スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブル中野と吉田豪 神取忍を語る

ブル中野と吉田豪 全日本女子プロレスの異常性を語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブル中野さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんと神取忍さんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「神取忍戦について」。チェーンデスマッチをやって。神取さんは本当に相当激しい試合を……それこそ北斗さんとも2回、とんでもない試合をやったり。ジャッキー佐藤さんともとんでもない試合をしたりとか。いろんなところで試合をやってきた人が「ベストバウトはブル中野戦だ」って言っていて。

(ブル中野)はい。それは本当に嬉しいし、私も本当にそう思っているし。もう神取がリングの真ん中に立っていてくれれば、もうそれだけでいいですっていうぐらい、本当に存在感があって。「あとはもう全部私の方でやりますから!」みたいなぐらい、本当に全て……もう柔道でね、本当に強いんですよ。

(吉田豪)うん。完璧な実績があり。

(ブル中野)本当に強いのに、このプロレスという世界に入ってきた時にすごく楽観したんじゃないかと思うんですよね。コーナーに登るのとかも本当は嫌なんじゃないかと思ったんですけど、全然そんなことなくって。全然プロレスラーになっていたんですよね。

(吉田豪)プロレス愛がすごいちゃんとある人なんですよね。そのへんがすごい誤解されているんですけども。

神取忍のプロレス愛

(ブル中野)動きだとかはあんまり鈍かったり、不器用なところはあるんだけれども、それが神取なんだし。別にそれを上手く使える人がもっといっぱいいればいいのになって。こんないい素材なのに、もっとどうにかすればいいのにって思っていて。

(吉田豪)なにかしてしまっておかしな試合になったら怖いっていうのがあるんですかね? やっぱりジャッキー戦の恐怖とかがあるんじゃないですか?

(ブル中野)でもなんかみんな結構ボッコボコに蹴飛ばしちゃったんですよ。神取のことをですよ。でも、そんなことをしなくてもこの人は全然……。

(吉田豪)そこまでやらないでもちゃんと成立する人なのに。

(ブル中野)本当にプロレスとして……もっとやる時はやる。やらない時の動きもパパッとできるのになって思っていて。私はそこは全部わかっていたので。本当にもう、逆に言ったら楽だったというか。本当にいい素材に巡り会えたなっていう。

(吉田豪)何の遺恨がなくても普通にこういうことってできるんだなっていう。

(ブル中野)うん。だから本当に認め合っちゃったというか。あの1試合で。全部浄化もしきれたしっていう感じですね。だからいまでも本当、アジャもそうだし神取もそうだけども。やっぱり試合で全部をさらけ出した人っていうのはいまでも仲がいいですよね。LINEをしたりとかして。

(吉田豪)うんうん。まあジャッキー戦にしても北斗戦にしても、いま見返しても異常ですからね。

(ブル中野)怖い。

(吉田豪)あり得ないことをやってきた人がなんでこんなにプロレス愛があるんだろう?って僕も取材して思いましたよ。

(ブル中野)そうですね。でもプロレスを本当に好きになってくれてありがとうっていう風に言いたいですね。柔道から来たっていう時に本当に大変だったと思うんで。プロレスを好きになってくれて本当にありがとうっていう気持ちがいちばんですね。神取に対しては。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
SHOWROOM
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました