スポンサーリンク

吉田豪とGLAY HISASHI BiSH アイナ・ジ・エンドを語る

吉田豪とGRAY HISASHI BiSH アイナ・ジ・エンドを語る SHOWROOM
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GLAYのHISASHIさんが『猫舌SHOWROOM 豪の部屋』に出演。吉田豪さんとBiSH・アイナ・ジ・エンドさんについて話していました。

(吉田豪)(コメントを読む)「アイナちゃんの声の魅力について語ってください」。

(HISASHI)ええとね、いま一緒にやっている亀田誠治さんがアイナ・ジ・エンドの……。

(吉田豪)ああ、やっていましたね。

(HISASHI)あれをやっていて。「亀田さん、聞きましたよ!」とかって言っていろんな話をしてるんだけど。俺もライブをやって思うんだけど。これは俺の思いすごしかもしれないけど、「明日、声が出なくなってもいい」みたいな歌い方をしていて。「レコーディングでもこれ、やっているんじゃないかな?」って思って。で、1回ちょっと喉を痛めたりもしていて。

(吉田豪)していましたよね。

(HISASHI)「TERUがね、いろんな先生を知っているからね」って(笑)。

(吉田豪)フハハハハハハハッ! 「喉がヤバい時は……」って(笑)。

(HISASHI)「なんかあったらだけど」って。でも、これは「セーブして」とかは俺からは言えないな。いま、本当にもうがむしゃらにやる……でも、ちょっとはセーブしてほしいなっていう感想です、俺は。

(吉田豪)なんだろう? 声のかすれ方まで天才的っていうか。絶妙なんですよね。

スポンサーリンク

声のかすれ方まで天才的

(HISASHI)だから、伸びても伸びてなくても感動できるっていうか。本当に素晴らしい。俺、『stereo future』のリリースの時にオフィシャルのコメントを書いて、その時にも言ったけどもやっぱり「アイナ・ジ・エンド。これは素晴らしい逸材を見つけたな」って。

(吉田豪)渡辺淳之介さん、落とそうとしたらしいけど(笑)。

(HISASHI)そう。落とそうとしたらしいけど(笑)。

(吉田豪)「こいつ、ダメだ」って思ったらしいけど(笑)。

(HISASHI)アハハハハハハッ! でも、ねえ。いまは聞かない日がないぐらいに、ねえ。

(吉田豪)テレビで普通に流れていますよね。

(HISASHI)アマゾンプライムだのいすゞだの何だのって。本当に素晴らしい。

(吉田豪)アイドルのシャウト系の声って僕、結構苦手なんですよ。でも、なんだろう? やっぱり別なんですよね。1人だけ本当に声の色気から何からちょっと違う。

(HISASHI)たぶん仮歌とかでもすげーいいんだろうなって。うん。

(吉田豪)あんだけ強いのに強すぎないっていうか。バランスがすごいいいんですよね。

<書き起こしおわり>

タイトルとURLをコピーしました