スポンサーリンク

プチ鹿島「#検察庁法改正案に抗議します」新聞記事読み比べ

プチ鹿島「#検察庁法改正案に抗議します」新聞記事読み比べ YBSキックス

その一方、「やっぱり今回、検察内部にも影響はある」って言っているのは若狭さん。元東京地検特捜部で今、弁護士の方。「『実際に政権が自分たちをどう評価するか? それによって将来、定年が延長になる。あるいは役職がもらえる』ということを感じながら仕事をすると、やっぱり人間ですから政権を気にしながら仕事をすることになるので検察の自滅、特捜部の自滅だと思う」という。まあ、もし今回の件が推し進められばですよ。だからこれ、検察の側からしてもね、ちゃんと仕事をやってるのに不起訴になった場合でも疑われてしまうようなことをやっているわけなんですよね。だからここが問題かなと思うわけです。

で、実際にそんな黒川さんの誕生日、ネットで調べてみたんですが。2月8日生まれ。「冒険的な水瓶座です」っていう風に言われているわけですね。さらに、こんな解説がありました。「チャレンジすることに魅力を感じます。不可能が可能となった時に大きな快感を覚えるでしょう」っていう。不可能を可能にする男! 今、だから大きな快感を覚えてるかもしれないっていう。

2月8日生まれ「冒険的な水瓶座です」

(海野紀恵)アハハハハハハハハッ!

(プチ鹿島)「すごいな。この星占い、当たっているな!」って思って。「冒険的な水瓶座」っていう。だから最後に言うと、実はこの「#検察庁法改正案に抗議します」っていうツイートが先週末、かなりTwitter上などSNSで盛り上がった。で、この記事を読んでいくと、最初にこの投稿した人の記事が載っていて。やっぱり新聞記事ってこういうのを調べてくるから、便利ですよね。それを読んでみると最初にきっかけとなった人の言葉が紹介されていまして。東京都内の会社員女性35歳。この方は「元々、政権に強い不満があったわけではないが、新型コロナウイルス騒ぎが見方を変えた」と言うんですよね。「みんなが困っているのに対応できてない。そういう政府の思うままになったら危ないと思った」って言うわけです。

ここで注目したいのは、やっぱり「今回のコロナ対応で政府の対応を思い知った」ということですよね。これ、僕はずっと言ってたじゃないですか。情報発信にしろ、モリカケ、桜を見る会の問題から……あれがもし、「小さな問題」だとしても、今回のウイルスのような大きな問題が発生した場合、同じ対応をして非難されるんじゃないか?っていう。これ、同じことをしているんですよね。今まではみんな、「遠いことだ」と思っていたけど、コロナウイルスによってその対応がマズいことを見て……だってこのコロナの対応ってみんなにとって「自分の問題」じゃないですか。それで「これはマズいと思ってツイートをした。今、そんなことをやっている場合なのか?」っていう。

だから今までのやり方というものが今回のウイルス対策で……まあ、言ってみれば「見えないウイルスのせいで今まで見えなかったものが一般の方にも見えてきてしまった」というのが今回のハッシュタグデモ、SNSデモなんでしょうね。だから実際、いまだにその学校の一斉休校を決めた際の会議についても「議事録はない」って言ってるわけでしょう? これ、僕は何回も言っていますけども。

50年後とか100年後、今の子供たち世代とかこれから生まれてくる世代……だから未来の日本人ですよ。未来の日本人が同じようなウイルスに見舞われた時に「じゃあ2020年のコロナウイルスの際、あの時の政府はどう対応したんだろうか? 学校の休校とか、どういう判断をしたんだろう? 専門家会議とか、連絡会議というものがあったらしいな。見てみよう」と思った時、その議事録がないんですよ。だからこれ、「保守政権」のあり方としては間違いですよね? 僕、はっきりと「間違い」と言いますけども。

「保守政権」のあり方として間違っている

だって過去も尊重しないし、未来も尊重しない。目先の自分たちの利益を尊重してるだけのように見えてしまう。だからむしろ保守派の新聞がどんどん怒るべきだと僕は思うんですよね。はい。ということで、僕はあえてきつい言葉で「姑息の集大成じゃないか」と言いましたけども、どうもそういう風に見えて仕方がないということなんです。だからこの最初ハッシュタグを投稿した人の言葉。もう一度言いますけど。「今まではなんとなく遠いことだと思ってたんだけど、コロナ対応を見てこれはマズいと思った」っていう。

だから、全部つながっているんですよ。ということで、なにが分かったかというと、黒川さんは水瓶座ということですね。不可能を可能にする男という。そういう風に占われていたということなんですよね。それで大きな快感を得るということで。ますます黒川さんに注目したいですね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました