スポンサーリンク

星野源 NUMBER GIRL再結成を語る

星野源 NUMBER GIRL再結成を語る 星野源のオールナイトニッポン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でNUMBER GIRLの再結成についてトーク。向井秀徳さんと共演した際のエピソードなどを話していました。

(星野源)ということで今日の1曲目をお送りしましょうね。ゲストの方とかね、いろいろ来るタイミングが多くて。あと僕がね、映画の撮影……『罪の声』という来年公開の作品ですけども。撮影でラジオに出れなかったりとか。で、トークで話せなかったんですけど、僕が高校を卒業して最初に本当に大好きになったバンドがいまして。六畳一間の風呂なしアパートでですね、バイトしながら本当にマジでめちゃくちゃ金のない中ですね、食費もないぞっていうぐらいの時にですね、必死にお金を貯めてそのバンドのアルバムだけは買っていたという。

それで僕はもうその時ライブもチケットなんてなかなか、お金も無かったし、取れなかった時なんでライブも行けないまま解散してしまったバンドがいまして。そのバンドが復活するんですよ。再結成。で、もうそのバンドは本当に日本のいわゆるロック、オルタナティブというシーンの中でですね、いろんな人が、いろんなバンドがパクろうとして、真似をしようとして、取り入れようとしたけども、ついぞどのバンドもあのバンドを超えることができなかったし……もちろんね、その魂だけを受け取って自分の思うオルタナティブ、自分の思うパンクをやるのだと俺は思いながら俺は思いながらやってきたので、影響をものすごい受けているんですけども。

でも、上辺だけを真似しようとした人たちは絶対にそれを超えることができないということを証明してしまったすごいバンドがいまして。そのバンドが今年の夏に復活するということで、僕は本当に嬉しいです。NUMBER GIRLで『Iggy Pop Fan Club』。

スポンサーリンク

NUMBER GIRL『Iggy Pop Fan Club』

お送りしたのはNUMBER GIRL『Iggy Pop Fan Club』でした。なんでこの曲をかけたかと言いますと、僕はボーカルの向井秀徳さんっていう方とのイベントで2人で壇上に上がって1曲ずつ自分の歌を歌いあうという。同時に壇上に上がって。それで数曲一緒にやるっていうライブイベントに出させていただいたことがありまして。で、ボーカルの向井さんと2人で。その時の、たしかいちばん最後の曲だったと思うんだけど。

この、もうNUMBER GIRLを解散した後で、僕と向井さんの2人でギターを1本ずつ持ちながらこの『Iggy Pop Fan Club』をやらせていただいたんですけど、それがもうすごく嬉しくて。すごく思い出に残っていたので、この曲をかけさせていただきました。復活ライブ、行けたらいいなと思ってますけどね。皆さんぜひ、NUMBER GIRL。本当にね、すごすぎるバンドなんで知らない方は是非チェックてください。

<書き起こしおわり>

星野源 NUMBER GIRL『透明少女』ライブバージョンを語る
星野源さんがニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中でNUMBER GIRLの『透明少女』ライブバージョンについて話していました。
タイトルとURLをコピーしました