スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチ岩井『ファイナルファンタジー7』実況動画ボケを語る

ハライチ岩井『ファイナルファンタジー7』実況動画ボケを語る ハライチのターン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハライチ岩井さんが2020年4月16日放送のTBSラジオ『ハライチのターン』の中で『ファイナルファンタジー7』の実況動画制作についてトーク。「リメイク版と間違えてオリジナル版をやってしまった」というボケのために丸2日間を費やした話をしていました。

(岩井勇気)あともう1個は『FF7』のリメイクが発売されたじゃないですか。『ファイナルファンタジー7』のリメイクなんですけども。芸人も今、YouTubeとかで実況動画ばっかりやっていて。ちょっと俺もTwitterに実況動画を上げてみようと思って。

(澤部佑)おおっ!

「よし、今からFF7始めます!始める方、一緒に始めましょう!」

(岩井勇気)ただ、俺は本当に「『FF7』、やりまーす」ってTwitterでつぶやいて。それで「間違って1997年に発売されたオリジナルをやってしまっている」っていうボケをしようと思ったの(笑)。

(澤部佑)フフフ、うん(笑)。

(岩井勇気)でもさ、それってある程度進めちゃったところで動画を上げないと面白くないから。「やりまーす!」とか「FF7、面白い!」とかつぶやいておいて。それでディスク1の終わりでエアリスっていう女の子のキャラクターが死ぬっていうところがあるんだけども。そこまで進めようと思って。

そこ、一番重要なシーンなわけ。でさ、「FF7の実況をやります!」って言って動画を上げて。それでフォロワーに「それ、違いますよ!」って指摘されるということをやろうと思って。それでさ、旧『FF7』を始めたんですよ(笑)。まあ、懐かしいけど、リメイクが発売されて次の日だよ? 旧を始めて。俺もすごいやりたいから……その状態でやる旧は本当にしんどいわけ(笑)。

(澤部佑)しんどいよね。(笑)。リメイクの映像とかも見ちゃっているしね。

(岩井勇気)本当、途中でレベル上げしなきゃいけないところがあるんだけども。今、この時期に旧7のレベル上げ、めちゃめちゃしんどいわけ。

(澤部佑)まあね。一ボケのためにね(笑)。

(岩井勇気)めっちゃポリゴンだし!

(澤部佑)カクカクしているよね!

(岩井勇気)もうFFの中で最初にポリゴンでプレステで作った作品みたいな感じだから、スーファミの『FF6』をやるよりも一番最初にプレステ1で発売されたカクカクの『FF7』をやるほうがしんどいわけ(笑)。

(澤部佑)フフフ、逆にね。

(岩井勇気)で、またエアリスっていうキャラクターが死ぬまでっていうのがすごい長いんだよ。それで俺、丸2日かかってさ。それでエアリスっていうキャラクターがセフィロスっていうキャラクターに剣で刺されて。貫かれて死ぬムービーが出るところまで行って。それで撮って。「うわっ、エアリス、死ぬんだ! うわうわうわっ! エアリス、死んだ……?」みたいな。「知らなかったの?」みたいなところまで見越して(笑)。それでTwitterに上げたんだよ。

(澤部佑)ああ、上げたんだ。

ハライチ岩井・旧『FF7』プレイ動画

(岩井勇気)それで「みんな『FF7』をやっているんで、俺もやってみました!」みたいな。そしたら「みんなはリメイク版やっているんですよ。そっち!?」みたいなツッコミが入って。「よかった」って思うのと同時に、「この時期になにもないとはいえ、俺は2日間、何をやっていたんだ?」っていう……(笑)。

(澤部佑)いやいや、みんなそれ、思っているよ(笑)。

(岩井勇気)マジで。本当にこの2日、虚無だったなっていう(笑)。

(澤部佑)それはちゃんとある程度、想像した見返りというか反応はあったの?

(岩井勇気)全然ね、この2日をかけた分の見返りはなかった(笑)。

(澤部佑)いや、やめろよ!

(岩井勇気)いやー、今週はしんどかったね(笑)。そんな週でしたね。

(澤部佑)そんな週だね。やることないもんね(笑)。

(岩井勇気)やることないですからね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハライチのターン
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました