スポンサーリンク
スポンサーリンク

DJ松永、宇多丸、Mummy-D 他ジャンルとのコラボを語る

DJ松永、宇多丸、Mummy-D 他ジャンルとのコラボを語る ACTION
スポンサーリンク

ライムスターの宇多丸さん、Mummy-DさんがTBSラジオ『ACTION』に出演。DJ松永さんと他ジャンルのアーティストとのコラボレーションについて話していました。

(DJ松永)今日は我々、Creepy Nutsの生みの親と言っても間違っておりませんし。そもそもラジオもヒップホップもライムスター……あ、もう「ライムスター」って言っちゃった(笑)。もう言っちゃった(笑)。

(Mummy-D)もういいよ(笑)。

(DJ松永)そうなんですよ。ライムスターから宇多丸さんとMummy-Dさんにお越しいただいております。

(宇多丸)はい、どうもー! 我々、いまイヤホンの音量のつまみをいじるので精一杯なんで。

(DJ松永)フフフ、いま2人で下を向いていたんですけどもね(笑)。

(宇多丸)慣れないイヤホンの音量を調節するのでね。まあでも、いいか。今日は俺、ゲストなんですもんね。がんばって進行とかしなくていいですもんね?

(DJ松永)そうです。そうです。今日は私がそれを全うするということで。いつもはウタさんのラジオに何回も出させていただいておりまして。しかもDさんとラジオとかメディア上で一緒になることってもしかしたら初めてかもしれませんね。

(Mummy-D)そうよ。だって松永は宇多丸派じゃん?

(DJ松永)出た! 出た、これ(笑)。

(Mummy-D)お前、宇多丸ファミリーだろ?

(DJ松永)Dさんが俺をいま、キッとにらみつけてます(笑)。

(幸坂理加)目が笑ってなかった(笑)。

(Mummy-D)フハハハハハハハハッ!

(DJ松永)あの、WREPっていうヒップホップのインターネットラジオがありまして。そこでキングギドラのZEEBRAさんとMummy-Dさんが2人でラジオをやられているんですが。そこでR-指定が以前、ゲストに出て。あの、お酒が入られていたのもあり、Dさんも非常に上機嫌だったんですよ。それでR-指定にめっちゃ絡んでいて。(モノマネで)「お前、R。あれだろ。松永が宇多丸派だからさ、お前は俺派な!」とかって(笑)。

(幸坂理加)このモノマネ、大丈夫なんですか?

(Mummy-D)このモノマネ、だいたい失礼だよね。

(DJ松永)フフフ、そんなことないです(笑)。

(Mummy-D)いつも一定量の失礼さがあるんだよね。安定しているんだよね、すごく。

(幸坂理加)フハハハハハハハハッ!

(宇多丸)ことあるごとに、どのメディアに出る時にもCreepy Nutsは本当にえらいグループで。我々の影響とか「尊敬しています」みたいなのをちゃんときっちり言っている。これはね、我々がいままで持ってきた様々な後輩の中でもトップクラスにえらいの。

(DJ松永)ありがとうございます!

(幸坂理加)ああ、そうですか?

(宇多丸)えらいんですけど、こいつ昨日、火曜の夜中にやっているオールナイトニッポンとかだと俺の陰口がただ事じゃないんですよ。

(DJ松永)フハハハハハハハハッ!

(幸坂理加)えっ、昨日だけじゃないですよね。

(宇多丸)そう。普段からも。

(幸坂理加)普段からも。聞いていると。

(DJ松永)いや、陰口じゃないですか。陰口は本人に届かないからいいんですよ。

尋常ではないDJ松永の陰口

(宇多丸)いやいや……届いているんだよ。だから直悪口みたいなもんなんだよ、この時代はさ。びっくりする。だからね、愛憎が深いのかな、これはね。

(Mummy-D)ねえ。まあね。

(DJ松永)いや、でも本当にそうですから。本当にライムスターに影響を受けている。うちの相方のR-指定もそうですから。俺と同じく、ライムスターに影響を受けていまがあるみたいな。それを目の前でお伝えできる機会があったらなるべくお伝えしようというのがあるので。

(宇多丸)いまをときめくCreepy Nutsさんにそんな言っていただいてありがとうございます。

(DJ松永)いや、とんでもないです。JINさんがちょっとね、お仕事の都合で来れないというのが……。

(宇多丸)JINがやっぱり「松永NG」っていう……。

(DJ松永)なんでなんですか! だいぶ優しいですよ、JINさん(笑)。

(宇多丸)同じDJとして「あいつはちょっと……」っていう。なんか思うところがあるんじゃないですか?

(DJ松永)「DJ的にちょっと……」みたいな(笑)。

(宇多丸)彼の心情、詳しくは聞いたことがないんですけども。思うところがあるんじゃないですか?

(DJ松永)まあなぜ、宇多丸さんとMummy-Dさんにお越しいただいたかといいますと、先週11月27日に「岡村靖幸さらにライムスター」という名義で『マクガフィン』という曲を配信リリースされました。

(幸坂理加)ねえ。コラボ曲ですね。

(DJ松永)コラボ曲なんですよ。Creepy Nutsも他のジャンルとよくコラボしたりするんですけども、それをなぜ我々がするという選択肢があるのかというと、ライムスターがそれをやってきたからなんですよ。ライムスターというのは他のジャンルとコラボをするという、そういう行動の先駆けなんですよね。『ウワサの伴奏-And The Band Played On-』というアルバムがあるんですけども。それはアルバム1枚を通して他のジャンルとコラボをしてできあがった作品なんですよ。で、その後にロックフェスとか……ヒップホップのアーティストがロックフェスとか他のジャンルに打って出ることってなかったんですけども。ライムスターが率先して出ていっているのを見て、我々が同じ道を進んでいるだけなので。

(幸坂理加)レールを敷いてくれたんですね。

(宇多丸)我々が耕した道で、我々が蒔いた種の収穫をCreepy Nutsが根こそぎ……。

(DJ松永)いや、違う違う違う!(笑)。

(Mummy-D)根こそぎ。

(幸坂理加)ごっそり。

(DJ松永)違う違う違う!(笑)。

(Mummy-D)お前、違くないだろう? 全然違くないよ。ねえ。

(DJ松永)収穫してないですよ(笑)。

ライムスターが蒔いた種をCreepy Nutsがごっそり収穫

(Mummy-D)第一世代はね、やっぱりしょうがないんだけどね。パイオニアというのはしょうがないんだけども。

(宇多丸)開拓者だから。本当に道を開墾するところから。こうやっていろいろと、木とかが生えているのを抜いて。根っこから抜いて。うんしょ、うんしょ……ってやって道を作ってさ。それで、種を蒔いて「さあ!」って思っていたらこいつらがガガガガガガッ!って収穫をしてさ。

(DJ松永)トラクターみたいなもので(笑)。

(宇多丸)トラクターみたいなので。

(DJ松永)「ああ、結構簡単に収穫できるなー」みたいな(笑)。

(Mummy-D)ねえ。俺たちは鋤と鍬でがんばっていたのに。

(DJ松永)ああ、鋤と鍬で大変だったんですねー(笑)。

(宇多丸)いや、そうなんだよ。それでいま……。

(Mummy-D)話がぜんぜん進まねえよ!(笑)。

(宇多丸)まあ我々の来た道を……ということを言っていただいてありがとうございます。

(中略)

(DJ松永)あと、そもそもこの他ジャンルの人とコラボをしようとした『ウワサの伴奏』という作品。これを作り始めたのはなんでなのかな?っていう。どういう思いで他ジャンルのフェスに出ていったりしたのかという、そこがすごい気になるんですよ。

『ウワサの伴奏』制作のきっかけ

(宇多丸)ねえ。さっき言ったようにCreepy Nutsもいろんなところに出ていって、いろんな人とコラボしたり。たしかにそのスタンスはライムスターがやってきたことなんですけども。結構俺らも……あの『ウワサの伴奏』を2002年に出して。最初に『ウワサの真相』っていうアルバムを最初に出して。それを生バンドとセッションし直すみたいな。演奏物に作り直したっていう感じなんですけども。それが本当にいまの僕らに至る超重要作で。あれ、なんでやろうっつったんだっけ?

(Mummy-D)なんでだっけね? いちばんデカいのは俺もウタさんもJINもそうだけど、ヒップホップだけが好きだったわけじゃないということだよね。だからいろんな音楽が好きで。結構出会いもあって。たとえば、ウタさんが「クレイジーケンバンドっていうヤバいバンドがいるよ」みたいなことを言い始めて。それでみんなでライブを見に行ったりしたこともすごい大きかったし。

(DJ松永)へー!

(Mummy-D)あとはSUPER BUTTER DOGが「いつか一緒になにかやろうよ」みたいな。そういうラブをくれていたのもデカかったし。

(DJ松永)そうなんですか。SUPER BUTTER DOGから。

(Mummy-D)そう。あとは格闘技の練習場でJINとBRAHMANのTOSHI-LOWがお互い裸になって。

(宇多丸)くんずほぐれつ。

(Mummy-D)裸の関係を……(笑)。

(DJ松永)そこで『Walk On』が生まれたという(笑)。

(宇多丸)そうそう。そういうストーリーもあって。それぞれ、いろんな方向から交友関係もあったし。

(DJ松永)じゃあいま……やっぱり俺はあれを中学生の時に聞いていたから当たり前に聞いていたけども。いま、『Walk On』を聞くとすごい新鮮なんですよね。あのサウンドってなんか、いまとかもあまりないよなって。

(宇多丸)まあ、たしかにBRAHMANサウンドだしね。

(DJ松永)そうそう。それにがっつりとラップが乗っかっているのはすごい新鮮だなって思って。

(宇多丸)でもそれで、俺らも他の音楽と……要するにこっちはヒップホップ、ラップ言語を使って他の音楽と対話ができるんだっていうことを対世間的にも証明してみせたし。それですごくコラボのオファーもさらに増えたし。まあフェスにも呼ばれるようになって。要は俺らってさ、特に僕らの世代は「ラッパーとかヒップホップの人で話ができる人、会話ができる人だ」っていうだけで尊ばれちゃうんですよ。「ええっ!」みたいな。俺、だって最初にTBSラジオで番組を始めた時にベテラン放送作家の妹尾匡夫さんという方と会った時に「敬語、使うんだね」って言われたからね。

(DJ松永)へー!(笑)。

(宇多丸)「どういうイメージなんですか? 敬語、使いますよ。誰よりも敬語、使いますよ!」っていう。

(DJ松永)うわあ、そうなんだ……(笑)。

(宇多丸)「なにを言っているんだ、このジジイ!」っていう(笑)。

(DJ松永)すごいですね(笑)。あと、他ジャンルとの相性のよさが尋常じゃないんですよ。コラボをして事故ったところを見たことがないんですよ。

(宇多丸)「コラボして事故」って……(笑)。「事故った」って言うなよ!

(DJ松永)いや、事故の可能性、ありますよ。コラボってかなり……。

(Mummy-D)そんな世の中で事故、多いですか?

(DJ松永)事故、多いですよ。「なにか」とは言いませんけども(笑)。

(宇多丸)俺はこうやってね、「クリーピー、事故れ! 事故れ! クリーピー、事故れ!」ってやってますよ(笑)。

(DJ松永)ああ、すいません。一旦CMです!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました