スポンサーリンク

吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の名曲特集 カップリング曲編

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

吉田豪さんがbay fm『with you』でAKB48周辺の名曲集第二弾を披露。今回はアルバム曲や配信限定曲、カップリング曲などからチョイスしています。

吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の名曲特集 カップリング曲編

(松本ともこ)吉田豪さん、改めて特集、お願いします。

(吉田豪)はいはい。今日はAKB48周辺の名曲集パート2ということで。

(松本ともこ)はい。前回に続いてになります。ちょっと間があいちゃったのでね。

吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の名曲特集 劇場公演曲編
吉田豪さんがbay fm『with you』でAKB48周辺の知られざる名曲を特集。吉田さんが劇場公演曲を中心に、いい曲だと思った曲をチョイスして紹介しています。 (...

(吉田豪)選曲したの、3週間前ですよ(笑)。

(松本ともこ)そうですね。なんか、あいちゃった。でもその時に言っていたのが、AKB48のファンの方以外にも、知ってほしいなっていう思い。

(吉田豪)本来ならね、こっちをスペシャルウィークでやるつもりだったんですけど、ちょっと許可取りに手間取りまして。逆になったという。

(松本ともこ)なるほど。そういう裏事情がありましたか。許可取りがあったと。もうじゃあさっそく、いま聞こえているのは?

(吉田豪)はい。これが元カシオペアの向谷実さんと佐藤亜美菜さん、倉持明日香さん、中村麻里子さん from AKB48の『もうこんなじかん』っていう、ダウンロード限定のシングルで。
スポンサーリンク

倉持明日香 中村麻里子 from AKB48『もうこんなじかん』



(松本ともこ)おしゃれすぎる(笑)。

(吉田豪)おしゃれなんですよね(笑)。

(松本ともこ)これ、もうすでに(笑)。向谷先生!素敵です!

(吉田豪)すごいグルーヴィーな曲が(笑)。

(松本ともこ)本当にもう、参っちゃった。ダウンロードオンリーだったんですか。

(吉田豪)もったいないですよね。もったいないけど、でもたしかにわかるんですよ。あの、これをだから100万枚売らなきゃいけないような勝負にはできないじゃないですか。これぐら攻めたものを。

(松本ともこ)そうそうそう(笑)。でも、もったいないぐらいの・・・

(吉田豪)だから、タイトル曲じゃないところで意外とそういう攻めたことをやっているのを拾っていきますっていうね。

(松本ともこ)なるほど。これをまずね、BGMにしてしまうってことも、すでにもったいないんですけども(笑)。ここから1曲めに入っていくと。なんでしょうか?

(吉田豪)1曲めはですね、AKBの2012年のセカンドアルバム『1830m』収録の『ぐ~ぐ~おなか』という曲。これはあの、前田敦子さんとか、佐藤亜美菜さんとかいろいろ入っているね、みなさんが歌っている曲なんですけど。この楽曲が、ここで何度か流したamiinaという中学生がポストロックというコーネリアスのような曲をやっていて素晴らしいと僕が絶賛している。あちらの楽曲制作している藤本(藍)さんが作っている曲なんですよ。
(松本ともこ)あ、そうなんだ。そういうつながりがあった。

(吉田豪)っていうのを後から知って聞き直したら、わっ!すげーいい曲!っていう(笑)。

(松本ともこ)ふーん。これ、だってセカンドに入っていた。へー、でもなんか、『ぐ~ぐ~おなか』?

(吉田豪)はい。童謡みたいな感じのいい曲です。

(松本ともこ)じゃあ、お願いします。

(吉田豪)AKB48で『ぐ~ぐ~おなか』。

AKB48『ぐ~ぐ~おなか』



(松本ともこ)もう、歌詞にね・・・最後お味噌汁でしたけど。こういう曲、大好き。

(吉田豪)ですよね。キテレツ大百科のコロッケの歌みたいにね。

(松本ともこ)はい、かわいいですね。『ぐ~ぐ~おなか』。これが入っていた。で、これがAKB48。

(吉田豪)はい。で、続きましてはソロ曲で。大島優子さん、指原莉乃さん、北原里英さん、横山由依さんのNot yetというユニットがありましたけど。あれの2012年のシングル『西瓜BABY』。これの通常版タイプC収録の横山由依ソロ曲。

(松本ともこ)うーん・・・(笑)。なに買えばいいか・・・通常版タイプC。

(横山由依)そう。僕もだから、注文したら手違いで違うタイプAが届いちゃって。再度買い直すみたいな(笑)。面倒なことになったんですけどね。横山由依ソロ『May』っていうのがあるんですけど。松尾清憲さんっていう、元CINEMAで80年代に『愛しのロージー』とかヒットさせたポップ職人ですね。たぶん、コンペで入ったのかどうかわかんないんですけど。そのポップ職人が、こういうソロ曲を作るとどうなるか?っていう感じです。じゃあ、横山由依さんで『May』。

横山由依『May』



(松本ともこ)みんな知ってる気になっちゃうような・・・なんかやっぱり好き。こういうメロディーっていう。日本の中に欠かせない感じじゃないです?

(吉田豪)これはカップリング違いでシングル大量に出すパターンっていうのが出てきてて。なにがいいのかわからないことが本当に多いんですよ。まあ、このクオリティーのものを入れてくれればなんの文句もないけど(笑)。

(松本ともこ)だから手違いでたとえばAが来ちゃっても、それはそれでカップリングがよければOKっていう?

(吉田豪)なかなか、当たり外れがありますね。わかんないもんですよ。

(松本ともこ)あ、あるんだ(笑)。

(吉田豪)だから僕も最近限界がきてるんですよ。一応、全種類買うルールで生きてきたんですけど。さすがに同じ発売日に4種類にCDが2枚あると、本来なら2000円で済むものを俺、8000円払うのか?みたいな感じになって。結構限界がきてるんですよ。

(松本ともこ)(笑)。吉田豪も悲鳴をあげる、現在のCD販売事情です。

(吉田豪)ただやっぱりね、これもまたカップリング違い曲なんですけど。これはすごい上手いやり方だったんですよ。ええと、小嶋陽菜さん、高橋みなみさん、峯岸みなみさんの3人組。ノースリーブス。これの2013年のシングル『キリギリス人』の時に、カップリングで石野卓球さんの曲とか、本当に豪華なものをぶつけるっていうのをやってたんですよ。それは、全部買うじゃないですか。

(松本ともこ)うんうんうん。

(吉田豪)そういうのをやってほしいっていうね。

(松本ともこ)だから、カップリングで引く。なるほどね。

(吉田豪)カップリングが、基本試聴もできないまま買わなきゃいけない感じで。本当、博打なんですよ。で、誰が作っているかもわからない状態っていう。で、これが、これもまたタイプC。初回限定の。タイプCが、ええと川本真琴さん作詞作曲で。峯岸みなみさんのソロをやってて。素晴らしいです。

(松本ともこ)いいですね。じゃあ、お願いします。

(吉田豪)峯岸みなみで『君に恋をした』。

峯岸みなみ『君に恋をした』



(松本ともこ)峯岸みなみさんが、素敵。

(吉田豪)すごいいい声してますよね。

(松本ともこ)いま、なんにも説明なく聞いて、『えっ?なんか新人さんですか?これ、どなた?』っていう。

(吉田豪)僕、ソロのライブも見たことあるんですけど。素晴らしかったですよ。生バンドでの。

(松本ともこ)へー。こういう発見って、いいですね。

(吉田豪)ちなみに峯岸さん、ちょっとしたスキャンダルを起こした直後に僕、FM出て『好きな曲を流していい』って言われて、これを迷わず入れましたね(笑)。『恋をした歌です!』っていう(笑)。『でも、いい曲なんですよ!』っていう(笑)。

(松本ともこ)そうだよね。だからあの頃か。2013年。はー、見てた。見てた。でも素敵です!まあ、あのAKB周辺の名曲集第二弾ということでね。お届けをしてきましたが。最後にもう1曲。

(吉田豪)そうですね。これがその許可取りに手間取ったという曲ですね。

(松本ともこ)そうなんだ。

(吉田豪)AKB48の公式ライバル、乃木坂46の伊藤万理華さんの曲。『まりっか’17(セブンのティーン)』っていうのがありまして。これはややこしいんですよ。2013年リリースのシングル『君の名は希望』のタイプAのDVDに収録されている・・・

(松本ともこ)もう・・・どういうこと?

(吉田豪)それの個人PVみたいなのがあるんですよ。これ、乃木坂の企画でDVDにそれぞれがいろんなPVを作っていて。その中に、まあ歌とか歌っている人もいるっていうぐらいの感じなんですよ。で、伊藤万理華さんが2年連続で歌ものをやっていて。これが本当にPVとしても完璧ですね。

(松本ともこ)でも、それはDVDに入っているわけ?

(吉田豪)DVDのみで。音源化されてなくて。で、DVD音源を流すのにはややこしい許可が必要なんですよ(笑)。JASRACとか登録してないですから。

(松本ともこ)そういうことか。

(吉田豪)今回このためにオンエアー許可をいただいたということで。

(松本ともこ)すごい(笑)。じゃあ、時間をとっていきましょうか。

(吉田豪)はい。じゃあ伊藤万理華さんで『まりっか’17』。

伊藤万理華『まりっか’17』



(松本ともこ)なんか癖になるんですけどー。まあ、歌なの?語りなの?の、両方の間いってるっていう感じで。

(吉田豪)PVが一発撮りで。振り付けからなにから、完璧ですよ!素晴らしい。

(松本ともこ)そうなの?この伊藤万理華ちゃん。へー。

(吉田豪)これでヤラレて。これの前の年の曲も良くて。16才の時の歌も良くて。次はなにがくる?って思ったら、なんか難病もののドラマで。がっかりして(笑)。歌聞きたいのに!って(笑)。

(松本ともこ)あ、ドラマでした。それで吉田豪は1人、ちょっと『ああ・・・』って。

(吉田豪)ヘコんでね。でも、最新作のやっぱり個人PVでからあげ姉妹というユニットの『食物連鎖』っていう曲がいま話題になってますね。

(松本ともこ)ちょっと待って?からあげ?

(吉田豪)からあげ姉妹。ええと、生田絵梨花さんと松村沙友理さんのユニットですね。これもちょっと狂った曲で、現在評判です。



(松本ともこ)へー!あの、こうやっていろいろと毎回ね、聞かせていただくと、やっぱりこうアイドルたちの、みんなが聞いている、チャートに入るシングルナンバー以外。アルバムから名曲、それからカップリングとかって全部いいんだって思って。私はなんで知らなかったんだろう?と思いがちなんですが。あくまでもこれは、当たりがあったから紹介してるっていう。違うこともあるんだよって。

(吉田豪)掘るためには9割ぐらいの『あれ?』っていうものを踏まえた上で、見つけていくものなんで(笑)。

(松本ともこ)(笑)。その中から選ばれたものが、with youでこうやって聞けるっていう。ラッキー。

(吉田豪)僕、常々言ってる。僕、アイドルが好きなわけじゃないんです。一部のアイドルの曲が好きなだけなんですよっていう(笑)。

(松本ともこ)でも、言ってたじゃない。アイドルが結婚するとヘコむって。

(吉田豪)まあね。でも、アイドル曲、全部好きだと思われると心外なところがあるっていう。

(松本ともこ)そうですね。まあ、声優さんの曲も同じことですよね。で、これはみなさんが聞きたかったら、乃木坂46のシングル『君の名は希望』タイプA。

(吉田豪)映像で見てほしいですよね。

(松本ともこ)そうそう、見てほしい。素晴らしいということで、DVDに入っています。特典映像のナンバー。つまりCD化されてないから、許可をとってやっとお届けできました。これ、『まりっか’17(セブンのティーン)』っていうタイトルなの?伊藤万理華さんでした。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事