スポンサーリンク

星野源『キャプテン・マーベル』を語る

星野源『キャプテン・マーベル』を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中で『キャプテン・マーベル』について話していました。

(星野源)どうも、星野源です。今日はですね、いろいろと打ち合わせとかもあったんですけども、その前に家で『キャプテン・マーベル』を見てきたんですよ。僕、この間ね、ドコモの新製品発表会みたいなのにね、星PというCMキャラクターをやらせていただいておりますが。そのキャラクターの縁もありですね、なんか発表会みたいのに出させていただいたんですけど。

その時に画面にね、どれだけきれいかみたいなのを宣伝するというやつで。そこに『スパイダーマン』の新しい予告が流れていたんですよ。でもそれって「『アベンジャーズ/エンドゲーム』を見てない人はネタバレが入ってるから見ないで」みたいなことを言われてるんですよ。その『スパイダーマン』の予告編の中で。で、それが流れたから、「これは絶対に見ちゃいけない!」って。まだ『エンドゲーム』を見てなくて、すごい楽しみにしてて。

「本当に申し訳ないですけど、ごめんなさい! 僕は見れないです!」みたいな感じですごい、その携帯を目の前に出して、自分は目を後ろの方にやっているみたいな。そういう感じでやらせていただいたんですけども。で、その中で僕、『アベンジャーズ』というかマーベルシリーズ、一応全部見ていて。もちろん詳しくはないんですけど、すごくなんか好きで見てるんですよ。その中で、前の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』がありまして。そこから『キャプテン・マーベル』につながるよっていう話を聞いたんで、『キャプテン・マーベル』を見ずして『エンドゲーム』も見れないということで。

でも、『キャプテン・マーベル』を僕、劇場で見れなかったんですよ。ちょっと忙しい時期で。だからそれもあったんで、「ビデオなるまで待とう。ビデオになるまで待って、ギリギリその『エンドゲーム』がまだ劇場でやってたらいいな」と思って。そしたら、ちょうど早く出たんですよ。『キャプテン・マーベル』が。配信だけで。

まだソフト化はもうちょっと先らしいんですけども。それで今日、見たんだけどもさ、めちゃくちゃ面白くて! もう、ちょっとびっくりしちゃった。この中で見てる人、誰かいない? 『キャプテン・マーベル』。誰もいない? 誰もいないのかよっ! 1人も? 1人もいない? で、『エンドゲーム』は見てるの? おいっ!(笑)。いや、まあ『エンドゲーム』、詳しい人に聞いても「『キャプテン・マーベル』を見なくても全然大丈夫だよ」って話を聞いてるんだけど。

一応やっぱりね、でもその『インフィニティ・ウォー』のお尻と『キャプテン・マーベル』がつながるところがあるという話を聞いたんで。……誰も見てないの? 分かち合えない、この興奮を。俺、すっごい興奮しちゃって。「なにこれ!?」っていう。フフフ(笑)。いやー、そうですか。『エンドゲーム』の話は絶対にしないでください。ねえ。言いたいでしょう? ヒカルちゃん(笑)。絶対に言わないでくださいっ! たのみますよ。いや、でもその『キャプテン・マーベル』、だからどれぐらいまで話していいのかしら? わかんないんですけども。

そのマーベルシリーズを見てきて、いわゆるネタバレ的なさ、予告編も僕、見なかったし。事前情報を全く仕入れないで見た方が楽しめるタイプなんで、見ないで『キャプテン・マーベル』を見たんですけど、ちょっと驚愕なことがいっぱいあって(笑)。「マジかよ!」みたいな。それがすごい楽しかったし、その映画の中の時代設定っていうのかな? どの時代の話であるっていうのも、なんという絶妙な時代なのだろうっていうのも含めて。あと、かかる音楽とかもさ、ちょっと僕の世代にはたまらないっていうね。この世代にはちょっとたまらないものがありまして。

スポンサーリンク

時代設定がたまらない

で、またね、キャプテン・マーベル自体が非常にかわいくてですね。かわいすぎますよね。なんかそういうのも含めてね、非常にいま、誰かと話したいっていう気持ちがあるんですけど。これ、いま10人ぐらいいるんですけど、1人もいないっす! 悲しい……いま、ちょっと藤井隆さんが入ってこられましたけども。藤井さん、『キャプテン・マーベル』って見ています?……もう存在すら知らないぐらいの感じで首を、フフフ(笑)。赤べこのように揺らしてますけども(笑)。

ブースの外にいる、ごめんなさい。藤井さん、話しかけちゃって。すいません。ねえ。ありがとうございます。この後、ゲストで来られますからね。いいです。もう今日は僕はその話、しません! 『キャプテン・マーベル』の話は(笑)。じゃあそんな感じで今日はそういう1日をすごして、非常に楽しい興奮をしたのでいい1日だったなと。そして今日はこのあと、素晴らしいゲストの方が来てくださいますので、今日も2時間よろしくお願いします。

キャプテン・マーベル (字幕版)
(2019-06-05)
売り上げランキング: 31

(中略)

それでは、今日の1曲目に行きましょう。C.O.S.A. × KID FRESINO『LOVE』。

スポンサーリンク

C.O.S.A. × KID FRESINO『LOVE』

お送りしたのはC.O.S.A. × KID FRESINO『LOVE』でした。この中のKID FRESINOさんのリリックで「死ねない理由を探してるだけだ」っていうところがすごい好きですね。そして、やっぱりもうふとした瞬間にも『キャプテン・マーベル』のことを考えてますよね。あのブリー・ラーソンさんが理想の女性になりました(笑)。好きすぎて。いや、素晴らしい映画でした。よかったらみなさん、見てみてくださいね。

北海道の方。「源さん、マーベルのキャラの中でいちばんかわいいと思うのは誰ですか? 僕は『マイティ・ソー』のヒロインのジェーンです」。ああ、いいですね。ソーのいちばん新しい単独の映画、すっごく面白いよね。『マイティ・ソー バトルロイヤル』だったっけな。邦題が。あれ、すっごい面白かったんですよ。デザインとかちょっとヤバすぎて。もし見ていなかったら見てみてください。そのヒロインはたしか出てこなかったと思う。

マイティ・ソー バトルロイヤル MovieNEX [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2018-03-07)
売り上げランキング: 3,532

埼玉県の方。「源さん、『スパイダーマン』の予告が見れなかった気持ち、めっちゃわかります。ただ僕はまだ『アベンジャーズ』シリーズ見始めたばかりで、8割近くの作品を見ていないのですが、『スパイダーマン:ホームカミング』は見ていたのでピーターのネタバレ忠告を無視して予告編を見てしまいました。開始5秒で衝撃的なネタバレを知り驚きました。源さん、これは絶対に見ちゃダメだと思います。ただ、テレビでも流れ始めていて、その中であっさりバラシちゃダメな内容を言っているので……」。なるほど! 怖すぎる!

あっぶねー、無意識にテレビ見てた。ちょっとじゃあ気をつけます。わかりました。OK。フフフ(笑)。テレビをなるべく、好きなもの以外は見ないようにします。「……源さん、テレビを見る時には気をつけてください」。ありがとう! 素敵な情報。これ、超大事な情報、ありがとう。ねぶり棒を差し上げます!

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました