スポンサーリンク

RYO-ZとCreepy Nuts FGクルーとRIPSLYMEを語る

RIPSLYME・RYO-Z タモリから学んだ玄人の酒の飲み方を語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

RIPSLYMEのRYO-Zさんが2020年12月15日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン0』に出演。Creepy Nutsのお二人とFGクルーやRIPSLYME結成について話していました。

(DJ松永)RIPSLYMEでもクラブ営業していた日々があるっていうことですよね?

(RYO-Z)もちろんだよ。だって最初はみんなそうでしょう?

(DJ松永)いつですか?

(RYO-Z)でもそれこそ……でもね、メジャーデビューしてからも並行してやってたよ? 全然、なんかFAMILYのFGナイトなんかはもうデビューして……だからKICK THE CAN CREWもやっているし、俺たちもやっていたから。

(DJ松永)そうか。FGナイトがあるか!

(RYO-Z)すげえ人に来てもらえて。

(DJ松永)そうか。めっちゃみんなメジャーどころがいるけど。そのメンバーでクラブイベントをやっていたわけですよね?

(R-指定)これ、ちょっと前提として皆さんにお話すると、それこそFGクルーっていうのがあって。この番組にも来てもらった宇多丸さん、RHYMESTERがいて。それでEAST ENDさんがいて、MELLOW YELLOWさんがいて。で、RIPSLYME、KICK THE CAN CREWとかいたんですよね。すごいそういう……。

(RYO-Z)うごめいていたっていう。

(R-指定)それがひとつになっているのがFGクルーっていう。

(DJ松永)全員、アホみたいに売れているっていう(笑)。

(R-指定)すごいよ。超レジェンドグループよ。

(RYO-Z)だからね、ええとね、RHYMESTERの30周年のところに『R30』っていうイベントをやった時、まあ見事に一同が結構集結して。それで結構……「よくよく考えるとなかなかすごい青春だったな」っていう(笑)。

(DJ松永)いや、ありえないことですよ。そんなに一気に集結するようなユニットがあったなんて。

(RYO-Z)そうそうそう。僕らはね、EAST ENDの直系の後輩で。

(DJ松永)そもそも加入のきっかけはEAST ENDなんですか?

EAST END直系の後輩

(RYO-Z)うちのDJが当時、まだフミヤが入る前にシゲとショウジっていう2人、DJがいたんだけども。そのシゲくんの方がGAKUさんの妹さんと学校が一緒で。で、「僕の同級生のお兄ちゃんがラップやってるんですよ」みたいな話で。で、俺が高校ぐらいの時ってさ、ラップを聞いてるやつがまず、いなくてさ。ヒップホップを聞いてるやつがまだ学校にいないのよ。

(DJ松永)なるほど!

(RYO-Z)でもたまたま修学旅行で、そいつがチャンピオンのセットアップのスエットを着てるのを見た時に、「こいつ、ラップとか聞きそう」って思って話しかけてみたら「すごい聞いてるよ」みたいな話になって。「えっ、なに聞いてるの?」なんていう話になって。「いや、日本語のラップもかっこよくて。スチャダラパーとかも聞いてるんだけど。EAST ENDっていうラップグループが僕の同級生のお兄ちゃんがやっているグループで……」「えっ、ライブとかないの?」って言って。それでライブに行ったのがきっかけみたいな。

(R-指定)最初はそのライブをお客さんとして見に行ったっていう感じですか?

(RYO-Z)うん。全然。ただのクラスメート、仲間の同級生のお兄ちゃんがやってるみたいなぐらいの感じで。それで、当時、テレビに出ていたのよ。コンテスト番組みたいなのに出ていて。EAST ENDって当時、GAKUさんが1MCの2DJっていうスタイルで出ていて。俺はそれを見ていたから。「ああ、知っている! EAST END!」って。

(DJ松永)「テレビに出てる人じゃん!」っていう?

(RYO-Z)「『ひ、と、め、ぼれ♪』のあのGAKUさんですね!」っていう。それで知っていたから。それで結構、よくそのライブとかに行っていて。そうしたらRHYMESTERとかMELLOW YELLOWがライブをやっているじゃん? その時に思ったわけ。俺はね、ダンス小僧だったから。

(R-指定)その時はダンスをしていたんですね。

(RYO-Z)ダンスが好きで。当時、「ダンス甲子園」とかもやっていて。で、すごいダンスが流行っていた時に、だからヒップホップ、ラップミュージックを聞いていたんだけども。でも、生で日本語でライブをやってるなんていうのは初めてだったから。それを見た時に「絶対こっちの方が目立つ!」と思ったのよ。

(R-指定)ああ、なるほど(笑)。

(RYO-Z)「絶対に目立つし、モテる!」と思って。それでそっちに入っていったっていうね。

(DJ松永)なるほど。じゃあRIPSLYMEを組む以前にそもそもお付き合いがあったんですね。GAKU MCさんとは。

(RYO-Z)そうそう。もちろんEAST END、RHYMESTER、MELLOW YELLOW。先輩たちのライブに行って。なんかもうずっと周りをうろうろして。バンドで言うところのローディーっていうのかな?

(DJ松永)付き人っぽい感じというか。

(RYO-Z)細々したことを……「何でも言ってください!」みたいな感じで。

(DJ松永)へー! じゃあ、もう本当にウタさんとかびっくりしただろうな。「あのローディーの子が死ぬほど売れてる! ちょっと待って!」みたいな(笑)。

(RYO-Z)ウタさんはよく言っていたけど。本当に。スチャダラパーが行って、EAST ENDが行って、RIPSLYMEやKICK THE CAN CREWが行くわけじゃない? 「俺たちの目の前を急行が通り過ぎていくんだよ」って(笑)。

(DJ松永)フフフ、急行が(笑)。鈍行の目の前を(笑)。

(RYO-Z)「俺たちは鈍行に乗っていた」っていう(笑)。

(R-指定)リップを組んだのはRYO-ZさんがFGでなんとなくみんなと仲良くなった後なんですね?

RIPSLYME結成

(RYO-Z)ただね、地元の友達なんだよね。イルマリとかは。

(DJ松永)ああ、そうなんですね。

(RYO-Z)そうそう。イルマリくんはまず地元、隣町の子で。小学校の時ぐらいから、だいたいまずハーフだから。「足の速いイケてる子」みたいな。わかる?

(DJ松永)ああ、超モテるやつだ!(笑)。

(R-指定)しかもあの感じですもんね? めっちゃかっこいいやん!

(RYO-Z)あの感じで。アシックスのハイソックスを履いてさ。足が速い子みたいな。「あの1個下の子ね。荻原くんね」みたいな。有名だったよ。

(R-指定)フフフ、本名(笑)。

(DJ松永)RYO-Zさんは最初、1人でラップを始めたんですか?

(RYO-Z)いや、だから俺はそういう環境があったからやり始めるんだけど。時を同じくしてイルマリくんもダンスを……あいつ、渋谷の学校に行ってるぐらいだったから、もうイケてるわけですよ。渋谷の学校ですから。それでその2個下にペスがいたのよ。

(DJ松永)じゃあ、みんな結構地元が近いわけですね。

(RYO-Z)まあ、環境的につながっていくっていうか。で、EAST ENDにバックダンサーがいて。それがタケさんとスーさんっつって、うちのスーさんになるわけですよ。で、タケさんの弟がフミヤだから。

(DJ松永)へー! 本当にマジで兄弟分っていう感じですね。EAST ENDと。

(RYO-Z)そうそう。すごい近しいところで集まっているっていう感じなのよ。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました