スポンサーリンク

東京ポッド許可局 スタバでノートPCを開く自意識を語る

東京ポッド許可局 スタバでノートPCを開く自意識を語る 東京ポッド許可局
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マキタスポーツさん、プチ鹿島さん、サンキュータツオがTBSラジオ『東京ポッド許可局』のコーナー『自意識が邪魔をする』の中で、スタバでノートPCを開いて作業することについて話していました。

(サンキュータツオ)(リスナーのメールを読む)『スタバでノートパソコンが開けない』。

(マキタ・鹿島)ああー!

(サンキュータツオ)(リスナーのメールを読む)『マックのパソコンで、本当にただメールを見たかったのですが、できるやつ感を出していると思われたくなくて・・・』。

(マキタスポーツ)(笑)

(プチ鹿島)でもそれはね、いいんです。僕なんかもっと開けない。僕なんか家で使うような結構重たい、大きいやつをいま持ち歩いてますから。それをこの間スタバでひろげたら、ちょっと周りがギョッとしましたから。

(マキタ・タツオ)(笑)

(プチ鹿島)もういいんです。それで。

(マキタスポーツ)でも昔さ、それで思い出したけどね。あの、僕なんかがまだデビューしたての頃ですよ。ある番組で、ラーメンズの小林(賢太郎)くん、いるじゃないですか。小林くんが、ちょっと待ち合いの前室的なところでね、その頃ですよ、マックのパソコンを。

(サンキュータツオ)MacBook Pro?

(マキタスポーツ)MacBookをひらいて。作業し始めまして。なんてすごいやつだ!と。

(サンキュータツオ)(笑)

(マキタスポーツ)ラーメンズだなあ!と思いましたよ。

(プチ鹿島)サッとね。

(マキタスポーツ)サッと。誰もその頃、芸人でノートパソコン持ち歩いて・・・パソコン導入なんか誰もしてなかった時に、小林くんひろげてですね。なんか・・・で、また嘘みたいに彼のメガネにその文字盤が反射してるんですよ。できるな!と思ってね。ゾワゾワしました。俺。

(サンキュータツオ)はー!

(プチ鹿島)パソコンズですよ!

(マキタスポーツ)(笑)

(サンキュータツオ)雑!(笑)。

(マキタスポーツ)(笑)。それ、面白いな!

(サンキュータツオ)パソコンズ。

(マキタスポーツ)うん。パソコンズ。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました