スポンサーリンク

高田文夫 志賀廣太郎の訃報を語る

高田文夫 志賀廣太郎の訃報を語る ラジオビバリー昼ズ
スポンサーリンク

高田文夫さんが2020年5月1日放送のニッポン放送『ラジオビバリー昼ズ』の中で亡くなった志賀廣太郎さんについてトーク。中学校の同級生だった志賀さんを偲んでいました。

(高田文夫)まあ、いろんなことがあるなと思ったけどさ。そしたら昨日、ちょっと訃報が流れてね。あれ、志賀くんだよ。志賀廣太郎。俺、中学の同級生だからね。

(松村邦洋)千歳船橋中学のね。

(高田文夫)すごいんだよ、俺たちさ。同窓会があるとさ。本当、あそこよく三軒茶屋の一番上でやるんだけさ。船橋中学の同窓会ってさ。全員がもう面白がってさ、「おう、高田と志賀、司会やれ! おもしれえからやれ!」って(笑)。かならず俺と志賀なんだよ、同窓会(笑)。それで2人でマイク持って出てくるとウケるじゃない? それだけで。「うおおーっ!(拍手)」なんて。それで2人で第一声が「ああ、どうも文夫ちゃんです」「廣太郎ちゃんです」なんつって2人でやってさ(笑)。それで俺がパッと見てさ。「なんだ、お前? そのバーコードは?」って突っ込むんだよ。いきなり(笑)。

(松村邦洋)フフフ(笑)。

(高田文夫)「お前、老けたな? いくつになった?」「同い年だよ!」って。これがオチなんだよ(笑)。これがね、かならずウケるんだよ(笑)。

(磯山さやか)さすが!

(松村邦洋)面白い!(笑)。

いつも同窓会で司会漫才をしていた

(高田文夫)同窓会の2人の漫才が。「お前、なんだそのバーコードは? 老けたな。いくつになった?」「同い年だよ、バカ野郎! 同窓会なんだから!」「ああ、そうだった」って。そこからいつも始まるんだよ。それで2人で司会をやっていたんだよ。

(松村邦洋)いやー、いいですねー。

(高田文夫)いやいやいや、でも彼もね、お芝居が本当に好きで。学校でずっと教えていたんだよね。お芝居を。

(松村邦洋)南果歩さんも?

(高田文夫)そう。生徒。それで40をすぎて表に出るようになったけどね。「そろそろバーコードを世間に出そうかと……」って。でも『陸王』とかでね、始動をして。あれ、役所広司さんも嬉しいコメントを出してくれていてさ。「現場に来ると志賀さんが先生みたいにちゃんとみんなに教えてくれた」っていうね。それがすごい嬉しかったね。それで2014年11月24日に志賀廣太郎がバーコードをよけながら……バーコード、壁ドンのCMをやっているんだよ(笑)。出演してくれた時の音があるから。ちょっと聞いてみましょうか。志賀くんと僕です。同級生トーク。

<志賀廣太郎さんゲスト回音源スタート>

(松本明子)本日のゲストは俳優の志賀廣太郎さんです!

(高田文夫)はい、よろしくお願いします。

(志賀廣太郎)よろしくお願いします。どうも。

(高田文夫)同中だからね。世田谷に千歳船橋っていうのがあるんだけどもさ。その船橋っていうところに中学が新しくできて。船橋中学っていう。そこの同級生。それで中学の時はお芝居とかやっていたの?

(志賀廣太郎)演劇部。

(高田文夫)ああ、そうだったの?

(松本明子)「そうだったの?」って(笑)。

(高田文夫)お前、演劇やっていたの? ああ、そうなの? お前の芝居、見たことないよ!(笑)。

(志賀廣太郎)フフフ(笑)。サボってたんだろ?(笑)。

(高田文夫)俺、お前の芝居なんか見てないよ。やってたの?(笑)。

(松本明子)アハハハハハハハハッ!

(志賀廣太郎)うん。国語のシイザキ先生っていうのがやはり、ご自分で書いて演出をするっていう方だったんですよ。

(高田文夫)ああ、そんな先生、いたっけ?

(志賀廣太郎)うん。国語のね。

(高田文夫)その先生がなに? 演出をしてくれて? それでお芝居をやっていたの?

(志賀廣太郎)うん。

(高田文夫)どんなお芝居やってたのよ。中学生の時。

(志賀廣太郎)オリジナルで。

(高田文夫)オリジナル? それをみんなで稽古して発表したわけ?

(志賀廣太郎)うん。学芸会みたいな。なんかあったでしょう?

(高田文夫)じゃあ生徒たちがみんな見たわけ?

(志賀廣太郎)そうそうそう。

(高田文夫)俺、見てねえのよ。

(志賀廣太郎)フハハハハハハハハッ!

(高田文夫)ああ、そう?(笑)。

<音源おわり>

(磯山さやか)まさかの「見ていない」っていう(笑)。

(松村邦洋)「俺、見てねえ」って(笑)。

(高田文夫)あいつ、真面目なんだよ(笑)。真面目だからね、最後は1人で死んでいっちゃうんだよ。ダメだよ、本当にダメだよ(笑)。71歳な。本当に……「老けたな」「同い年だよ!」っていう(笑)。

(松村邦洋)先生って本当に同級生とか、いろんな方がいらっしゃいますね。

人を大事にする

(高田文夫)俺は人を大事にするんだよ。昔の友達とかずっと付き合っているんだよ。人間が一番面白いじゃない? 結局さ。だから最近、よくみんなモメてるけどさ。いろんな、謝罪をしたりとか。岡村くんなんかも謝罪して。岡村くんの発言も悪かったかもしれないけども。それをまた叩いたりとか、こうしてこうしてとか。人が人を憎むじゃない? 今、ピリピリするから。敵はコロナなんだよ。俺たちはコロナと戦わなきゃいけない。人間同士は笑顔がなきゃいけないんだよ。

(松村邦洋)揚げ足取りばっかりじゃいけないですよね。

(高田文夫)足、上がっちゃってんだよ。

(松村邦洋)上げすぎですよね。

(高田文夫)どんな感じ?

(松村邦洋)フラミンゴみたいな。「オオーウ!」みたいな。

(高田文夫)それ、ちょっと比喩、下手!

(磯山さやか)アハハハハハハハハッ!

(松村邦洋)いや、ちょっと……『サウスポー』みたいな(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラジオビバリー昼ズ
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました