スポンサーリンク

バカリズム プレッシャーや緊張への向き合い方を語る

バカリズム 自分の弱さや隙をなかなか見せられない話 佐久間宣行のオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

バカリズムさんが2020年10月21日放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0』にゲスト出演。佐久間宣行さんとプレッシャーや緊張への向き合い方について話していました。

(佐久間宣行)メールが来ております。「会社で偉い人に向けてプレゼンする時など、緊張しそうな時の前にはトイレに篭もり、スマホで僕が一番テンションの上がる伝説の早撃ちガンマン、ボブ・マンデンが一瞬で2個の風船を撃ち抜く動画を見て自分を鼓舞しています」っていう。升野さん、そういうことあります? なんか要はテンションが上がる動画とか。これ、ジュニアさんが言っていたんですけど。結婚して、子供とか抱っこしていた家にから、たとえば『すべらない話』に向かう途中。そのモードを切り替えられなくて、結局ロシア人の喧嘩の動画を見るらしいんですよ(笑)。

(バカリズム)ああーっ!

(佐久間宣行)ロシア人の喧嘩、あるじゃないですか。それを見て、気持ちを要はファミリーモードから切り替えて収録に臨むとかって言ってたんですけど。

(バカリズム)僕もいろいろやったんですよ。動画を見るとか。たとえば自分がちょっと好きな激しめの音楽を聞いて自分を鼓舞するみたいな。いろんなパターンをやったけど、結局結果には繋がらないことが分かって。だからもう、プレッシャーとか、そういういろんな緊張とか不安とかは抱えたまま現場に行くっていう。

(佐久間宣行)なるほど。

緊張や不安を抱えたまま現場に行く

(バカリズム)だからよく、「息抜きの方法とかありますか?」とか「落ち込んでいる時の……」とか。もう、そういうのも結局いろいろと試したけど、何も変わらないから。だからもう、いろんなものを抱えたまま朝を迎えるっていう(笑)。

(佐久間宣行)フハハハハハハハハッ! いや、俺はそれ、聞きたいんですけど。この間、若林くんが『あちこちオードリー』で……もう放送されたからしゃべっていいんですけど。ダウンタウンの松本さんの番組を仕切るっていう。そういう番組を松本さんとやるんだけれども、その時は「俺はもう、これで干される。めちゃくちゃすべって干されて終わる」っていう風に逆に思いっきり思って。

「もう今日で死ぬ」みたいなことを思った方が上手くいくっていう。若林くんはそういうパターンなんですって。でも、そうじゃない人もいるじゃないですか。めちゃくちゃ成功するイメージを抱えてから行くとか。升野さんとかの場合って、毎回の単独、俺からすると信じられないわけですよ。1人でね、7、8本のネタで。自分のセンスしかないから、ウケてもすべっても全部自分のせいっていう現場に行く前の初日。どういう気持ちでやっているんですか?

(バカリズム)地獄ですよ。単独ライブなんか。そうですね。1回ね……若林さんも1回、1人でやったじゃないですか。その時に「ああ、やっぱりそうなんだ」っていう話ができたんですけど。一番つらいのが、本番前の開演前5分なんですよ。開演5分。それまではスタッフさんとしゃべったりとか、なんとなく楽屋にみんな、衣装さんだとかいて。

なんとなく、いつもいるメンバーが雑談とかしたりしながらほぐしてくれるんですけど。最後の5分は、みんなそれぞれの持ち場につくんですよ。で、本当に楽屋で1人になる5分間があるんですよ。ここがめちゃくちゃ長いんですよ、もう。ただ1人、恐怖と向き合わなければいけない。で、なんかね、その時は僕、モニターを切ってるんですよ。それは客席のザワザワも聞きたくない。

聞けば緊張するし、その時に場内アナウンスも流れたりするから。「もう始まるんだ」っていうことを叩きつけられちゃうから。とにかくもう、できる限り無になるというか。それでセリフをなんか反復しながら。そして3分前ぐらいに1人で……もう本当に死刑台に向かうような気持ちで。

(佐久間宣行)「死刑台」って!(笑)。単独ライブ、言ってみればファンしかいないじゃないですか。

(バカリズム)ファンしかいないけど、やっぱりあそこに立ったらまず、最初のひと笑いが起きるまではもう全員敵にしか見えないんですよ。敵としか思えない。

(佐久間宣行)客……まあ、でもたしかに、升野さんのファンって俺、単独を10年以上、たぶんほぼ全部行ってるけど。ファンじゃないですよね?

(バカリズム)フフフ、審査員(笑)。

(佐久間宣行)そう。フハハハハハハハハッ! 俺ね、「ファンじゃないな」って思っているんですよ。ファンだったら最初、出てきた瞬間に「わあっ!」とかなるじゃないですか。バカリズムの単独だけよ。ちゃんとしたボケまで誰も笑わないの(笑)。

(バカリズム)フフフ、すごくいいことなんですけどもね。ありがたい、健全なことなんですけども。でも、めちゃくちゃ怖いから。だからもう細かいことなんですけど、客入れの音楽があるじゃないですか。あれって、実は最初の7、8年ぐらいはずっと同じやつを使ってたんですけど、変えたんです。それはなんでかっていうと、もうその曲を聞くと吐き気がするから。単独ライブ以外でも。で、始まる前も「うわっ、あの曲だ!」ってなっちゃって。

(佐久間宣行)あの気持ちになっちゃうと。

(バカリズム)なっちゃう。もうどんどん気持ちが落ちちゃうから。それで「もう変えましょう」って毎回、変えてるんですよ。

(佐久間宣行)ああー、そうか。決まりの曲をちょっとでも作っちゃうと、「去年の思い出が……」とか。

(バカリズム)そうそうそう。勝手に体が緊張する体になっちゃうから、そういうところを変えたりとか。ちょっとずつ環境を変えるようにしてるんですよ。

(佐久間宣行)すごい……なんていうの? 地獄の話?(笑)。

(バカリズム)フフフ、地獄ですよ。

(佐久間宣行)俺ね、1回だけ……いまだに覚えているのが単独で俳優座かなんかでやった時。1回だけ、クーラーかなんかが壊れていて。ずっと「カンカンカンカン……」っていう音が2時間、流れていたことがあって。その時ってもう、客もどうしようもないし、升野さんもどうしようもないし。でもネタって正直、いつもより半分以下の笑いになるじゃないですか。で、俺は升野さんに後で楽屋に行った時、升野さんが「佐久間さん、死にたいです。なんなんすか、あの音!」って言って(笑)。この人の孤独な戦いって……。

(バカリズム)ありましたね。

(佐久間宣行)ありましたね。1回だけ。本番が始まる前までは普通だったのに、本番の1ネタ目の途中ぐらいから、たぶん上の階のクーラーかなんかぶっ壊れたとかで。

(バカリズム)なんかずーっと音が鳴っていましたね。

(佐久間宣行)「カンカンカン……」っていう音がずっと入っていて。最初はSEだと思ったの。

(バカリズム)でもそれをかき消すために声も大きくなってくるし。どんどんどんどん間も崩れていって。埋めたくなっちゃうもんだから。でも、あれはまだいい方ですよ。

(佐久間宣行)えっ、そうなんですか?

(バカリズム)1回ね、もうちょっとちっちゃめの小屋でやっていた時に、商店街の中にある小屋だったんですけど。お祭りが開催されちゃって。で、そんなにすごい大きい声じゃないから、祭り囃子がずっと「ピーヒャラ、ピーヒャラ♪」って聞こえちゃうんですよ。始まる前から。で、止めてもらいようもないし。「これはもう、割り切ろう」って思って。「お客さんに1回、これは知らせといた方がいいな」って思って。

「俺も分かってるからね」って知らせるために最初の場内アナウンスで「ただいま劇場の外からインテリジェンスのかけらもない音が流れておりますが、バカリズムはそれに一切触れることなく進行していきますので皆様も、それは当たり前のように聞き過ごしてやってください」みたいなアナウンスをしてやりましたね。

(佐久間宣行)たとえばですけど。逆にその死刑台に上る気持ちで単独。最初に向かって、笑いがあって。で、もちろんたとえば会心の出来。「これはウケたな」って時が終わった後はどういう気持ちになるんですか?

(バカリズム)僕、会心の出来は今まで1回もないです。正直。

単独公演、会心の出来は一度もない

(佐久間宣行)フフフ、俺、それね、ちょっと1個だけ言いたかったことあるんですよ。升野さん、毎回俺、見に行ってごあいさつするじゃないですか。それで毎回、升野さんね、だいたい。10回行ったうちの8回、「ああ、この会に来ちゃったんですか」って言うんですよ(笑)。「いやいや、ちょっと待ってよ」って。何年かに1回、そう言われるだったら「ああ、今日は調子よくない回だったのかな」って思うけれども。10回のうちの8回、言っているから(笑)。だから毎回、なんかしらの反省点が残っている時に俺が入ってきちゃから。

(バカリズム)そうですね。6公演のうち、「まあまあ、いいかな」っていうのが1回ぐらいしかないから(笑)。そこに来てほしいんですよ。

(佐久間宣行)そこに行くの、難しいのよ(笑)。

(バカリズム)なかなか、初日の場合もあるし(笑)。

(佐久間宣行)それで升野さんが毎回、「ああ、この日だったんですね」って。俺、どの日が正解なのか、わからなくて。それを言われた時には「ああ、土曜の昼じゃなかったんだな」って思って、金曜の夜とか、ずらして行くんだけども。また言われるから。「じゃあ、初日なのかな?」って思ったり(笑)。

(バカリズム)そうですね。あれは運だから。

(佐久間宣行)運ですよね。調子がぴったり来るっていう。

(バカリズム)そうですね。自分的に……「完璧」は絶対に永遠にないんですけども。「まあまあ、大丈夫かな」みたいな回は、そうですね。だから気持ちよかったっていうことは1回もないですよね。

(佐久間宣行)うわあ……。

(バカリズム)「ああ、あそこはこうだったな」とか思いながら。うん。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
佐久間宣行のオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました