スポンサーリンク

DJ松永 DMC JAPAN FINAL 2019優勝を語る

DJ松永 DMC JAPAN FINAL 2019優勝を語る ACTION
スポンサーリンク

DJ松永さんがTBSラジオ『ACTION』の中でDJバトルの大会DMC JAPAN FINAL 2019で優勝した話をしていました。

(DJ松永)さて、少しだけハガキが届いていますね。「DJ松永さん、幸坂さん、こんにちは。松永さん、DMC優勝、おめでとうございます」。

(幸坂理加)おめでとうございます!

(DJ松永)ありがとな(笑)。「……私はDMCをはじめて見たのですが、音楽性や技の構成力、そしてルーティンでの身のこなしが素晴らしくて感動しました。このことを伝えたくてハガキを書いてみたのですが、うまくまとめられずおよそ約2時間経過。自分の語彙力のなさに愕然としました。私はこれを機に読書と日記を書くことをはじめてみようと思います。松永さんがロンドンの世界大会に出場する時にはラジオの放送はどうなるのかな? と少し心配をしつつ、これから世界一を目指す松永さんを応援しています」。

はい。私ね、ハガキにある通り、DMCという……まずDMCを説明しますと、DJの大会なんですよね。いちばん歴史があって世界最大規模のDJの大会、それがDMC World DJ Championships。まあ、DJのワールドカップみたいなもんですね。それの日本大会が8月24日に行われまして、その大会で優勝をいたしました。

(幸坂理加)サラッと言いますね、すごいことを。おめでとうございます!(笑)。

(DJ松永)ありがとうございます。それで来月末、9月28日に日本代表としてロンドンで世界大会に出場してきます。これ、先週のコラムコーナーでも話したんですけども。「今週、大会に出てきますよ」って。で、いままではその大会でずっと2位とか3位で止まっていて、そこでずっと足踏みをして辛酸をなめ続けてきたんですけども。これに出続けている人って活動のすべてをDMCに集約しているような人ばかりで。俺みたいにCreepy Nutsとかラジオとかをやりながらやっている人はいなくて。

本当にルーティンと言われるそのDJの演目の制作に1年をかけているような人たちばかりなんですね。で、俺がそれに何年も出続けるっていうのはCreepy Nutsの活動にも影響しちゃうし。しかも出れば出るほど自分の手の内がバレてしまってルーティンの新鮮さがなくなってしまうので、出れば出るほど勝ちにくくなるということもあって、「今年で最後にします」っていうことを先週、話したんですけども。

(幸坂理加)ラストアクションということで。

(DJ松永)ラストアクションで優勝できて本当によかった! いや、よかった。

(幸坂理加)ホッとするっていう感じですか? 安心感?

(DJ松永)「やった!」っていうよりは「よかった……」って。生きていける、これからも。生命活動を維持できるっていう、そっちですよね。だから本当に俺、それこそいまの時期は毎年、DMCで負けて超ヘコんでるっていう精神状態で生きてきたシーズンですから。本当にいま、脳内でDMCで負けた場合の世界線を容易に想像して、いますぐにバッド入れますよ、俺。

(幸坂理加)ええっ? 早くないですか(笑)。

(DJ松永)その世界線にすぐ飛べる。だからいままでそういう経験をずっとしてきたから、リアルにその世界を想像できちゃって。そんぐらい、この優勝ができたという世界線にまだ体が馴染めていないんですよ。でもこれで本当に……うちの相方のR-指定がMCバトルで日本一のラッパーなんですよ。

若くしてUMBという日本最大のMCバトルで三連覇をした男で。名実ともにあいつは日本一のラッパーなんですけども。それでCreepy Nutsのプロフィール文っていうのは「MCバトル日本一のラッパーとターンテーブリストでありトラックメイカーのDJ松永」っていう風に書かれていて。この「ターンテーブリスト、トラックメイカー」っていうのは業種なんですよね。だから「実績」×「業種」っていう(笑)。

(幸坂理加)業種(笑)。

Creepy Nutsプロフィール文のギャップ

(DJ松永)これでようやく、「MCバトル日本一のラッパーとDJバトル日本一のDJの」っていう風に、「実績」×「実績」のプロフィール文に書き換えることができるので。もう、いますぐ書き換えてほしい!(笑)。

(幸坂理加)松永さん、でもACTIONのホームページ、見ました?

(DJ松永)見ましたよ!

(幸坂理加)もう書き換えられてましたよね?

(DJ松永)書き換えられていたんですよ。仕事が早い。助かります! うわー、嬉しいですよ!

(幸坂理加)嬉しい!

(DJ松永)本当に俺、ずっとそれがいろんな番組に出てプロフィール文を読み上げられるたびに心がグッとなっていたんで。

(幸坂理加)じゃあ、これでもう一安心ですね!

(DJ松永)地味に、めちゃくちゃコンプレックスだったんで(笑)。その肩書が並列じゃなかったっていうのがコンプレックスだったので。

(幸坂理加)すごいですね!

呪いが解けた

(DJ松永)これでようやくですよ。本当に呪いが解けましたよ。呪いを解くためだけに、もうDMCに出なくて済むように今年、出たので。ようやく呪いが解けて、これからまともで健康的な生活が送れると思うとね、これからの人生が楽しみですよ!

(幸坂理加)フフフ、心なしか表情が先週と違います。

(DJ松永)違うでしょう? だってあれですからね。その前日が誕生日だったんですよ。24日がDMC決勝で23日が誕生日だったんですよね。で、別に共感してほしいとか、味方がほしいとかっていうわけでもなく、ギャグでもなんでもないんですけども。ちゃんと俺、LINEゼロ件なんですよ。「誕生日おめでとう」連絡、基本的にはゼロなんですけども。

(幸坂理加)Rさんも?

(DJ松永)そんなの、するわけないじゃないですか。気持ち悪い(笑)。で、翌日、はじめてLINEが100何十件も来て。もうこんなに「おめでとう」って言ってもらえる機会、ないものですから。なんかもう体が痒くなっちゃいましたね。

(幸坂理加)おめでとう祭りで。でもいい誕生日をスタートしましたね。29歳。

(DJ松永)いや、本当ですよ。よかったです、本当に。まだロンドンとかも行ったことがないんでね。パスポートの取り方もよくわかんないんでね。私、日本から出たことがないんですよ。

(幸坂理加)ああ、そうですか。初海外?

(DJ松永)初海外なんでね。これからインターネットで「パスポート 取り方」ってグーグルに相談して取りに行きたいと思います。

(幸坂理加)また一歩、大人に近づきますね(笑)。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ACTION
miyearnzzlaboをフォローする



miyearnZZ Labo
タイトルとURLをコピーしました