スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリー リモート収録滑りの怖さを語る

オードリー リモート収録滑りの怖さを語る オードリーのオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オードリーのお二人が2020年5月9日放送のニッポン放送『オードリーのオールナイトニッポン』の中でリモート収録の難しさについてトーク。リモート滑りの怖さについて話していました。

(若林正恭)なんかでも、リモートの収録で今日、ちょうどその話になったんだけど。リモートで噛み付いたり、辛辣なこと言うとさ、なんか余計に辛辣なことを言ってる感じになるよな。距離が離れてるから。

(春日俊彰)ああ、うんうん。なるね。

(若林正恭)リモートの方が優しい方がいいんだろうな、あれ。

(春日俊彰)そうかもね。雰囲気がわかんないもんね。場の雰囲気というかね。どういう……冗談なのか、どうなのかっていうね。

(若林正恭)あれ、画面がやっぱり6人、7人並ぶと、ちゃんと滑っている時は滑ってるな。リモート上でも。

(春日俊彰)ああ、そう?(笑)。

(若林正恭)「タイムラグであってくれ!」って思うけど、ちゃんと聞こえた上で笑ってないのが顔、顔、顔……じゃん。全体で見えないから1人ずつ、その笑ってない顔が確認できて。あれ、怖いな。あれ、自然イロモネアになるだろう? 怖いな、リモートは!

(春日俊彰)フフフ、なるなる。本当にイロモネアをやってる気分になるんだよね。ちょっとな。

(若林正恭)なるよね。

(春日俊彰)もうダーンッ!ってならないだけでさ。

自然とイロモネアのようになる

(若林正恭)だからあれ、真っ赤になるっていうのに助けられているんだな。「真っ赤になれ!」って思うもん。リモートで滑った時、リモスベした時に。リモスベが怖いのよ!

(春日俊彰)うんうん(笑)。アウトの時の感じにたしかにならないもんな。

(若林正恭)その0.何秒の微妙なタイムラグでさ、「あれ? これ、なんか笑いが来るかどうか……?」みたいな。なんか息をゴクッと飲む時間、あるよな?

(春日俊彰)ある! 審査の時間がちょっと生まれるよね。リモートって。

(若林正恭)あれ、だから先輩だと怖いな。「さまぁ~ずさん、これ聞こえた上で笑っていらっしゃるのかな?」みたいな感じがあるよな、あれ。

(春日俊彰)あるあるある。だけど、そういう時には「ああ、聞こえてなかったんだ」っていう風に収めるようにしているけどね(笑)。「これは滑ったんではない。きっと……」っていうさ(笑)。そこで収めないとね……。

(若林正恭)うんうん。あれ、だからそのリモートで力を発揮するタイプもいるし。これはまた、あるんですかね? 面白いですね。

(春日俊彰)また戻った時にね、どんな感じになるのかね。

(若林正恭)だから春日なんか余計静かになった感じになると思うぞ。すでにヒルナンデスで。

(春日俊彰)ああ、そうか。

(若林正恭)やっぱりリモートと同じことをやらないと。

(春日俊彰)いや、無理でしょう? 同じことってなによ?

(若林正恭)だから急に脱いでさ。「ああーっ!」みたいなこと、言うじゃん。お前が両脇をやってこうやるやつ。

(春日俊彰)スタジオで? お客さんが入っていて? 女性のお客さんが入っている中で急に?(笑)。いやー、恐ろしいね。

(若林正恭)なんか俺、リモートだと辛辣なことを言ったり、毒っぽいことを言ったり、噛み付いたりすると……「いや、リモートだと噛み付けないっすね」っていう話に今日、なって。やっぱりもう若槻千夏先生がもう完全にすでに分析していましたから。

(春日俊彰)ああ、そう?

(若林正恭)もう対応力女王だから。「やっぱり噛み付くとちょっと変な感じになって。やっぱり噛み付いて『突っ込んでほしいよ』っていうのが伝わらないから相手は聞き終わるまで待ってくれちゃうから……」みたいな話を今日、していてさ。

(春日俊彰)ああ、なるへそ。

リモートでは変な空気になるから噛み付けない

(若林正恭)それで俺、変なスイッチが入っちゃっていて。リモートで噛み付けないから、逆に褒めるみたいなテンションに3日ぐらいなっていて。ずーっとリモートの収録が進んでいくけど、リモートの向こうの人に「顔色がいいですね」みたいな。「おうち時間、楽しんでますか?」とか言ったり(笑)。そういう変なキャラになっているんだよね。いじれないから(笑)。

(春日俊彰)ああ、なるほどね。それはそれで、うん。困るだろうな。向こうもな。「ああ、はあ……」ってなるだろうし。「おいっ!」とも言えないしね。別にね。「顔色、いいですね」「いいわけないだろ!」とか言うのも違うだろうしね(笑)。

(若林正恭)だから今、聞いていて思ったけども。距離が離れているから「おいっ!」っていうことでもないんだよね。離れてるから。

(春日俊彰)そうだよね。その空気に当たってないからね。巻き込まれてないから。当てられてないから。「やめくださいよ」ぐらいの(笑)。ぐらいで済ませられるってことでことかな?

(若林正恭)それでパンサー尾形くんだけだよね。川の向こう岸から「ちょっとーっ!」って言っているの(笑)。

(春日俊彰)言ってたね。それでみんな、引いてたからな。「リモートはそうじゃない」って言われていたからね。最初の頃ね。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オードリーのオールナイトニッポン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました