スポンサーリンク

渡辺志保 Lil Nas X『Old Town Road』を語る

渡辺志保 Lil Nas X『Old Town Road』を語る INSIDE OUT
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渡辺志保さんがblock.fm『INSIDE OUT』でいま、TikTokをきっかけにバズっているLil Nas X『Old Town Road』を紹介していました。

(渡辺志保)ここでもう1曲、紹介したいと思うんですけれども。みなさん、リル・ナズ・X(Lil Nas X)という名前のアトランタの若手ラッパーをご存知でしょうか? 私も先週、先々週ぐらいかな? もういろんなところで名前を目にするようになって。まず私、毎日ラップジーニアスのランキングを見てるんですけど。あそこでも急にね、リル・ナズ・Xの曲が出てきたりとか。

あとSpotifyのバイラルチャートの方だったな? グローバルチャートの1位がいま、リル・ナズ・Xというアーティストの楽曲なんですね。

で、その彼、リル・ナズ・Xの『Old Town Road』という曲が非常にいま、本当にバズりにバズってるんですけども。で、先週発表された最新のビルボード・チャートでもはじめてTOP100以内、トップ100位以内に入ったんですね。83位だったかな? で、すごいのはこの曲はラップの曲なんだけど、同時にカントリーソングのチャートにも入っていて。ヒップホップとカントリーの両方をおさえている。どういう曲なのか?っていうと、最初にいわゆるバンジョーの音。カントリーチックなサウンドが入っていて、ラップの内容も「俺は孤独なカウボーイ」みたいな。「俺の馬があそこに横たわってる」みたいな感じのリリックなんですよ。

なんでカウボーイの日常を描いた曲なんだけど、それが流行ってる。なぜ流行ってるのかと言いますと、ティックトックで流行ってるそうなんですね。ティックトックでこの曲のイントロ部分をかけて、テンガロンハットとかをかぶって、カウボーイの動きをするのがいま、全米で大流行中。

だからこうやって軒並みいろんなチャートに食い込んで。YouTubeの再生回数は500万回を超えるという。

(DJ YANATAKE)いや、もっと全然行っているよ。700万とかかな。

(渡辺志保)700万回を超えるということです。なにが言いたいかっていうと、たとえばSpotifyで彼のディスコグラフィーとかを見ても、いちばん昔の作品が2018年なんだよね。だから本当に去年からラップを始めましたみたいな子なんですけど、本当になにがヒットするのかわかんないなって思うし。で、この間、ChuBEIくんが出てくれた時に「Triller」っていうアプリが流行っているって教えてもらったんですけども。

(DJ YANATAKE)TikTokのアメリカ版みたいなね。

(渡辺志保)そうそう。TikTokはもちろんアメリカで流行っているんですけど、よりストリートな感じのTikTok的なアプリがTrillerっていうんですよっていうことで、そのTrillerを見てみるんだけどさ。もう「○○チャレンジ」があふれていていて、もうわかんないんだよね!

(DJ YANATAKE)でもなんかやっぱりあそこでしかゲトれない情報って本当にあるよね。俺もChuBEIくんに教えてもらって以降、チェックしています。

(渡辺志保)そこで流行っているダンサーさんとか、そこで流行っているコメディアンの方とかもビデオを投稿して人気を集めているとか。だから日本でもTikTok人気ってあるじゃないですか。私も全然詳しくないですけど。

(DJ YANATAKE)でも有名な高校生とかいるじゃん。だからそういうことだよね。YouTuberみたいなことでさ。

(渡辺志保)そうそう。で、そこで流行る、バズる曲がある。だからAYA a.k.a.PANDAちゃんの曲とかね。

(DJ YANATAKE)ああ、そうだね。

(渡辺志保)あとはt-Aceくんの曲とかもたぶんそういう感じなのかな?って思うんですけど。

(DJ YANATAKE)そうだね。うん。

(渡辺志保)BAD HOPさんの曲とかもTikTokで使われてたりするんですかね? あとでちょっとYZERRさんにご存知かどうか聞いてみようと思うんですけども(笑)。

(DJ YANATAKE)あとこれ、ビデオの内容がさ、テレビゲーム。俺もさっき教えてもらったんだけど、ロックスター・ゲームスという『グランド・セフト・オート』シリーズを出しているところの最新作『レッド・デッド・リデンプション2』という西部劇、カウボーイが主人公のゲームがあって。それがいまめちゃめちゃ流行っているけど、そのゲームの映像を使っているだけなんだよね(笑)。

(渡辺志保)そうなの。私もあんまり見ないけど、ゲーム中継者とかいるじゃないですか。

(DJ YANATAKE)そうそう。いまゲーム中継って世界的に流行っていて。そこの数字があるんですよね。

(渡辺志保)だから本当、そういう人たちが流しているような、なんてことはない……。

(DJ YANATAKE)だから自分のプレイ動画を上手く自分の歌詞に合わせたシーンとかをつないだりとか。自分でそういう風に操作したりすれば、自分なりのテレビゲームの中のミュージックビデオが作れるっていうか。でも、すごいその手法も流行っているっぽくて。それがまんまとこれ、ハマった感じだよね。

(渡辺志保)そうだと思います。なんでみんな、このイントロ部分を……イントロのあと、すぐにフックになるんで。そこにいちばん注目してみて「ああ、全米のティーンがいま、これでTikTokで踊っているのか」と思っていただければ。

(DJ YANATAKE)俺、でもこの人、このゲームも好きだし。いまこの名前で調べていたら、『Thanos』っていう曲を出していて。

(渡辺志保)はい。

(DJ YANATAKE)マーベル映画を見ている人ならわかると思いますけど。『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』で出てきた最大のヴィラン、サノスの曲も出しているから。こいつとは仲良くなってみたいなって(笑)。

(渡辺志保)気が合いそうかもね(笑)。アトランタのたぶんそういうキッズなんでしょうね。きっとね。

(DJ YANATAKE)ちょっとナードな感じだね。いいね。

(渡辺志保)というわけで、ここで1曲お届けしましょう。リル・ナズ・Xで『Old Town Road』。

スポンサーリンク

Lil Nas X『Old Town Road』

(渡辺志保)いまお届けしましたのは全米のバイラルシーンで話題沸騰中。リル・ナズ・Xの『Old Town Road』を聞いていただきました。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました