スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー若林 SATORU・変態紳士クラブ・Tohjiを語る

オードリー若林 SATORU・変態紳士クラブ・Tohjiを語る Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
スポンサーリンク

オードリー若林さんが2020年9月8日放送のニッポン放送『Creepy Nutsのオールナイトニッポン』にゲスト出演。Creepy Nutsの2人と若手の注目ラッパーについて話していました。

(DJ松永)あと若林さん、最近のやつ(ラップ)も聞きますもんね。

(R-指定)めっちゃ聞いてますよね?

(若林正恭)本当に好きだね。

(DJ松永)そういう人ってマジで珍しいですよね。なんか「当時聞いた」っていう人はいるじゃないですか。でも、今も聞いているっていう。

(R-指定)しかも、面白いなと思うのが当時のその『サマージャム』だとかNITROとかを好きになったっていうそのラップのツボと、今の最先端の若手の子らのラップの感じのツボって微妙に違ったりするんやけども。そこ両方とも好きっていう人はすごい珍しいなというか。むしろ、プレイヤー側に多いというか。昔のそういう込み入った文型的なラップとか、韻を踏むことに対してめちゃめちゃ執着してるような上手いこと言うみたいなラップが好きやった人が今のこのパワー系のというか。

勢い系でとにかく荒い生い立ちをパンチのあることで伝えるみたいなものも。その両方ともが好きっていうのはホンマにどっぷりヒップホップカルチャーに入ってる人とか。あとは実際にやってる側の人ぐらいな、そういう柔軟な聞き方やなっていう。

(若林正恭)だから俺、あれだもん。『ヒルナンデス』の後、本当に硬めの情報番組のMCの仕事への移動中にSATORUとか聞いてるからね。

(R-指定)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)それは言わない方がいいです(笑)。

(R-指定)ダメダメダメ(笑)。SATORUは……。

(DJ松永)SATORUには悪いけど、言わない方がいいです(笑)。

(R-指定)SATORUはすげえ面白いですよ。最高!

(DJ松永)最高ですけど……ただ、言わない方がいいです(笑)。

(R-指定)その最高の感じを伝えるのにだいぶ時間がかかります(笑)。

『ヒルナンデス』の後にSATORUを聞く

(DJ松永)たぶん今の日本の倫理観じゃ無理じゃない? その魅力を伝えるのは(笑)。

(R-指定)より若手のラッパーはその倫理観みたいなところをぶっ壊していく方向に行っているから。

(DJ松永)最近、誰を聞いてるんですか?

(若林正恭)最近……いっぱいいるな。だから変態紳士クラブはWillyWonkaくんが好きだから。

(DJ松永)若林さん、『ラップスタア誕生!』のMCをやっていて。あの時にTAKAくん(WillyWonka)とか出ていましたよね。

(若林正恭)うん。それで面白かったし。だからもうちょっとセットとかを盛り上げて……とかあったらなって思いながら見ていたけども。Tohjiくんとか。Mall Boyzの。

(DJ松永)そうか。出ていましたもんね。

(若林正恭)そうそう。とか。すごかったね。

(R-指定)もうスターになっていますもんね。ちゃんとね。

(DJ松永)マジでスターになりましたもんね。あの時はほとんど知らなかったじゃないですか。Tohjiのこと。

(若林正恭)そうそう。たぶんあの後ぐらいだよね?

(DJ松永)もう今は完全にヒップホップスターですからね。あの人はね。

(若林正恭)うんうん。

完全にヒップホップスターになったTohji

(R-指定)やし、TAKAもホンマに大阪のストリートを背負う存在というか。そういう感じになっているし。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Creepy Nutsのオールナイトニッポン0
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました