吉田豪と大森靖子 Love Cocchi『青春シンフォニー』を語る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

大森靖子さんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとLove Cocchi『青春シンフォニー』について話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「Love Cocchi『青春シンフォニー』敗退についてお願いします」。

(大森靖子)『青春シンフォニー』、いい曲だったね。本当にいい曲。

(吉田豪)超いい曲ですよ。本当に。

(大森靖子)道重さんもいい曲って言ってました。

(吉田豪)超いい話ですよ(笑)。歌ってほしい。

(大森靖子)フフフ(笑)。

(吉田豪)スタジオで何度か泣きそうになりましたもん。

(大森靖子)いや、泣いた泣いた(笑)。

(吉田豪)大森さん、何度か泣いてましたよね。スタジオで。

(大森靖子)フフフ、普通に泣いた。いい曲なんだもん(笑)。

(吉田豪)鼻をすする音が聞こえるって思ったら大森さんが泣いているっていう(笑)。

(大森靖子)「いい曲だー!」って(笑)。しょうがないよ。いい曲なんだもん。泣いちゃう、泣いちゃう。

スポンサーリンク

Love Cocchi『青春シンフォニー』

(吉田豪)なんですかね? あの歌の力って。

(大森靖子)何なんですかね? だから、ねえ。素直に歌う力じゃないですか?

(吉田豪)歌詞だって超シンプルじゃないですか。でも、つんくさんが大病したのとかも関係があると思っていて。たぶん「生きるとはなにか?」みたいなことをいろいろと考えた人が、シンプルな言葉で「私を見て」みたいなことを歌うことによる力っていうか。あの、メンバーの気持ちとも完全にシンクロしているじゃないですか。

(大森靖子)してますね。

(吉田豪)あれはズルいわ!っていう。

(大森靖子)つんくさんの道重さんの曲、結構提供曲があるんですけども。「生きるって難しい」みたいな歌詞の曲とか結構ありますよね。最後。

<書き起こしおわり>

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする