

(DJ松永)でもFGっていうのはすごいグループですね。全員一線級だもんな。

(R-指定)また来てもらいたいですね。

(DJ松永)来てもらいたい。いやー、でもいい番組をやらせてもらっているね。こんなこと、聞けないよ?

(R-指定)こんなこと、できるんや。嬉しい(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました