スポンサーリンク
スポンサーリンク

宇多丸 木下百花『ダンスナンバー』を語る

宇多丸 木下百花『ダンスナンバー』を語る アフター6ジャンクション
スポンサーリンク

宇多丸さんが2020年3月24日放送のTBSラジオ『アフター6ジャンクション』の中で木下百花さんの楽曲『ダンスナンバー』を紹介していました。

(宇多丸)引き続き、次の曲に行ってみましょう。これ、僕もまたノーマークですいません。元NMB48の木下百花さんという方がいて。この方、ご自分で曲、トラックもね。

(森田秀一)今は作詞・作曲もやって。で、これは編曲が宮野弦士さんという方で。

(宇多丸)ああ、宮野弦士さん? そうか! これ、(マブ論の原稿に)書き忘れちゃった。じゃあ、いいに決まってるじゃん!

(宇垣美里)アハハハハハハハハッ!

編曲:宮野弦士

(宇多丸)ああ、失礼しました。宮野弦士さんなんだ。でもまあ、作曲もされていてということで。木下さんという方はNMB時代から、そういうちょっとエキセントリックな?

(森田秀一)ちょっとエキセントリックなタイプですね。それこそ劇場公演の時にステージにウンコを持ち込んだりして……(笑)。

(宇多丸)ちょっと意味がわからないんですけども(笑)。

(宇垣美里)えっ、どういうことですか?

(森田秀一)ビビらせようとしたんですかね?(笑)。

(宇垣美里)誰をなの!?(笑)。

(宇多丸)ウンコって……えっ、ちょっと待って。誰のウンコ?

(森田秀一)いや、犬とかのだと想うんですけども……(笑)。袋に入っていたんで(笑)。

(宇垣美里)へー。みんなびっくりしたでしょうね、それは。

(宇多丸)ちょっと意味がわからないんですけども……それでまあ、そのエキセントリックな、アーティスティックな方というか、そういう感じ何でしょうね。それで、ご自分で作曲もするし。編曲は宮野弦士さん。そうか。これ、原稿に書けませんでした。いいに決まっているわ。その名もずばり、『ダンスナンバー』という曲で、ものすごい堂々たるブギー、ディスコチューンっていう感じで超かっこいい。びっくりしました。木下百花さんで『ダンスナンバー』です。

木下百花『ダンスナンバー』

(宇多丸)はい。木下百花さんで『ダンスナンバー』、お聞きいただいております。まあ、もうビデオとかもすごい文句なしにかっこいいですし。

(宇垣美里)おしゃれですね。

(宇多丸)だからアーティスティックな感性が非常に高い方で。それでウンコも持ち込んだというね。

(森田秀一)フフフ(笑)。

(宇垣美里)そのつながりはわからんが……どういうことなんでしょう?(笑)。

(森田秀一)でもまあ、宇垣さんと一緒でしょうね。「ナメんなよ?」っていう。

(宇垣美里)えっ、ちょっと待って? 持ち込んだことないよ。びっくりしちゃった(笑)。

(宇多丸)でも、そうだよ。「ナメんなよ?」精神ですよ、それは。

(宇垣美里)でも目の感じがすごく強いですね。眼光が。かっこいい。

(宇多丸)そうなんですよ。

(宇垣美里)「あぁ?」って言ってそうな感じがよいです。

(宇多丸)木下百花さん『ダンスナンバー』。ちょっと今後とも注目だなと思いました。全然、すいません。これまでノーマークで。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました