スポンサーリンク

渡辺志保 BUDDHA BRAND新作アルバム『これがブッダブランド!』リリースを語る

渡辺志保 BUDDHA BRAND新作アルバム『これがブッダブランド!』リリースを語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんとDJ YANATAKEさんがblock.fm『INSIDE OUT』の中でBUDDHA BRANDの新アルバム『これがブッダブランド!』リリースについてトーク。アルバムのリスニングパーティーやDEV LARGEさんとのエピソードなどを話していました。

(渡辺志保)いま、バックでちょっと懐かしいというか、ド定番、ドクラシックの(BUDDHA BRAND『人間発電所』)のインストをヤナタケさんがかけてくださっているんだけども。なぜこの曲をかけているかと言いますと、今週の日曜日、10月27日の午後4時から『これがブッダブランド!』リスニングパーティー&CQ 54thバースデーバッシュというイベントがございます。CQさん、54回目の誕生日。おめでとうございます!

(DJ YANATAKE)おめでとうございます!

(渡辺志保)というわけで、さっきも放送直前までヤナさんとこの話をしていたんだけども。BUDDHA BRANDって当たり前だけども日本でヒップホップを聞いていれば通るじゃん? で、私が日本語のラップを聞き始めた時には……96、7年とかそれぐらい。ちゃんと聞き始めた頃にはもうこの『人間発電所』がクラシック認定されてから聞き始めたので。私にとっては、もちろんキングギドラの面々とかRHYMESTERのみなさんとかもそうですけども。やっぱり、それこそリビングレジェンドというか。私にとっては最初からレジェンドなみなさまという感じがしますし。NIPPSさんもCQさんも会ったことはあるんだけど、ちゃんとお話をしたことはないんですよ。

(DJ YANATAKE)ああ、そうなんだ? おお、意外!

(渡辺志保)そして絶対にCQさんもNIPPSさんも私に会ったことがあることは覚えてないくらいだと思う。それぐらいのレベル。もうBXカフェとかでベロベロになって……。

(DJ YANATAKE)でも知っているんじゃないの? 向こうもさすがに。

(渡辺志保)いやいや、わかんないっすよ。だからこの日、10月22日(日)は北千住にあるJUICE BAR ROCKETにて、この偉大なイベントが夕方の4時から夜9時まで行われるということで。ぜひぜひ。で、なぜこのイベントが催されるのかというと、CQさんの54回目のバースデー。そして『これがブッダブランド!』というBUDDHA BRANDのニューアルバムが出るっていう。びっくりでしょう? 2019年のこのタイミングで……っていう。

(DJ YANATAKE)びっくりしました。

スポンサーリンク

新作アルバム『これがブッダブランド!』

(渡辺志保)なので、そのあたりのお話ももちろん伺いたいですし。いまのNIPPSさん、いまのCQさんがね、どういう風に制作活動とかしてらっしゃいのかなって個人的にもすごく興味がございますので。そういったことを聞くイベントにしたいなと思っております。というわけで、10月27日、今週の日曜日、北千住でお待ちしておりますので。どうぞよろしくお願いします。

(DJ YANATAKE)せっかくなので、ちょっと話していいですか? これ、10月30日にね、「CDのみ」でリリースということで。配信されないよ!っていうね。BUDDHA BRANDのニューアルバム、みんな○○ストリーミングとか聞いてても出てこないからね?

これがブッダブランド!!
これがブッダブランド!

posted with amazlet at 19.10.22
BUDDHA BRAND
BAD NEWS RECORDS (2019-10-30)
売り上げランキング: 295

(渡辺志保)盤で買うしか無いという。

(DJ YANATAKE)それにはいろんな理由があるんですけどね。とりあえずCDでみんな買いに行っていただきたいというのと。あとはこの間、アメトーーク、見ました?

(渡辺志保)私、見たの。リアルタイムで。びっくりしちゃった。あのさんぴんの……(笑)。

(DJ YANATAKE)あの時も……あのシュッシュッて(笑)。韻を踏んでいる時にシューッてやるっていうのはあれはおもしろで言っていて。でもあのカミナリの人たちが……「カミナリ(雷)」っていうとまた日本語ラップ界ではややこしいですね(笑)。お笑いのカミナリの方々がすごい好きみたいで話をしていたけども。BUDDHA BRANDの功績をさ、「なにを言っているのか意味がわからなくても、そのフロウとかを聞いていてかっこいい」みたいな説明をされいたんですが。これ、リアルタイム経験者の私からしても、これは本当にその通りでございます(笑)。俺なんか、すげえ酔っ払って。めちゃくちゃ酔っ払っていて。当時、渋谷のCAVEっていうクラブがあったんですよ。

(渡辺志保)はいはい。

(DJ YANATAKE)それでDEV LARGEに直接「この『人間発電所』って何を歌っているのかマジで意味がわかんないっす」って言ったことがあって。そしたら「タケ、わかった。こっち来い!」って言われて。で、2人でイスに座っていきなりDEV LARGEが『人間発電所』の歌詞を全部書きだして。「これはこうで、これはこうで……」って説明されたことがあるの。

(渡辺志保)ええーっ! 生Rap Geniusじゃないですか!

スポンサーリンク

DEV LARGEによる『人間発電所』歌詞解説

(DJ YANATAKE)だけど、酔っ払いすぎていて1個も覚えていないっていうね(笑)。まあその時、聞きながらも正直、「なんだかよくわかんねえな?」って。だけどめちゃくちゃ熱く説明をしてくれて。そんな思いでがあったりもするんですけどもね。まあまあでもね、『人間発電所』。いまだに語り継がれているんでね。まあ、BUDDHA BRANDの面白い話はいっぱいあると思うんで。このトークショーで聞けるんじゃないですか?

(渡辺志保)そうね。ぜひぜひ聞いてみたいなって思っています。

(DJ YANATAKE)俺もね、今日の昼間にこのプロモーション部隊、来てもらって。CDをいま手元に持っているんですけど、まだ聞けてないんで。ちょっと帰ったらね、一足先に楽しみたいと思います。

(渡辺志保)どんな風になっているのか。D.Lさんはどんな風にフィーチャーされてらっしゃるのかとかね、そういうのが気になるところです。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました